レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

第24節 1-1 三菱水島FC

第24節 1-1 三菱水島FC

いや、いろいろと、つかれました。長崎の時は、アウェイですし、けして弱いチームではないですし、猛暑でしたし、まあ、時にはこんな引き分けも、あるのがサッカーかなと思いましたけれども・・・

実は、前から危惧していたのです。三菱水島戦が危ないんじゃないかと。暑いだろうし、相手は捨て身だし、走れるチームではあるし、格下と見て油断したら危ないだろうと。幸か不幸か(不幸ですが)、ゼルビアはレギュラースタメンが4人も欠場。津田和樹、深津康太は警告累積。蒲原達也、山腰泰博は怪我。さらにCBの山崎祐輔も負傷中なので、もうほんと、ぎりぎりでした。

というわけでスタメンは、トップが酒井良、飯塚亮。中盤に大前博行、石堂和人、柳崎祥兵、金東秀、DFが李成浩、森川宏雄、中川勇人、雑賀友洋。交代は金東秀に変えて大江勇詞。石堂和人に変えて半田武嗣、飯塚亮に変えてブルーノ・カスタニェイラでした。

ま、仕方ないんでしょうね。こういう試合も。三菱水島FCは、現在最下位です。ということで、弱いんです。「弱いチームなど無い」と言う心構えは必要ですが、現実に日程の2/3を消化して最下位ですから、それは事実で、弱いと言うしかないでしょう。ただし、弱いと言うことは、「守りなれてる」と言うところもあるわけです。これが強いチームだと、「攻めれば崩せる」と言うこともあるわけですが、弱いが故に「攻めても簡単には崩せない」と言うとにもつながるわけで、ま、その通りだったわけです。

その中で先制点をとられてしまった。追いついたものの、猛暑の中の後半戦であったわけで、ま、こういうことです。

なんだか回りくどい言い回しばかりで駄文の極みではありますが、ま、仕方ありません。それより書きようが無いものですから。

戸塚哲也監督の采配も、リスクを冒して勝ちに行くものだったと思います。金東秀から大江勇詞へ。守備的にはかなりマイナスになると思いましたが、それでも勝ちに行ったと思える部分です。石堂和人から半田武嗣へ。フレッシュな選手を入れて、もっと走れと言うことだったと思います。飯塚亮からブルーノへ。監督インタビューの中でも「思いつきだった」と言っていますか、まさに勝負だったでしょう。これだけリスクを冒して勝ちに行って勝てなかったのですから、そういうものなんでしょう。サッカーとは。


ブルーノ選手。公式戦後の練習試合、尚美大学戦ではいきなりのハットトリックでした。みていると、動きは悪いです。けして切れていないし、早くもない。切れはもう少しあがるとしても、早さはこんなものでしょう。真ん中でボールをもらってシュートを打つ、それに徹した選手だなという印象です。トップの試合では、さすがに真ん中にだけいるわけにゆかず、サイドにも回っていましたが、ボールはもてないし、奪われてしまうと追いつけないしで、わずかの出場時間にもかかわらず、リスクの起点にもなっていました。そういうものを求めてはだめなんでしょうね。ただしシュートを打つまでのタイミングは早いです。今までのゼルビアの選手よりワンタッチ早くシュートにゆきますから、良いシュートなら決まることもあるでしょう。尚美大学戦でも、フリーであったとはいえダイレクトにシュートをして決めたり、振り向き様のシュートを見せたりと、タイミングの早さはJです。そのあたりは今のゼルビアの選手に見習ってほしいなと思います。トラップしてシュートにゆけば、自分も十分ですがGKも十分構えるし、DFも詰めてきます。ブルーノはその前にシュートを打っているので、不十分なシュートでも決まる率は高いのでしょう。

周りのメンバーで中盤を守って攻めて、フリーのブルーノにボールを回してやることができれば、それなりの得点源にはなりそうです。ただ早い相手で周りが支えきれず、ブルーノもサイドに走らざるを得なくなってくると、使うのは厳しいかなと。SAGAWA SHIGA FC、横河武蔵野、ソニー仙台あたりには不向きな気がします。下位のチームには有効な戦力となり得るかも。

算数の時間です。
4位の目標勝ち点を60とすれば、現在勝ち点35で残り10試合ですから、8勝1敗1分け以上が必要です。厳しいですが、計算上の可能性はあるわけです。
J基準の観客動員平均3千人以上とすれば、現在までの観客動員は(手元の集計による)22,781人。ホームのこり5試合で28,219人。1試合平均で5,644人が必要です。

2,408人。わずか1,426人だったMIO戦と比較して、天気が晴れたこととゼルビーがきたことだけしか違わないのですから、まあ、こんなものでしょうね。選手はあきらめずに戦い続けるのですから、フロントもあきらめずに戦い抜いてほしいものです。平均5,644人を死守するための、気持ちを見せてほしいですね。

個人的には、Jリーグ絶対とは思っていません。JFLも良いじゃないですか。あるいは地域リーグだって悪くない。マイナーでも地域に根ざしたエンターテイメントで、それも良いと思います。Jを目指すなら目指す。あきらめるならあきらめる。どちらでも良いと思います。けして価値が下がるわけではなく、とてもすばらしいチームと選手たちで、私は勝敗にかかわらず、カテゴリーにかかわらず応援し続けたいと思っていますが、「Jにあがる振りをして内心あきらめてる」のはやめてください。スポンサーにも失礼だと思います。大口のスポンサーは怒ると思いますよ。

今節の警告で、森川宏雄選手が累積出場停止となります。2度目なので、高崎と琉球戦に出場停止です。高崎戦は深津康太選手もまだ出てこれません。しかしこれでリーチのかかった選手もいなくなったと思いますから、けが人も復帰してくればのこり10試合はゼルビアのサッカーができるでしょう。天皇杯を挟んで、この秋はさらに楽しませてもらいたいなと思います。
[PR]
by abikozelvia | 2009-08-17 16:23