レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

性懲りもなくまた予想

ついに町田3倍増計画が・・・・発表されませんねぇ。

Jリーグの予備審査があるので忙しいのでしょうか。完璧な書類をそろえることよりも、数字を出すことが先決のように思いますが・・・。それがなによりの、審査準備でしょうに。




パンパカパーン パパパ パンパカパーン!!
さて、恒例の次節予想!!!
といって、過去2回の通算成績が5的中13外れではありますが・・・


9/12(土)
FC刈谷 - 鳥取 (豊橋)
勝てませんねぇ。刈谷。ここ5試合で2分け3敗の17位です。守備は修正されて、ここ4試合で2失点なのですが、なんと得点はここ6試合ゼロ。11試合で1得点しかしていません。16位のTDKとの勝ち点差も12と広がり、連勝は難しそうな状況だけに順位を上げるのは無理そうですが、17位であれば、無条件降格ではない可能性もあります。18位、三菱水島との勝ち点差はわずかに2。何が何でも積み上げたいところですが、相手は鳥取。
3位の鳥取ですが、ここ5試合では2勝1敗2分け。しかも直近2試合は連続スコアレスドローです。点を取るときはとりますが、さて、必死の刈谷を相手にどうなりますか。5-0もあるところですが、刈谷の奮起に期待して、FC刈谷 0-0 鳥取


北九州 - びわこ (本城)
4位の北九州と6位のびわこの対戦。HondaFCに逆手負けを喫した北九州は1勝1敗3分け。佐川印刷と引き分けたびわこは1勝4分けです。18失点とリーグ最小を誇る北九州守備陣ですが、ベテランも多いだけにそろそろ疲れも出てくるかも。一方ひたすら粘る印象のびわこ。さて、これまたきわどい勝負となりそうですが、また引き分けという可能性も大。北九州 1-1 びわこ

佐川印刷 - 長崎 (西京極)
9位の長崎と12位の佐川印刷の対戦は、同じ25失点同士の戦いです。なんと得点では12位の佐川が34と、28の長崎を大きくリードしているにもかかわらず、順位は下。長崎の試合巧者ぶりが光ります。1勝1敗3分けとやや低迷期に入ったか、佐川印刷に対し、2勝3分けと負けなしを続けている長崎。しかしそろそろ得点力の差が勝敗に現れてくるのではないかと見て、佐川印刷 1-0 長崎


9/13(日)
ジェフ - ロック (東総)
カタカナ対戦となるこの取り組み。ジェフは1勝1敗3分けで8位。ロックは2敗3分けで14位まで順位を落としてしまいました。リーグ最小18失点ながら、19得点しかできないジェフに対し、ホンダロックも22得点、23失点と、ともに堅守得点力不足の様相。予想としては、ジェフ 0-0 ロックしか無いでしょう。

関係ありませんが、ジェフユナイテッドのサテライトチームであるジェフリザーブス。これから上を目指す選手ばかりなのですから、何が何でも得点しないと、個人として這い上がれないのではないかと思います。余計なお世話ですが、ジェフリザーブスの選手は、チームの勝利も大切ですけれど、自分の得点にもっとこだわらないと、リザーブスでやっている意味がないように思います。JFLにずっといるつもりの、独立したクラブチームなら話は別ですが。


武蔵野 - 流経大 (武蔵野)
13位の流経大は40失点。堅守と思いきや、そこそこ点をとられている2位の武蔵野は27失点。しかし得点はともに33。前節しぶとくロックに勝って、1勝2分け2敗ながら、2位に順位を上げた武蔵野。果たして前節の勝利が上昇機運に結びつくのか。前節は刈谷に1-0で勝利して、2勝1敗2分けの流経大だが、やはりトップメンバーが欠けてしまうと戦力は不足気味か。武蔵野が勝つか引き分けか。流経の勝利は難しそうではあるものの、得点力では並ぶだけに、ここも、武蔵野 1-1 流経大


ソニー - Honda (宮城S)
21失点と堅守を武器に5位につけるソニー仙台は、4勝1分けと絶好調。一方王者HondaFCは1勝1分け3敗で屈辱の12位から前節勝利で10位まであげてきた。けが人が多くて戦力が整わないようだが、意地でも二桁順位は避けたいところ。しかし北九州より勢いはあるだろうソニー相手に、勝ちきるまでは難しいか。ソニー 1-1 Honda


SAGAWA - 三菱FC (佐川守山)
前節引き分けも余裕の首位SAGAWA SHIGA FCは、2勝1敗2分け。町田と引き分けたものの、崖っぷち直接対決のTDKに痛い黒星を喫した三菱水島は1勝1分け3敗の18位。がんばってはいるものの、SAGAWA SHIGA FCの安定感の前には苦戦は免れない。SAGAWA 3-1 三菱FC

TDK - 高崎 (秋田陸)
1勝2分け2敗で11位まで順位を落としたアルテ高崎。前節の三菱水島戦に勝利したことで、2勝2敗1分けと次第に上向き、16位以上はほぼ確保したTDKの対戦。ある意味どちらも開き直って、思い切って戦える立場となったわけで、好ゲームもあり得るか。勢いのTDKか、立て直しを図る高崎か、やはり結果はTDK 1-1 高崎あたりか。


町田 - FC琉球 (町田)
御給匠の加入でバランスが良く、戦力が整いつつある町田は、2勝3分け、後期負けなしの7位まであがってきた。1勝2敗2分けの琉球は、絶不調は抜け出したものの粗い展開が続いて15位からなかなかあがれない。準加盟していないプロチームと言うことで、今ひとつ集中力不足の感もある。ただし町田はホームで3勝3敗6分けなのに対し、琉球はアウェイで6勝5敗1分け(ホームは2勝8敗3分け)とアウェイに強い。果たしてどの目が出るか。しかし予想は、これ以外にあり得ない。町田 3-0 FC琉球




さてさて、発表されない3倍増計画。トルシエ総監督が来るそうですが、それでプラスアルファが何人になるのかなぁ。だいたいトルシエが来るというのは、純然たる他力本願。プラス何人になろうとも、ゼルビアの心意気とは関係ありません。自力で集めてこそ、自立したクラブチームというものでしょう。琉球ファンが1万人くらい来てくれれば、それもOKですけれどね(笑い)

と、まあ、文句ばかり言っていても、言うだけでは話になりません。
何ができるのか、何かしなければ。
たとえプラス1人に過ぎなくても、気持ちを見せなくてどうする。

という、マイ・3倍増計画は、次回発表。
[PR]
by abikozelvia | 2009-09-10 00:47