レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

終わりはいつもハッピーエンド

2009年4月5日。第11回JFL、第4節。相手はJFLの中堅チーム、FC刈谷である。連敗を受けてスタメンをいじると語っていた戸塚哲也は、左のサイドバックに齋藤貴之選手を起用してきた。

齋藤貴之選手は、ベルマーレのユースから国士舘大学に進学しているが、高校は野津田高校という「地元の星」である。観客動員の上でも(といって野津田周辺の人口はそれほど多くないわけだけれども、ま、町田出身と言うことで)期待の大きい選手である。練習試合を見た彼の印象は、よく動いて相手の出だしを止めていく、守備的サイドバックと思われた。おそらくは守備を重視していたと思われる昨年の国士舘大学のチームでは、チームコンセプトによくマッチした選手だったのだろう。ただし攻撃を重視する戸塚サッカーの中では、攻撃的サイドバックの疋田大和選手よりも低めの評価を得ているように思っていたので、いきなりスタメンに起用されたことには少々驚いた。それまでの2試合が先制点を奪われてそのまま敗れており、より守備を重視したいと言うことでの起用だったのだろうか。

だがそれ以上に驚いたのは、入場前にロビーに集合した時である。なんと齋藤貴之選手、極度の緊張でがちがちではないか。今までゼルビアのサッカーはずいぶんみてきたが、ここまで緊張した選手というのも記憶にない。彼自身も意外なスタメン起用だったのかもしれないが、それにしてもびっくりするほどがちがちである。ホントは声をかけてはいけないのだろうけれど、あまりのことに思わず「がんばれよ」と一声かけてしまったくらいである。

試合が始まっても堅い表情はゆるまない。だいたい彼は細面であり、優しいイメージの青年である。そんなに迫力のある表情をする方ではないのだが、それにしても、みていてはらはらするような顔つきである。「緊張していたのではなくそういう顔つきなのだ」、と言う部分もあるのだろうけれど、試合終了後にふれあいサッカーの準備をしているとき、ほとんどの選手がトレーナーに着替えていたのに、彼一人が相変わらずユニフォームのままうろうろしていたことをみても、緊張していたことは間違いないだろう。

同じく見かけの表情でやや損をしているかなと思う選手に、大前博行選手がいる。彼も優しい表情で、自信なさげに見えてしまうのだが、元々そういう表情であるという部分を割り引いてあげた方が良さそうに思う。ただし大前博行選手は、ここのところ次第に強い、自信のある表情に変わりつつある。実際に練習試合でも、私が直接見ているだけで3点取っており、結果を出していることが自信につながってきているのかなと思える。公式戦に出てくる日も近いのではないかと楽しみにしている一人である。

さて、その齋藤貴之選手。緊張感は隠せないものの試合の中では大きなミスもなく無難にこなしていた。練習試合での印象と異なり、この日の実戦ではよく左サイドをあがって攻撃に参加していたと思う。特徴的なのは、左サイドをあがってきてボールを持っているときに、中にパスを出してコーナー付近に走るというプレー。おそらくそのパスがワンタッチで帰ってくると、コーナーでフリーな状態からクロスをあげるというつもりだったのだろうけれども、残念ながらパスは返ってこなかった。まだ信頼されていないという部分もあるのだろうが、受けた選手も点がほしいという気持ちが強く、ゴールに向かう気持ちばかりでコーナーに返すという発想まで至らなかったのではないだろうか。コーナー付近でフリーでいる場面が何度も見られただけに、残念である。

ここで本題になる。
このときの齋藤貴之選手、パスが返ってこなかったことに対して、アピールが全くなかったのである。こんなとき森川宏雄選手だと「なんだよ、フリーでいるのに!」と強く大きな声でアピールをする。森川宏雄選手が使い続けられる理由の一つが、ここにあるのかなと思う。アピールをするから、ボールがくるようになる。ボールがくるようになれば、結果に結びつくことも多くなってくる。これも戸塚サッカーの「おしゃべり」の一つだろう。ハーフタイムだけではない。試合中も含めて必要な情報は口でしゃべる。そのことが次のプレーにつながって、結果も出てくることになる。残念ながら齋藤貴之選手、体の方はよいプレーができていたが、「おしゃべり」のほうができなかった。おしゃべりができていたならば、あるいは齋藤貴之選手が起点となって得点に結びつく場面も見られたかもしれない。たら・れば、かも。といった話をしても仕方のないことであるが、「おしゃべり」できなかったのは、残念である。

ちなみに、第5節の横河武蔵野戦でも齋藤貴之選手は左サイドバックで出場している。この日は、前の左ハーフに同じ国士舘のチームメイト、半田武嗣選手が出場していたので、齋藤貴之選手がFC刈谷戦と同じプレーをすれば半田武嗣選手からパスが戻ってくるのではないかと期待していたのだが、指示だったのか判断だったのか、たまたまだったのか、横河武蔵野戦での齋藤貴之選手はディフェンシブなポジションが多く、FC刈谷戦のような場面は見られなかった。残念。

われわれ外野が考えているほどには、簡単ではないなと思う。

というわけで、FC刈谷戦に続いて横河武蔵野戦にも破れたFC町田ゼルビアは4連敗となり、苦しい状況となってしまった。JFL昇格の4位以内を確保するラインが、昨年と同じく勝点60とするならば、のこり29試合を19勝10敗である。それくらいの数字なら、まだまだいけそうではあるが、問題は引き分けである。19勝のうちの一つを引き分けてしまうと、勝点が-2してしまう。それを取り戻すには10敗のうちの2つを引き分けねばならない。勝ちゲームを一つ引き分けてしまうと、負けゲームを二つ引き分けに持ち込まないと取り戻せないと言うことになるわけで、それが引き分けの怖いところである。

少しでも負けが込むととたんに批判が吹き出してきたりするものなのだが、苦しければ苦しいほど、勝ったときの喜びも大きくなる。昨年の地域リーグ決勝大会を思い出してみれば、7-0で勝利した佐川急便中国との試合、1-1からPK勝ちした矢崎バレンテの試合、どちらも同じ勝利であるが、どれほど喜びに大きな差があったことだろう。

我々が応援するFC町田ゼルビアのJリーグ昇格物語は、必ずや勝利で終わることになっている。仮に今年昇格できないとしても、来年、3年後、5年後、10年後、100年後、チームがあきらめることなく挑戦し続ければ、いずれは必ず昇格できるに違いない。あきらめれば、そこで終わりである。チームがあきらめれば、サポーターがあきらめれば、我々周辺で応援する人間もあきらめればゲームセットとなるが、あきらめなければゲームは何年でも続いてゆく。昇格が決まったとき、それまでの過程が苦しければ苦しいほど、エンディングの喜びも大きくなる。

選手や監督にとっては、自分はあきらめていなくても、契約してもらえなかったり、体力の限界を感じて引退したりすることもあるわけだが、我々外部で応援するものにとっては、あきらめない限り終わりはなく、苦しみは喜びのスパイスに過ぎない。苦みも辛みも料理には欠かせないテイストということだ。

昇格するまで物語は続く。
だから、我々の目指す昇格物語、終わりは必ずハッピーエンドなのである。







ps
これを24(トゥエンティフォー)の法則という。どんなに絶体絶命でも、次の1時間があるんだな、必ず。このピンチ、まだまだ、楽しもうではないか。最後はハッピーエンドと決まっているのだから。
[PR]
by abikozelvia | 2009-04-14 12:05