レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

2010/02/05 練習試合 3-0 vs 帝京大学

2010/02/05 練習試合 3-0(2-0,1-0,0-0) 30分3本 vs 帝京大学

初の練習試合でした。ほぼ全員がばらけて3本。1,2本目と出たり、1,3本目だったりしましたが、それぞれ、だいたい30分から45分程度の出場だったようです。観客は20人強? 帝京側の人もいたかもしれませんけれど、ゼルビア側の人の方が多かったことは間違いないでしょう。

今日目についたのは、まず雑賀友洋選手。昨年までよりポジションが前です。昨年までだと望遠めいっぱいでもなかなか大きく写せないことが多いCBのポジションでしたが、押し気味だったと言うこともあるのでしょうけれども、昨年までより前にきてるように思えました。また鈴木祐輔選手、川邊裕紀選手とも共々、CBの選手が流れの中であがってきたのが印象的。写す立場としては、あがってきてくれると楽なのでにんまり(笑い)。

太田康介選手。FM相模のラジオ番組でも「試合でないとなかなか出せない」とコメントしていましたが、その通り、今まで練習の時に見ていたよりもずっと良い感じでした。実践派なのでしょうか。実践派と言えば鈴木崇文選手。学芸大出(まだ卒業してませんが)の良いとこのぼんぼん風。秀才肌なのかと思いきや、練習よりも試合でずっと良い感じです。案外天才系なのか?(笑い)。さらにCBの川邊裕紀選手も良かったですね。「利き足は頭」と言うくらいで、さすがにヘディングが強いです。小川巧選手とともに、この3人の大学出は、なかなかの掘り出し物かもしれません。今年の売り出しの一人、斉藤広野選手。出来そのものはいまいちだったかと思いますが、すごいジャンプを見せていました。身長は低い(164cm)ですが、あれだけジャンプできればヘディングもいけそうです。そしてヘディングと言えば久利研人選手。1本目は左サイドハーフで、3本目がFWで出ていたように思いますが、1本目のサイドハーフ、ポジションやあれこれと、まだまだ言われることが多かったものの、何本か競り合ったヘディングは印象的でした。背もあるし、大きい武器です。というのも、何年もゼルビアを見ていますが、ボランチやサイドハーフはどのカテゴリーにいるときでもヘディングが、少なくとも得意ではなかったからです。苦戦するときはいつもMF陣が空中戦で負けているとき、というイメージを持ってきているので、そういう過去の思い出を持っている私にしてみると、このポジションでヘディングの強い選手は魅力を感じるわけです。

FWでは山腰泰博選手の飛び出しが目につきました。木島良輔選手、2本目に出てくる一気に突破して、倒されてPKを獲得。までは良かったのですが、なんとPKをGKにはじかれて頭を抱えていました。なんかやってくれますね、スターは(笑い)。はっとする動きは何度も見せていて、もう少し連携が取れてくると得点量産しそうです。そんな中でも一番目についたのは飯塚亮選手。良い動きで走り回っていました。登録はFWですが、私はMFの方が良いと思っていますし、ここのところの紅白戦や今日もMFでの起用と思います。相馬監督も私と同意見なんですね(エッヘン)(爆)。昨年のTDK戦でこれだという動きを見せていましたが、はまるところをつかんだ感じでしょうか。ハイレベル激戦のMF争いですが、強力に参戦してきています。

今日もミスは多かったものの、相手の対応に戸惑ってのミスではなく、自分たちが何かを使用としてうまくいかなかったというミスばかりのように思えます。完成度は低いかもしれませんが、ポテンシャルはかなり高くなってきています。
[PR]
by abikozelvia | 2010-02-05 22:24