レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

2009年8月20日 ジェフリザーブス 0-0 アルテ高崎

2009年8月20日 ジェフリザーブス 0-0 アルテ高崎

14位のジェフリザーブスと16位のアルテ高崎の対戦です。

ん? 14位と16位? と思われたあなたはJFL通です。
ははーん。あれだね! とひらめいたあなたは超JFL通です。

そう、これは現在までの観客動員数ランキングのこと。いわば人気指数ともいえる観客動員ランキングで14位と16位ですから、競馬だったら馬連でも10万馬券は超えるでしょうね。そんな不人気カードをわざわざ成田まで見に行くのですから、何でこんなにサッカー好きになってしまったのか、我ながら不思議です。

会場は成田の旧・中台陸上競技場。ネーミングライツで、現在はサウンドハウス・スポーツセンター、プレイテックスタジアムとなっています。まあ、普通の陸上競技場で、小さいスタンドがついています。どこが入り口だからわからないような狭い階段でスタンド席に上がりますが、10万馬券カードだけに席はゆったりと、好きに確保できます。私は高崎サポの近く。高崎のサポは3人で、太鼓が一人。結構ドンドンとうるさかったのですが、しらっとして見ていてもおもしろくないので、ひいきを入れてみていた方が楽しいですから。一般の高崎側のお客さんも、そこそこはきていたようです。


成田なんて偉く遠い感覚でしたが、京王線・都営新宿線直通で本八幡まで出て、京成線に乗り換えて成田まで。2時間近く乗車しますが、片道千円ちょいですし楽ちんでした。スタジアムは成田駅から10分程度。途中にセブンイレブンが2件もあるので、お弁当とお茶を買ってゆきました。案の定、スタジアムにはなんの出店もなく、手ぶらでいったら空腹でこまったかも。ジェフリザーブスは9勝9分5敗の勝ち点36で8位。アルテは9勝8分6敗、勝ち点35の9位という対戦です。前期は両チームとも上位にいたのですが、徐々に落ちてきてこの順位での対戦です。

18:00のKOですが、日が落ちてからは8月と思えないほど涼しく、ちょっと汗ばんだシャツに風が当たると寒いくらいです。選手には楽で、走るのに苦労している様子は見られません。観戦日和としてはVeryGOODでした。

試合の方は、はじめからスコアレスドローを予感させるような展開。20分頃までは両チームともまずまず組み立ててサッカーをしており、それなりだったのですが、それ以後はなし崩し気味のやりとりとなってしまいました。それでもだいたいはジェフがボールを支配して、7割方は攻めていたでしょうか。たまにアルテが反撃する展開です。試合そのものはつまらなかったのかもしれませんが、大変に興味深い戦いでした。アルテ高崎の守備が。

固い。固い。カテナチオ・アルテチオ・タカサチオ? がっちり守って、ジェフの選手を中に入れません。ジェフは崩そうとするのですが、崩しようがない感じ。仕方なくごそごそっと入っていくと、ごそごそっと押し戻され、ぽーんと放り込めば、ぽーんとはじき出される。仕方なく外からシュートを打ちますが、ミドルと言うよりはロングという感じで、決まるような雰囲気ではありません。コーナーキックがすべてヘッド一発でクリアーされてしまうので、後半は低いボールを入れたり、コーナーキックでゴロのクロスを入れたりしていましたが、アルテの守りを崩せません。高崎も守り一辺倒というわけでもないのですが、守りに入ると徹底して守る。9割守備で1割くらいしか攻撃に割かず、攻撃に出る場合も一気に突破するよりは、多少周りを待つ感じの攻撃でした。

ところが、一変したのがラスト10分。ここまでは、カウンターでも割とゆっくりしていたアルテですが、守備から攻撃への転換が一気に加速。一人でもとにかく蹴って突っ込めという感じに代わり、ラスト10分で「あわや!」と言う速攻が3度、4度。ジェフはそれまでの80分を割にゆったりと守っていればすんだので、1度、2度と突破されても、頭の切り替えができなかったようです。結果的にアルテのシュートが枠に飛ばなかったのでスコアレスドローでしたが、途中まで見ていた人はジェフが勝ち損なったと思ってたかもしれませんが、最後まで見た人はアルテが勝ち損なったと思うでしょう。偶然なのか、意図的なのか。私は意図的に感じました。80分守って、ラスト10分で加速するような指示があったのではないかと。

淡々としていた会場が、ラスト10分は歓声とため息の連続でした。これでアルテが勝っていれば、まさに「思うつぼ」だったでしょう。

アルテ高崎、怖いチームだなぁという印象です。強くもなしうまくもないと思いますが、こんなに勝ちにくい相手もいなさそう。この日は田中賢治選手はスタンド観戦でしたが、中に入れず外から打てば、田中選手の強いところに思うつぼ。一度そのパターンにはまってしまったら、どうしたらよいのか? E級非公認指導員の私にはさっぱりです。

これからどんどん勝って順位を上げていくとも思いませんけれど、ドンドン負けて順位を下げていくかというと、そうでもなさそう。かなりくせ者の難チームです。ジェフの方は、前期の対戦と同じような印象です。

帰り、成田空港からの特急に乗ったら混雑していてびっくり。かろうじて座れたものの、こんなに混雑しているとは思いませんでした。本八幡で都営新宿線に乗り換えると、始発で調布まで直通運転。そのあと70分くらい乗らなくてはいけませんが、すっかり帰り着いた気分で楽々でした。成田方面、またいってみたいと思います。
[PR]
by abikozelvia | 2009-08-21 20:44