レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

初敗戦

初敗戦

横河武蔵野とのTMでした。45分を4本ですが、1,2本目、3,4本目とメンバーを変えており、45×4と言うよりは、45×2を2試合行ったと言うべきでしょう。
1試合目、前半は0-0で折り返した後半、抜け出した横河の選手にGK吉田宗弘がかわされて、コロコロっとゴールインして先制点を許してしまいます。全体に一進一退の展開でしたが、結局その後は得点無く0-1で終了。相馬ゼルビア、初の敗戦となりました。

2試合目。両チームとも全部メンバーを変えての対戦。開始直後にCKから競り合いになり、久利研人か川邊裕紀か、ヘッドで競って落としたボールを永野諒が強烈に蹴り込んで先制します。後半に入り、鈴木崇文が、ゴール正面ながらかなり距離のあるFKをバーに当てて直接ゴールイン。あの距離からゴールを狙えるのは、かなりの武器です。そのまま終了して、トータル2-0でした。

ま、一応最初に出た方がAチームと言うことなのでしょうが、良くなかったですね。良くないも何も、まずけが人が多くてベストメンバーがくめません。石堂和人、木島良輔、鈴木祐輔、修行智仁。引き続き調整中の深津康太、蒲原達也など、元気なら主力として出そうなメンバーがごっそり抜けています。また出ている選手もかなり疲れている様子。藤田泰成も今ひとつ活躍できず。みな動きだしが悪くてパスは足下中心。前へ前へと走り続けてきた相馬ゼルビアですが、雨でスリッピーなグラウンドでもあり、ぱったりと足が止まってしまった感は否めません。そんな中で良かったのは雑賀友洋。CBが目立っていると言うことは、そういうチーム状態だったと言うことでもありますが、良かったことは間違いないところ。太田康介も良かったですね。前半は比較的引いていたのですが、チーム全体での押し上げがないため、失点したこともあって後半は自ら出てきていました。ただ、一人出てきても・・・ね。勝又慶典・山腰泰博のツートップも悪くはなかった、特に勝又慶典は良かったかと思いますが、二人だけで組み立ててしまうような展開で、二人だけでは打開するにいたらずでした。もうちょっとではあったので、それは良かったかもしれませんが、チーム全体としてはかなり危機的。とりあえずメンバーがそろわないことには、ベストも何もありませんし、最低限出ているメンバーに関しては、特にベテランは疲労の回復が必要でしょう。対する横河武蔵野は、町田にだけは負けたくないという気持ちが強く出ていたように思いますし、太田康介、斉藤広野を見返してやろうという意欲も強く感られました。公式戦に近いくらいの戦いぶりでした。この試合、もちろん良かった部分もありますが、ゼルビア的にはかなり苦しいです。この状態だとSAGAWA SHIGA FC戦は厳しいかも。
ま、建前的には優勝ですが、実際に重要なのは4位以内を確保することであり、そのためには2勝1敗のペースを堅持していくことです。主力が欠けたままで勝利を深追いするよりは、戦力が整うまでは我慢も必要でしょう。


2試合目。こちらがBメンバーになるのかもしれませんが、内容的にはこちらの方が上でした。走れていたし、積極性もあったし、このままでもBチームの方が勝ってもおかしくないくらいで、ここに休んでいるメンバーが加わればこちらの方がAチームになりますね。特に良かったのは鈴木崇文。ついで小川巧、川邊裕紀など大卒三羽がらす(古い?汗)。また齋藤貴之、半田武嗣の昨年の大卒コンビも良かった。久利研人はサイドハーフに使われたようですが、闘争心が出てきましたね。彼ら若手の出番は夏頃かなぁと思っていたのですが、今の様子だともっと早く出番が来るかもしれません。右サイドで出ていた星選手は、やはり疲れているのではないかと思われます。以前より動きに切れが無くなっていて、必死に足を動かしているような印象を受けました。しかし前に向かう姿勢は健在で、その分取られてしまうことも多いのですが、前に向かっていての失敗は許せます。それだけではいけないと言うこともあるでしょうが、前に向かう選手は応援したいですね。


勝った、負けた。良かった、良くなかったもありますが、何よりも怪我と疲労。開幕までにどのように調整していくのか、それが大きな課題です。チーム力は格段にアップしましたけれど、その分付けもかさんでしまいました。どこかで払うしかないでしょうね、踏み倒せる付けではないですから。
[PR]
by abikozelvia | 2010-02-27 22:03