レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

JFL 1-2 横河武蔵野

2009/10/20 JFL 1-2 横河武蔵野

なんていいますか、こんなものなんですかねぇ。目標を失ったチームというものは。

気合いが入っていなかったのか?
集中していなかったのか?

いや、そんなことはないのでしょう。気合いも入っていたし、集中もしていた・・・
一人一人は。

しかし、それが一つにまとまっていない。11本の矢は、一束になることなく、11本の矢として、11通りの方向を向いていた。そんな気がします。試合前から、なんだか妙な空気がありました。なんだったのでしょうか。場所の為なのか、天気の為なのか。

2失点。でも、今までなら失点しないような場面でした。私にわからない特別な事情があったのか? そうかもしれませんが、前半戦の失点を見ているかのような、あっけない失点だったように見えました。

そんな中、光っていたのは御給匠選手です。得点したこともありますが、それ以前に、戦う姿勢を貫いていた。もちろん、ほかの選手だって気合いを入れて、戦う姿勢を見せてはいたのですが、御給匠選手からは、特に強いものを感じていました。リードされた後は、深津康太選手も前に出る気持ちを強く出していたように感じます。

それが、Jリーグで、戦っている場所からきたということなのでしょうか。
Jリーグで戦うというとは、技術ではないものを持つということなのでしょうか。
それが足りないのであれば、観客動員やスタジアムがそろっていたとしても、昇格できなかったかもしれません。

酒井良選手。前半は走り回り、あらゆる場所に顔を出して、中盤を支えていました。そんなに動いて持つのか、と思ってみていましたが、やはり後半は疲れてしまったようです。それも仕方ありません。柳崎祥兵選手がいれば、二人で走り回れるところを、一人でカバーしようとがんばっていたわけです。がんばっている間に得点できれば良かったのですが、出来なかった。仕方ないでしょう。柳崎祥兵がいないのだから、いない分をカバーしなくてはならない。カバーしなくて良かったのに、という話にはならない。やるだけやって、疲れた。仕方ありません。

齋藤貴之選手、ますます良くなっていますね。自信を持ってドンドン出てこれるようになってきました。それだけかなぁ。収穫は。
[PR]
by abikozelvia | 2009-10-20 22:29