レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

FC町田ゼルビア 2-1 TDK SC

2009/11/22 FC町田ゼルビア 2-1 TDK SC

私の中では、Man of the Matchは、飯塚亮です。

残念ながら酒井良ではありません(笑い)。しかし、酒井良も良かったです。攻撃に、守備に、走りの方はスピードもあり、アグレッシブであり、100点でしょう。キックの方は100点ではないと思いますが、ここ数試合の冴えない状態からは抜け出して、回復してきたようです。石堂和人も良かったですね。守備面でも積極性が目につきましたし、久しぶりにクロスのロングキックも出ました。ただそこにいたのは蒲原達也ではないので、絶妙とまでゆきませんでしたが、良かったです。しばらくぶりような。齋藤貴之も安定しています。落ち着いてみれますね。そして御給匠と山腰泰博。得点した二人は破壊力抜群。御給匠はあと2点くらい入れていても良かったかと思いますが、TDKのGKはキャプテンの小野選手。無失点試合も多いGKですから、なかなか、大量得点は難しかったかも。

しかしながら、一番目についたのは飯塚亮です。戦前の予想として、ポゼッションを高くして攻撃を続けることが鍵になると思いましたが、その鍵を握ったのが飯塚亮でした。セカンドボールを拾ってキーマンに渡す、つなぎの役割を果たしていましたが、彼のおかげで中盤のポゼッションがあがりました。今日のできは、ゼルビアにきて一番良かったと思います。FWの相次ぐ離脱もあって、FWで使われたり、トップ下で使われたりしてきましたが、どうもいまいち。上手いけれどもどうも・・・と思っていましたが、ここに彼のポジションがありました。トップ下の後ろというか、ボランチの前というか、抜群のボールキープとドリブルで、ゆったり持って支配時間を長くして、ボールを渡す。おそらく、渡された石堂和人や齋藤貴之も、やりやすかったのではないでしょうか。中盤の組み立てがしっかり出来て、抜群のできでした。

ところがところが、山腰泰博が2枚目のカードで退場してしまうと、雑賀友洋と交代となりました。普段は良くある飯塚亮と雑賀友洋の交代なんですが、今日はどうかなとやや懸念。10人になったのでDFの雑賀友洋を入れたのかと思いますが、雑賀友洋はDFもFWも出来る選手なのですが、MFとしてはあまり使われていません。10人になって、TDKを相手にして、2点リードしていて、もっと中盤のキープを高めた方が良いのではないかと思ったところだったので、意外な交代でした。その後は心配したように、TDKに支配されることが多くなり、自陣内の攻防が増えてしまいました。さらにはらはらしたのがロスタイムに入っての勝又慶典の投入。おそらく予定としては、2点リードで5分か10分、山腰泰博と交代して顔見せと言うことだったと思いますけれど、山腰泰博が退場してしまったため出せなくなり、でもお客さんやサポーターの期待もあるからとロスタイムに投入したのだと思いますが、ひやっとしました。戸塚監督は、あまりそういうことをしない監督で、計算づくの采配が多い監督です。私はすぐに「国士舘とやるなら」とか「MIOとるなら」など地元やゆかりのある選手を使いたがる性格ですが、戸塚監督はそういうところが無く、使ってあげればと思っていても、順当な采配しかしないという1年が続いていた中で、ここへ来てドラマチックな采配。なれないことをするとどうなのかなぁ・・・と思いましたが、時間も短くそのまま終了。やれやれです。

最後は、また刈谷の時のように蹴り出すだけになってしまいましたが、今度は1分くらいでしたからまだ持ちました。2点あって良かった。そのことは、反省しなくてはいけません。反省して、SAGAWA SHIGA FCで良くなったことが、また戻ってしまいました。逆説的ですが、勝って良かったじゃないと言うことがわかれば、勝って良かったといえます。勝って良かったではすまないと言うことがわからないと、勝って良かったとはいえない。ややこしい話ですが、やはりラストの内容は、しっかり反省して、次につなげてほしいと思います。

なんと、この試合の裏で行われていた ホンダロックと鳥取は、3-3で引き分けてしまいました。見ていませんから得点だけの推測でしかありませんが、22分に鳥取が先制し、38分に追いつかれて前半終了。後半71分、73分と鳥取が得点して3-1。勝ったと思ったでしょう、逃げ切りたいと思ったでしょう。逃げたのではないでしょうか。86分、89分と追いつかれて、きわめていたい、致命的なとも言える引き分けになってしまいました。3-1となったとき、鳥取が攻める気持ちを持ち続けていれば、攻撃力が抜群というわけでもないホンダロック相手ですから、2点取られなかったのではないか。引きまくってしまったので、ホンダロックも攻めまくれたのではないか・・・。得点だけの推測です。違っているかもしれませんが、そんな気がしてしまいます。
これで、明日北九州は高崎相手に勝てば4位以内確定です。最後のゼルビア戦に運命がかかることはなくなりました。しかし、明日引き分け以下の場合は、厳しいことになります。プレッシャーは、相当かかるでしょう。高崎のゴールを守る田中賢治に神は降りるのか。

さて、次週の最終戦、北九州ですが、まず気になるのはカード。
山腰泰博はレッドでしたから当然出場停止。そのほか酒井良、飯塚亮、大前博行、石堂和人、中川勇人、齋藤貴之あたりが3枚のはず。ずいぶんカードが出ていたように思いますので、どうだろう、誰かもらったか。今日の審判はずいぶんとカードが多くてやたらと出しているように思われました。他の審判なら流しているような場面を警告し、2度目の時にはカードという感じです。深津康太も山腰泰博も、そういうカードだったように思います。プロ選手だからといって、何でも要求して、何でも出来なくちゃだめだと言っても、それは無理もありますが、審判の癖を読んで早めに調整すると言うことは、必要でしょうねぇ。試合を決定づけてしまいますから。外から見ていると、この審判はやたらとカードを出すなという印象は、前半の早い時点からありました。深津康太もカードをもらうまでは、その審判の癖に対応していなかったように思います。ここは考えるべき修正点だろうと思います。

ラスト一試合です。誰が出るにせよ、今シーズンの締めくくりにふさわしいゲーム内容を期待したいと思います。


明日、高崎 vs 北九州に、北九州と鳥取の運命がかかります。
[PR]
by abikozelvia | 2009-11-22 20:51