レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

サボっていたわけではないのですが・・・

3戦分まとめて

1-0 流通経済大学
0-1 ガイナーレ鳥取
1-1 HondaFC

だいぶ間があいてしまった。さぼっていた、、、、といえばサボっていたのだけれども、負けが込んでいたので、書くのに間を開けていたこともある。負けてすぐに書くと、だいたいあつくなりすぎるものなので、このブログ、負け続けの中で始めたときに、1週開けて書こうと思っていたわけだ。

まあそんな中、やっとの事で流通経済大学に2勝目を挙げて、いよいよ迎えた最初の正念場が、ガイナーレ鳥取とHondaFCという、昨年の2強との連戦である。

チームはずいぶんと上向きで、良いリズムが続くようになってきた。ガイナーレ鳥取戦でも、試合はゼルビアペースで進み、ほとんどの場面でゼルビアが勝っていたのだが、一瞬スキができてしまう。勝ちはしたものの流通経済大学との試合でも、GK修行智仁の前に相手選手がフリーで待つような場面もあった。もう一人がボールを持って走り込んできて、あわや!!と思わせたが、半田武嗣選手がスライディングして相手は蹴り損ない、無事修行智仁がセーブして事なきを得ている。とはいうものの、GKの前に相手選手がフリーでいること自体が問題だろう。ガイナーレ鳥取戦でも、失点は相手選手が二人にDFが深津康太一人という状況。カウンターと言えばカウンターだが、選手が誰もいないというカウンターではない。ある程度の時間はあって、人数はそろうが、ゲームの中で1回か2回、マークがずれてしまうことがあり、そこで失点してしまう。その1点が返せないというのが、JFLの戦いである。NW北九州いらい続いている、人数はいるのに失点してしまうところが、ここでも修正できていなかったのである。

ただ、それ以外の時間帯は良くなってきており、1点を防ぐ意識があるかどうか、もちろんあるに決まっているのだけれども、それを上回ってさらに防ごうという守備意識が、足りないという結果と思うのである。

つづくHondaFCは、JFLの中でも抜けて強いと思われる相手である。もちろんご承知のように、ここでは先制点を挙げたものの後半退場者が出て、10人になってしまって1点を守りきれずに引き分けである。それでも最強HondaFCに10人で引き分けられたのは、大きな収穫と評価されるところである。

ガイナーレ鳥取戦の前に、これからの2試合、ここで連敗してしまうと相当厳しい。しかし連勝すれば一気に上昇かと占っていたのだが、結果は1分け1敗。まさに首の皮一枚とはこのことだろう。かろうじてつながったようだ。

HondaFC戦の試合後のインタビューで、質問者が切れたこともあってネタ振りもかねて柳崎祥兵選手に質問してみた。「10人になって守備意識が高まりましたか」。この質問の意味は、「10人の守備意識を11人でも持っていれば、今の勝ち点ではなかったでしょう?」という振りだったのだが、伝わらなかったようで、「10人なので引いて守りました」と言う答えが返ってきた。まあ、それはそれでよいのだけれど、結局は10人でも守りきるという意識が続かなければ、この後、この2試合よりは相手が楽になるが、結果はさらに良くなる、とは言い切れまい。

修行智仁選手、よく頑張っている。好セーブも連発しているが、2-1の場面を作られては、いくらがんばっても限度がある。そんな場面が二度と無いことを願うばかりである。ちなみに修行智仁選手は、素になると関西弁のようだ。試合中はどうなのだろうか。関東弁を使おうとして、DFに対する指示が、言葉が少なくなっていないだろうか。修行智仁選手の関西弁がピッチに響くようになるとき、ゼルビアのDFも安定してくるのかなと思ったりしている。

次節は、ゴールデンウィーク真っ最中の5月5日に、戸塚哲也監督の前所属チーム、MIOびわこ草津との対戦である。金東秀、李成浩、深津康太、大江勇詞などもMIOびわこ草津に在籍していたわけで、果たしてどんな戦いになるのか、注目の一戦である。
[PR]
by abikozelvia | 2009-05-01 22:14