レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

必然

2009/10/26  必然

FC町田ゼルビア 1-1 FC刈谷

もやもやして、これを書かずには仕事に手が着きません。どうにもならないからとにかく書いてしまおうということ。起こるべくして起こったこと。偶然でも悲劇でもない。必然。

問題は後半です。

飯塚亮から李成浩への交代。これがよくわからない。どういう意図だったのでしょう。津田和樹と李成浩の交代ならわかるのですが、飯塚亮じたいは、わりにできはよいほうだったと思いますし、李成浩を入れるのも良いとは思いますが、この時点でサイドへ入れたのはなぜ?(ここは否定的な疑問符ではなく、単純疑問符、よくわからないというそのままのこと)

津田和樹から森川宏雄へ。これもこの時点になるとよくわからない。守備的にはむしろマイナスだろうし、この日は特別空中戦に負けていたわけでもないため空中戦強化とも思えない、これも上記同様、単純疑問ですが、やや否定的疑問符の要素がプラス。たんに津田和樹の足が限界に来たから、ということか? それならやはり、津田和樹と李成浩の交代の方が良かったように。

大江勇詞から山崎祐輔へ。このとき、いやな予感がしたんです。セオリー的には当然でしょう。1点リードのロスタイム。FWを下げてCBをいれる。勝っていれば何の問題もない交代ですが、引きに引きまくった戦いの中で、この交代はよりいっそう引く意識を強めてしまうのではないか。その通りだったのかどうかは、結果ではわかりません。素人考えですから。ただ、いやな予感はしました。


残念だったのは酒井良。このロスタイム。一番引いて、一番守りに入って、逃げ切りたい、逃げ切りたいが見えていました。チームの中心として、引くばかりになったチームを立て直して、普通の戦いをしてほしかったのですが、もっともおびえ、焦り、逃げているように感じられました。確かに、どこでホイッスルが鳴ってもおかしくなかったし、それでOKだったかもしれませんが、そうなっていたら、次回もまた同じことを繰り返すのでしょう。

確かにロスタイムは長かった。目安の3分も長い思いましたが(2分かなと思っていた)、実際のロスタイムは4分半くらい。それも、相手チームの抗議時間を時計を止めた雰囲気でした。それはどうかなと思いましたが、しかし根底にあるのは、ロスタイムの問題ではなく、ゼルビアの戦い方でしょう。

前半のできはとてもよく、悪くても80点。良くて90点はつけられました。ところが後半は、刈谷が選手を二人替えてきたためか、ほとんど互角の戦い。ただし、刈谷の交代の一人はアマラオで、あまり良くなかったです。目立つので注目していましたが、特に役に立っている様子もなく、「貫禄プラスで、邪魔にはなっていない」程度。アマラオが入ったから刈谷が良くなったとは思えず、どちらかと言えばマイナスかも。ということは、刈谷が良くなったから互角になったのではなく、ゼルビアが落ちて互角になったと言うこと。後半のできは、まあ50点から60点。

そして、ラスト5分からロスタイムのできは、せいぜい20点止まりでしょう。10点かもしれません。時間を稼ぐのはよいとして、しかし、時間を稼ぐばかりでポゼッションして攻めることを忘れてしまう。攻撃は最大の防御であることを忘れて、守るのみになってしまう。ボールを持てば蹴り出してホイッスルを待つばかり。当然相手に拾われて、また放り込まれる。こういう試合を、ここ幾たびか繰り返していたわけです。で、今までは逃げ切れていた。勝っていれば良かった良かったで、内容の反省がない。反省がないから同じことを繰り返す。そりゃあ、あれだけ引きまくって、あれだけ安心して放り込まれて、ひたすらゴールを狙われれば、そりゃあいつかは失点するでしょう。たまたまそれが昨日だったと言うだけで、起きたこと自体は起こるべくして起こったことです。

思い出すのは前期の三菱水島戦。悪いできでありながら圧倒し、しかし終盤まで0-0で、最後に得点して1-0で勝ったときのこと。みんな喜んでいましたが、私は憮然としていました。「何なの、この出来」。勝って良かったという試合内容ではないのに、勝って喜んでいる。喜ぶ前に反省して修正点がたくさんあるはずの試合を、勝って喜んでしまう。最近の守備もそうです。引きまくって押しまくられて、それでも逃げ切ると勝って喜んでしまう。

結果より内容を重視していれば!、結果より内容を重視していれば!!、結果より内容を重視していれば!!! 、引きまくって押しまくられたことに対する反省がまず最初にきたはずで、さすれば次の試合ではそれを修正しようと試みたはず。何試合も同じようなことが起きているのですから、少しずつでも修正されてくれば、昨日の引き分けは起きなかった。

偶然でも悲劇でもなく、内容より結果を重視! したことによる、起こるべくして起こった必然です。いつかは失点しますよ、あの終盤の戦い方では。

教訓を学んで、内容を反省しなくては。結果より内容を優先していれば、起きなかった引き分けだと思います。

勝って学べれば一番良い。しかし勝って学べないのであれば、引き分けで学ぶより無い。引き分けで学べないのなら、負けて学ぶより無い。負けても学べないようであれば、はじめから出来ている選手を金を出してとってくるより無い。そしてチームは赤字になる。

健全なる運営と口で言いますが、根底の収支は、こういうところから始まっているのでしょう。

ただし、チームも考えねばならないのは、我々サポーターやスタッフ・フロントは、来年のことがいえますが、選手は来年首かもしれない。いつ首になるかもしれないのに来年のことを考えるのは、考えるべきではありますが、厳しい要求です。Jリーグのシステムがそういうものを作り出してしまいましたね。契約満了、セレクション、次のチーム。契約満了、セレクション、次のチーム。契約満了、セレクション、次のチーム。そういう経験を繰り返してゆけば、明日のことより今日のこと、内容より結果。そういう考え方に、次第になっていくのもわかります。選手が来年のことを考えてプレーできるような契約システム。単純に2年契約という意味ではありません。2年契約でも3年契約でも、ラストの年には次がないわけですからね。もう少し雇用の安定をプラスした契約方式がないものかなという意味です。そういうものも必要でしょう。短期的にはマイナスでも、長期的には経営上のプラスが得られると思っています。


スタメン起用された大江勇詞選手は、とても良かったですね。積極的な走りは、ポジションは一つ前ですが、柳崎祥兵選手が走り回っていた分をカバー。そのため酒井良選手への負担も減って、酒井良選手も後半まで走り続けられました。得点したのも良かったですね。起用してもらって得点する、またチャンスがあるでしょう。この日の得点も右から。以前から大江勇詞選手は右からの方がゴールするなと思っていました。左からの方が外します。本来は左なのかもしれませんが、ゴールに関しては右側の方が良いように思えます。

齋藤貴之選手の守備は相変わらずすばらしい。絡んでいって取れるのが良いです。そこががっちりしているので、酒井良選手への負担も減ります。雑賀友洋選手もスタメンを問題なくこなしていました。フリーキック1本。惜しいのがありました。また精進ですね。


人のことをさんざん書いたので、私のことも書いておきましょう。修行智仁選手のファインプレーが二度ありました。一度はPKエリア外で、ぎりぎりヘディングでクリアーしたこと。二度目はクロスの斜め上にきたシュートをセーブしたこと。二度とも見ていて、撮り損ないましたm(- _ -)m 遠い場所で起きていることもあり(写真に撮っても小さくしか写らないから)、どうなるんだと、ついつい結果を気にして見てしまいます。セーブするかどうかなど関係ない、結果より撮影だ! 、そうなんですが、甘いんだよなぁ、私。

結果が気になって・・・




ミニ トリビア
この日のレフリーは岡宏道氏。なんと、あの奇跡の矢崎バレンテ戦で副審を務めていた方。試合前の氷雨の中、「審判も寒そうですね」「審判も寒いですよ」などという一言をかわしたので、記憶に残っています。あの日は奇跡の同点劇。この日は同点にされ劇。因縁がありますね。今のところ、私の選ぶ今季のベストゲーム、3-0でHondaFCに勝った試合でもレフリーを務めておられました。
[PR]
by abikozelvia | 2009-10-26 12:30