レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

只見でした

2009/08/30 天皇杯長野予選決勝 松本山雅 1-0 長野パルセイロ

一度は見てみたかった山雅vsパルセイロ。昨年行きそびれたので、今年は是非と思っていました。その理由の一つは、アルウィンの良さですね。やはり器がよいと、いってみたいと思わせます。サッカー専用スタジアムは良いですね。
f0204916_22182418.jpg


f0204916_22183754.jpg



といっても、夏休み最後の日曜日で1,000円高速の日。こりゃあ混むなぁ、5:00出発か? とやや引き気味ではあったのですが、なんと朗報、台風が来ているではありませんか。しかもまだ雨は降らない。こういう日は高速も空くので、絶好の観戦日和です。(夏休み最後の日曜を楽しみにしていたちびっ子たち、ごめんね^^)

6:00に起きて7:00出発でしたが、予想通り中央高速は空いていて、全く渋滞することなく甲府を通過。それでも早めなので、まっすぐ向かったのではだいぶ時間が空いてしまいます。そこで諏訪湖南ICで降りて、寄り道しながらアルウィンに向かいます。通常料金の場合、早めに降りて下を走れば節約になるのですが、1,000円高速なのでどこで降りても1,000円です。するともったいない気がして、おりにくいですね。ついついめいっぱい乗りたくなってしまいますが、多少の寄り道もしないと、それもまたもったいないですから。

アルウィンには1時間ちょっと前に到着しましたが、どうでしょう?、駐車場に入る車も多いのですが、出てくる車もたくさんいます。どうしたのかと思ったら、フリーマーケットをやっていて、その車だったようです。ついでにサッカーも見てねと言うことだったのかもしれませんが、興味のない人はドンドン帰るのでした。その天皇杯予選は、なんと入場無料!。こんな立派な器で、こんな激しい試合が、ただで、しかも1,000円高速で見られるとは。

ゲートを入ると、まずパルセイロのブースが出ていてびっくり。アルウィンだから山雅のホームみたいな気がしていましたが、天皇杯予選ですから中立なんですね。テント一つで控えめにブースが出ていました。突如思いついて、タオルマフラーを購入。「地域リーグチームのタオルマフラーをコレクションしよう」。地域リーグチームでタオルマフラーを作っているところはそう多くありませんし、通販でかき集めるのではなく、見に行って購入するのであれば、コレクションしてもたかがしれているので良さそうに思ったわけです。パルセイロのタオルマフラー、1,500-なり。安い。

次いで山雅ブースでもタオルマフラーを購入しようと思ったら、「売り切れちゃったんですー」。とのこと。ありゃ、スタートから頓挫してしまいました。マイコレクション・・・

観客は、だいたい山雅3に対してパルセイロ1くらいでしょうか。サポーターの数もそれくらいの比率に思います。総入場者数は4,263名。それでもゼルビアの倍増計画より多いのですが、リーグ戦の時は6,000人強入ったようですから、それに比べると盛り上がりは今ひとつなのかも。勝てば昇格、負ければ降格というリーグ戦を戦っていると、勝っても負けてもそれまでよという天皇杯は、今ひとつ盛り上がりに欠けてしまいます。日本最高の戦いであると能書きをたれても、天皇杯で優勝しても、リーグ戦で負ければ降格してしまう。日本最高の戦いで優勝したなら、降格はおかしいですよね。

何かリーグにプラスする、スペシャルポイントがあっても良いのではないでしょうか。たとえば、J1のチームなら決勝まで残ったら、J2ならベスト4、JFLはベスト8にはいったら、最下位でも降格はないとか。一例を挙げれば、17位と18位のチームが降格するとしても、18位のチームがこの基準を満たした場合は降格対象にならず、16位のチームが降格するというぐあい。すると、崖っぷちのチームは死にものぐるいで天皇杯に向かうでしょうから、ぐっと盛り上がるのではないかと。地域リーグ以下のチームは、ベスト16に入ったら地域リーグ決勝大会の出場権を与えるとなどすると、まるっきり取り組みが違ってくるでしょうね。

肝心の試合ですが、なかなかレベルも高く、攻守も激しく、先日見たジェフリザーブスvsアルテ高崎より、ハイレベルでおもしろい戦いでした。テクニックもあり、パワーもあり、激しさもあり。コンビネーションはもう一つかも。

激しい応酬ではらはらどきどきさせながらも、スコアレスのままで90分が終了し、10分ハーフの延長戦に突入です。マイ珍記録。昨日のユースに続いて2試合連続で延長戦。

その延長後半の1分くらいですか、パルセイロの選手が中央から突破をはかります。パルセイロ二人に山雅のDFも二人・・・のはずが、一人がこけてしまい、パルセイロの選手がフリーでPKエリアに。GKは飛び出してセーブしますが、倒してしまってイエローをもらいPKとなってしまいます。ちょうど私の真正面でPK。山雅絶対絶命か!!!
f0204916_2219359.jpg


f0204916_22191126.jpg


f0204916_22192085.jpg


ところがところが、これをGKが防いでしまいます。そのはじいたボールを持った山雅の選手が一気にパルセイロゴールへ。PKエリア直前でパルセイロが防ぎますが、イエローをもらってしまい、2枚目だったようで退場。パルセイロは10人となり、PKエリアの右角あたりからフリーキックとなってしまいました。このフリーキックを、山雅の鐵戸選手が直接ゴールを決めて、山雅1点のリードとなりました。パルセイロも10人を感じさせずに積極果敢に攻撃しますが、そのままタイムアップ。松本山雅が天皇杯出場を決めたのでした。
f0204916_22193849.jpg


f0204916_22194771.jpg


f0204916_22195535.jpg


f0204916_2220261.jpg


f0204916_22201163.jpg



両チームとも拮抗しているので、ほとんど同じなのですが、テクニックで言うと、ボールを持ってからシュートに行くまでのタイミングが遅いです。パルセイロの選手がゴール正面で、背を向けてパスを受け取る場面がありましたが、ちょっともたつく感に詰め寄られて、結局前を向けず。山雅の方でも、GKを交わしてフリーになる場面があったのですが、角度がないため味方の上がりを待ち、1秒くらいのことでしたが、結局打てず。そんな場面が、両チームともに何度かありました。今ゼルビアが抱えている、ブルーノ以外の選手のタイミングの遅さと、同じです。早いタイミングで打ったシュートもあったのですが、一番肝心な、フリーになれる場面で遅れていました。

また、結果は1-0でしたが、両チームとも2~3点は取りにいっているような戦いぶり。それだけにおもしろいのですが、これまたゼルビアが抱えている問題点と同じです。試合はジェフリザーブスvsアルテ高崎よりハイレベルで、おもしろい試合でしたが、これがJFLのリーグ戦で対戦していれば、どうなるのかはわかりません。2~3点取るつもりで攻めていって、がちっと守られて1点が取れない。2~3点取るつもりで守っていて、1点を許してしまう。ゼルビアが苦しんだことと、全くよく似ていて、ダブって見えてしまいます。

おそらく、このクラスの地域リーグチームから、J2の中堅までの間は、ごくごく緩やかなレベル差しかないのだと思います。階段状にクラスがあがっているのではなく、きわめて緩やかな傾斜でレベルが上がっていっているのだと思いますが、DFの厳しさだけは、しっかり差があります。これらのチームが天皇杯でJ2の半ばまでのチームに当たれば、五分の勝負ができるかもしれません。しかしJFLのリーグ戦に参加したら、じり貧の成績で低迷してしまいそうです。

ゼルビアも、開幕2戦目から4連敗しました。内容的には、皆0-1です。1点ビハインドで、追いつきにいって、カウンターをとられて2点目、3点目が入ったもので、ポイントは1点目でした。1点を取られたことは、勝又慶典がいないことは関係ありません。勝又慶典がいなくても、守れていれば0-0で引き分けられたはずで、4引き分けできれば、そこで勝ち点4がプラスされていれば、今現在4位と勝ち点差はなくなっていたはずです。

勝又慶典がいないことは大きいですが、2~3点取るつもりで攻め、守ったことが、ゼルビアも、山雅も、パルセイロも、同じ課題なのだろうと思います。0に押さえた上で1点取って守る戦いができるかどうか。山雅とパルセイロが地域リーグ決勝大会に出てくる場合の、課題でしょう。

ちなみにパルセイロは、8/15の全国社会人北信越予選で山雅と対戦し、2点先行しながら3点取られて逆転負けしています。また昨年の地域リーグ決勝大会予選ラウンドでは、2点先行しながらホンダロックに追いつかれてPK戦。2点先行しながらかりゆしに1点返され、2点先行しながら、バンディオンセに3点取られて逆転負けでした。2点先行しながらこれだけやられてしまうチームだと、地域決勝は厳しいかもしれませんねぇ。

しかし、この試合はサッカーを見に行ったのでほとんど写真は撮らなかったのですが、わずかに撮影したのが、延長後半のGKがPKを止めるシーンと、鐵戸選手のフリーキックが決まるシーン。しかもちょうど良い場所からの撮影です。ゼルビアの写真もこんなうまい具合に撮影できたら理想的なんですが、ここで撮影運を使ってしまったような気もして、、、天皇杯あけの開幕戦、撮影の方はやや不安です(^^;)
[PR]
by abikozelvia | 2009-08-30 22:20