レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

JFL 後期第11節 予想

2009/10/01 JFL 後期第11節 予想
やって参りました、お待ちかねの(誰も待ってない?)JFL大予想!!!
もっか10勝24敗ですが、ここで9連勝すれば19勝24敗と、ぐっと上昇します(あたらないけれど)

10/3(土)
町田 - ロック (町田)
前節引き分けたものの後期負けなしの町田。ただしここ5試合では2勝3分けと、引き分けの方が多くなってしまった。昇格組のホンダロックは13位。勝点35で残留はほぼ確定。最近も1勝1敗3分けと引き分けが多く、通算でもジェフの13につづく11引き分けでリーグ2位の引き分け数。町田は前期の対戦で完敗しているだけに、今度はなんとして勝ちたいところ
町田 3-0 ロック

10/4(日)
流経大 - 鳥取 (龍ヶ崎)
勝てない流経は14位。リーグワースト2位の46失点が原因。1勝3敗1分け。通算でも5引き分けしかなく、その分負けている計算。5位に落ちだガイナーレだが、1勝1敗3分け。微妙なところだが、さすがにガイナーレ有利か。万が一ここで、刈谷に続いて流経にも負けてしまうようだと、今期の昇格はきわめて厳しくなるだろう。
流経大 1-2 鳥取

武蔵野 - Honda (武蔵野)
2勝1敗2分け。昨年は失速した横河武蔵野だが、今年はしぶとく勝ち点をキープして、3位を守っている。1勝2敗2分け。精彩を欠くHondaFCは、屈辱の11位。今年はこれ以上の上昇は期待できないかも。
武蔵野 1-0 HondaFC

FC刈谷 - びわこ (刈谷)
2勝1敗2分けと、補強が功を奏したか、刈谷は上昇ムードなれど、まだ17位。1勝2敗2分けだが、相手も強かったとはいえ、この2試合はソニーと北九州に連敗して10位。まだ上にゆきたいMIOと、もはや1敗も出来ない刈谷の対戦は、滋賀・愛知の近県ミニダービー。ここで刈谷が勝てばいよいよ上昇が見えてくるが、まずは様子見で引き分け予想。
FC刈谷 1-1 MIOびわこ草津

ソニー - 長崎 (七ヶ浜)
4位のソニー仙台は3勝2分けで7試合負けなし。得点力は32と低いものの、失点24が光る。前節、北九州に敗れた長崎は、そろそろ息切れか、まだ盛り返すのか。1勝1敗3分けで7位。平均力のソニーに対し、長崎は10得点の有光亮太が鍵を握る。
ソニー 2-1 長崎

北九州 - 三菱FC (本城)
長崎に勝利して2位をキープ。勝ち点でも一息つけたか北九州は、2勝2敗1分け。善戦しているものの、なかなか勝てない三菱は2分け3敗。確実に上昇しているとはいえ、勝つまでは難しいか。
北九州 2-1 三菱水島FC

佐川印刷 - 高崎 (丹波)
勝ち点38。9位の佐川印刷は39得点、31失点。1勝2敗2分けで上昇できない。12位まで落ちた高崎だが勝ち点は36と、ここで勝てば印刷を逆転できる僅差。ただし得失点では28得点33失点と堅守は崩壊気味で、1分け4敗。この間2得点の13失点。ポイントは立ち上がり15分。ここをしのげば高崎に勝利の目もある。
佐川印刷 0-1 アルテ高崎

SAGAWA - FC琉球 (佐川守山)
2勝3分け。もはや優勝はほぼ確実視されるSAGAWA SHIGA FCは、ダントツの首位。1勝2敗2分けでも直近が連敗で、前節TDKにも破れて、ついにデッドゾーンの16位に落ちた琉球は、もう後がない。刈谷との勝ち点差は9あるので、逆転されて17位に落ちる可能性は低いものの、悪夢のシナリオも考えられなくもない。ひょっとすると、Jリーグを退会してJFL入りか、などというチームもあり得ない話ではなく、沖縄かりゆしとの入れ替え戦も、などという想像も出来なくはない。必死の琉球、余裕の佐川。
SAGAWA SHIGA FC 0-0 FC琉球

TDK - ジェフ (仁賀保)
3連勝中で1分け1敗の好調TDK。ジェフの次は刈谷だが、その後ソニー、北九州と上位との対戦となるため、ここは勝ち点を挙げて15位キープ+流経を抜いて14位に上がりたいところ。8位のジェフは押されながらも引き分けて勝ち点を確保。13引き分けでリーグ引き分け王。だが得点20と失点19で、得点力の低さは刈谷の16につづき、三菱とならぶ20点のブービータイ。1勝4分けの成績は、しぶとくもあるが、これ以上は難しいか。
TDK 1-0 ジェフ
[PR]
by abikozelvia | 2009-10-01 10:54