レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

4次リーグ突破

4次リーグ突破

大井中央公園で行われたジュニアユース、U-13の試合に行ってきました。東京都クラブユースU13選手権大会の4次リーグで、ここで2位以上になると決勝トーナメント進出となります。

相手はFC駒沢。序盤は駒沢ペース。素早くぐっと詰め寄ってくるチームで、なかなか自由に蹴らせてくれず、もみ合いになることが多い展開となりました。ゼルビアはスペースを作ってパスをつなげたいのだと思いますけれども、相手が詰め寄ってくるのでそれができず、力と力の押し合いのような展開。やや押され気味ながらも、前半はゼロで終わります。

この試合、目についたのは7番君。日頃の彼は上手いのですが、ボールにゆかず、タッチ数が少ない選手です。「ボールにさわらなければいくら上手くてもなぁ」と思っていだてすが、この日は違いました。非常に積極的に動いて取りに行きます。調子が良かったのか、冬の晴れた風のない天気というコンディションが良かったせいか、あるいは相手が詰め寄ってくるのでつられて動き回るようになったのか。とにかく、結果として良かったです。今まであまりボールを持たなかった彼がボールを持つことで、ゼルビアはプラス1人くらいの感じがありました。で、先制点は彼があげます。3番君が右サイドを突破して、競り合いながらもクロスを入れてきて、ゴール正面でフリーで受けた7番君が蹴り込みました。ゴールそのものは、3番君の貢献度が高いのですが、7番君は動きが良かったので、ゴール前まで出てきていたんでしょうね。今までの彼だと、もう5mくらい下がって待っていたような気がします。得点そのものはイージーなシュートになりましたけれど、それを産んだのは動きの良さだったのではないかと思います。

また9番君のサイドの突破も目につきました。サイドバックなのかな。追加点は、また3番君が右からクロスを入れ、それを8番君が落として、そこで敵味方入れ込んでもみ合いになり、その中から9番君がボールをキープしてシュート。持ってから蹴るまでの、タイミングの早さが決め手だったように思います。トップの監督が相馬さんになりましたから、サイドバックの選手は張り切っているかもしれませんね。

これで4次リーグを1位で突破。20チームの決勝トーナメントに進出です。どういうトーナメントかよくわかりませんが、おそらく2回勝ってベスト8かと思われます。近年ベスト8に入ったことはないと思いますから、がんばってほしいです。
[PR]
by abikozelvia | 2010-01-10 23:51