レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

FC町田ゼルビア 0-0 ジェフリザーブス

2009/09/29 FC町田ゼルビア 0-0 ジェフリザーブス

まあ、引き分けで良かったのかなと思っています。漫画じゃないんだ、現実は厳しいと、一番冷静になれる結末でしょうか。

勝っていたら、まだ引きずっていたかもしれません。
負けていたら、悲しすぎます。
踏ん切りがついて、冷静になって、また出直し。それには引き分けが一番良かったのかもしれません。

試合は、まあ前期と同じ。主導権を握り、たくさん攻めていたけれども、スコアレスドロー。まるっきり同じと見えます。しかし中盤は全然だめでした。パスミスやあっさりボールをとられたりするなど、まるでだめ。フロンターレ戦ではすばらしいドリブルを見せた飯塚亮選手もミス連発。石堂和人選手も気合いが入りすぎるのか、気合いを感じた割には空回りしていたようです。大前博行選手、齋藤貴之選手の守備的貢献が高かったように思います。そのおかげで何とか持ったかな。

ただ、見方を変えれば、前期の対戦では、中盤は良くてきっちり戦っていたものの、その前がだめで攻められなかったのに対し、今回は中盤がぼろぼろだったにもかかわらず、シュートまでは持って行けてる。良い内容でも攻められなかった前期に対し、悪い内容でも攻められた後期は、チーム的には強くなっているといえるのかもしれません。柳崎祥兵、蒲原達也、津田和樹と、この日は3人欠いていましたけれど、それでも攻められたのだからと、よく考えましょう。そして次に切り替えましょう。

実際に惜しいシュート連発。あとちょっとというシュートが何本もありましたが、惜しくも枠をそれています。サッカーが難しいと思うことの一つに、「惜しい」から「ゴール」までに大きな壁があるんですよね。たいていのスポーツは、「惜しい」と言ったら次は「ゴール(ポイント)」に近いのですが、サッカーはそこからが遠い。難しいスポーツですね。

素人考えですが、結構地道に、ゼルビアはゴロのシュートが多いのです。それが正しいのだとは思いますが、見ていて感じるのは、ゴロのシュートはキーパーがキャッチしてしまうので、流れが止まる。しかし浮いたシュートはキーパーはパンチに行くことが多いため、ボールがつながる率が高い。ボールがつながれば、ポゼッションで上回るチームの方が有利なのではないかと。もっとも、枠内にゆけばという前提ですが。枠をそれた場合には低ければ他の選手が反応できるかもしれませんが、上にそれたらどうにもならない。だからゴロのシュートの方が良いと言うことなのだろうと思いますが、決まらないときには上に打ってみるのも有りかなぁと。もちろん、「枠内」が大前提で、それたらどうにもならないわけですが。ゼルビアの得点で、クロスに、斜め上に決めるゴールというのはあまり見かけた記憶がありません。やられた方は、よくあるような気がします。どうなのでしょうか。素人考えですけれどね。

後半、山腰泰博選手に替えて大江勇詞選手。ちょっと意外でした。大江勇詞選手はあるかなと思っていたのですが、山腰泰博選手は動きもよく、良い方で目立っていたと思いますので、代えるとは以外でした。まだ足の不安があるのでしょうか。しかし入った大江勇詞選手はよかったですね。非常にアグレッシブで、あとちょっと。そのちょっとが大変なわけですが(^^;)。使われるときも今回のように、ラストの10分か15分のみですけれど、これくらいアグレッシブな動きが90分続くのであれば、少なくても一度は、90分任せてみたいと感じます。時間が短いからアグレッシブだと言うことなら、こういう使い方でよいのでしょうけれど。

ラスト、もうロスタイムかという位の時に柏木翔一選手投入。これも意外でした。ぎりぎりまで引っ張っていたので、じゃあブルーノ選手かなと思っていたのですが、柏木翔一選手。柏木翔一選手なら、数分ではなく数十分は与えてあげたい。もう少し走り回る時間を与えてあげたいなぁと思いますねぇ。



東総運動公園。山奥です。私のナビには乗っていなくて、はらはらしてしまいましたが、案内看板が出ていたのでわずかに迷っただけで到着できました。普通の陸上競技場兼サッカー場で、片側にスタンド席。残りは芝生席で外からの只見もOKと言う、よくある作りです。スタンド席。1500か2000人くらいのキャパだと思いますが、正面から見ると並でどうと言うこともありませんが、裏が見ると巨大ですねぇ。相当の費用がかかるのでしょう。
思ったのは、こういう場所こそサッカー専用スタジアムを作ったらよいのではないかと言うこと。千葉県立ですから、県民の福祉になれば良いのでしょうけれど、この作りだと、主な利用者は千葉市や習志野など都市部の住民で、地元の旭市などにはほとんどメリットがないでしょう。サッカー専用のスタジアムにすれば、多少の試合は誘致することも出来るでしょうし、さすれば地元に対する貢献も増えるのではないかと。サッカー専用だと、トラックの部分にスタンドを設ければ良いため、面積は少なくてすみます。またサッカー専用なら4方向に席を作れますから、すると10列建てとか20列建ての巨大スタンドは必要なく、3列か5列であっても、5,000人収容も可能なように思います。とりあえず5,000人で十分ではないでしょうか。周りに増設可能な敷地だけ確保しておいて、もしJ1チームがホームにするような話が出てきたときには対処可能と言うようにしておけば。最初からお金をかけると無駄遣いに終わる公算が高いですが、5,000人収容のサッカー専用スタジアムなら、むしろ安上がりに作れて、地元への貢献も図れるのではないかと思ったしだいです。
[PR]
by abikozelvia | 2009-09-29 11:22