レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

第20節 1-0 ガイナーレ鳥取

第20節 1-0 ガイナーレ鳥取

今回はチーム事情で、データをメディアごと渡してきたため、画像がありません。そのため、テキストの更新から進めることになりました。

立ち上がり、5分くらいでしょうか。蒲原達也選手のシュートから始まりました。惜しくも枠を少し外れましたが、立ち上がりにシュートを打っていったときは良いですね。いきなりゴールなら最高ですが、とりあえずシュートで始まったときには、良い結果が多いような気がしています。

この日も10分過ぎでしたか、石堂和人選手のCKに森川宏雄選手が合わせて、今期初得点です。昨年は強力な武器だったこのパターンが、やっと出てきました。森川宏雄選手、今年はいろいろと考えて、狙って打っていたらしいのですが、入らないので思い切って打ったら入ったとのことでした。まあ、森ちゃんの長所はフィジカルですから、どこを狙うかではなく、人より高く飛んで人より強く打つ。それにつきるでしょう。この黄金コンビで(石堂選手がこの呼び名に納得するのかどうかは不明ですが)さい先良く先制点です。その後もゼルビアが攻めて決定的場面を作り出しますが、枠を捉えきれません。しかし、確実に追加点をとれる雰囲気は漂わせていました。

ガイナーレは、出だしから動きがよくありません。何か、事故渋滞に巻き込まれたとかで、野津田についたのは12:00過ぎでした。一応アップはできましたけれど、どうだったのでしょうか。事故渋滞? まさか鳥取から当日バス移動ではないとは、思いますが?

後半は大量得点が期待される、と思っていたのですが、ところがゼルビアも後半は動きが悪くなってしまいます。疲労なのか、メンタルなのか。ガイナーレに攻め込まれる場面も多く、修行智仁選手のファインセーブに救われるところが何度もありました。修行智仁選手は、これで5度目の1-0勝ちです。0-0を含めて、6回の完封です。ここまでゼルビアは20試合で8勝7敗5分けですが、修行智仁選手は16試合で5回の1-0勝ちをとっています。いくらサッカーでも1-0はそうそう無いですが、この1-0率はすごいです。完封がすごいのか、1点しかとれないのが問題なのかは別にして、すごいです。しかし今後は、2-0か3-0か4-0か、あるいはそれ以上の得点差を期待したいと思います。ま、1-0は、そんなに増やさなくても・・

後半の20分過ぎ、大前博行選手に代わって金東秀選手が投入されました。大前博行選手はここ2試合、裏をとる動きでチャンスに顔を出して良かったのですが、この日のように他の選手の動きが止まってしまうと、大前選手がゆかないのでボールにゆく選手が遅れてしまう状況だったと思います。それを打開するための金東秀選手の投入は、効果的でした。大前選手、今日のような状況になったときは、がむしゃらにボールに突っ込んでいく方が貢献できたのかなと思われます。どうでしょうか。その後、蒲原達也選手に代わって飯塚亮選手、最後に柳崎祥兵選手に代わって李成浩選手が投入されました。残念なことに柳崎祥兵選手は、これで全試合フルタイム出場が途切れてしまいましたが、かなり疲れた感じもありましたから、やむを得なかったのかと思います。他の選手の分までボールにアタックしていた結果だと思いますし、フル出場が途切れるほどアタックしていたのですから、むしろ名誉の交代といえるものです。

これで10位。4位のガイナーレとの勝ち点差は4ですが、得失点で大きく差があるので、実質は勝ち点5を上乗せしなくてはなりません。4位から13位のホンダロックまで、勝ち点5の中に10チームがひしめいていますから、わずか5ですが、簡単には上にゆけません。勝ち点3をとって1つ順位が上がるかどうか。逆に1つ負ければ3つか4つ、順位を下げてしまうこともあるでしょう。ひたすら連勝するしかない厳しい戦いが、まだまだ続きます。

中川勇人選手が、遅延行為でカードをもらい、次節HondaFC戦は出場停止です。代わりに出る選手の、より以上の奮起を期待しましょう。



おまけ
試合後のヒーローインタビュー。記者から「どんなことを考えてピッチに入っていましたか」と森川宏雄選手に質問が飛んだときは、おもわず(^^;)。森川宏雄選手に何を考えていたのかと質問するようでは、取材にきていても、まだまだゼルビア素人ですね、彼は。(笑い)
[PR]
by abikozelvia | 2009-07-19 22:23