レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

応援ツアー実施

応援ツアー実施

ありがとうございます。これを読んだ皆さんが申し込んでいただけたのか、SAGAWA SHIGA FC戦の応援バスツアー、実施が決まったと連絡がありました。よかったです。35人が集まらないようでは、3,000人は難しいですからね。

いや、昼間は「車で行くかぁ、片道10時間覚悟かなあ」などと思っておりましたが、老体にむち打つことなく、居眠りしながらバスで行けます。ご一緒する皆さん、勝利を共に!

この後振り込んで、小田急トラベルさんの方へ帰りのバスの中での写真鑑賞会、実施に向けて交渉してみたいと思います。天気が良ければ動画も撮って・・・などと、、、


ついでだから書いちゃいます。
先日行われたゼルビアカフェ。酒井良選手のブログによると参加者はごくわずかだったようですね。酒井人気が衰えたのか、告知期間が短かったのか・・・
いや、どちらでもなく、やりかた、企画がいまいちだったのではないかと思ってます。実は守屋代表がいらした第ゼロ回の方へは参加したのですが、まさか第一回に選手を呼ぶとは、思ってもおりませんでした。

ゼルビアについて語り合おう。そのゲストが選手? 選手を呼んで何か聞くとすれば、あの試合どうだったの、あのプレーはどうなのと、そんな話になってしまいそうですよ。ゼルビアというものについて語り合おうと言うことでしたら、代表、社長、監督、部長、GMなどそのような立場の人を呼ぶべきでしょうね。選手だったら、どなたかが提案したらしいでが、それこそ「ゼルビア酒場」の方が良い気がします。選手に酒をおごる会なんてのも良いじゃないですか。選手一人に5人集めれば、語り合うにも良く、一人当たり2割アップで選手の分は出ますからね。「キリンシティで太田康介にビールをおごる会」なんてどうでしょうか(笑い)

いや、もどりまして、まず選手を呼ぶという段階で「カフェ」って何だというところが、不明確になってしまいました。これがまず第一点。

二つ目は、呼んだのが酒井選手だと言うこと。人気はあるんですが(大丈夫ですよ(爆))、トークショー酒井さん、何とか、酒井さん、かんとか、酒井さんと、あらゆる場面で酒井さんですから、一番話を聞いている人なのです。しかもFM相模の番組もあり、ブログも有りで、ファンがもっとも情報に「飢えていない」選手ですから、「無理しても聞きたい」と言う発想は少ないですよね。それはよいことなんですが、今回の企画に呼ぶ人選としては、最適とは言い難かったでしょう。

三つ目は、募集人員がわずかに20人だったこと。その上に、多数の場合は抽選だと言うことです。
これが50人だったら、私もいってみようかと思ったのですが、「たった20人じゃあすぐにいっぱいになっちゃうだろうな」と思い、「抽選かぁ、外れるのもいやだな」と思い、「当たって、もっと聞きたい人の分を取ってしまうのも悪いな」と言うことで遠慮させていただきました。たぶん同じようなことを考えた人が、何人かいたのではないでしょうか。

50人の部屋を借りれば20人、30人と集まったかもしれませんが、20人の部屋で抽選と言われたら、ちょっとね。先着順なら、それっと勢いで申し込むわけですが、抽選ならあわてることもないし、と一拍おいてしまうと、また意欲がなくなってしまったり。

ま、カフェはよいです。ただ、この程度の考えで集客をしていたら、3,000人は厳しいなぁと、そちらが心配。もう少し集客に対して計算出来るようでないと、とてもとても、3,000人達成できそうにありません。この失敗を教訓にして、3,000人達成のための知恵をつけてほしいと思います。

あと20日に迫った開幕戦に向けての動き。ありません。また2~3日前になってどどっと動くのでは、だめですよ。昨年だめだったでしょ。同じことを繰り返してもだめですよ。告知なんて、1回じゃあだめなんです。同じネタでも焼き直して、何度も何度も告知して、繰り返してゆかなくては。私のように毎日ゼルビアのHPをチェックしている人ばかりではないのですから。週に一回、月に一回、初めて、ゼルビアのHPにきた人にも、熱意と情報が絶えず伝わるようにしなくては。ホーム第二戦の告知は? ホーム第三戦の告知は? ホーム開幕戦に重複して、何重にも情報を出してゆかなくては。CMって繰り返しが大切なのです。わかってますか。

ざっと計算すると、野津田で行われるホームゲーム12試合で、平均4,000人。48,000人を目標にしなくてはいけません。4,000人と言ったところで、あくまでも晴れ基準。雨だったらせいぜい2,000人でしょう。5試合雨なら10,000人減って38,000人です。残り、西ヶ丘と多摩と江戸川と相模原x2で13,000人になってしまいます。きついかも。ホーム開幕戦ともなれば、4,000人では不足で、4,500人から5,000人かき集めたいところ。そのためには、3日から1週間前程度の告知・集客活動では、話になりません。

ゼルビアカフェから話が流れましたが、集客って、大変ですよね。協力はしますが、フロントに危機感がなければ、協力は出来ても命令するわけにはゆかないので、どうにもなりません。おちつかず、焦って、危機感を持って、活動してほしいものです。



小田急トラベルさんのバスツアー、今後もよろしくお願いします。(と、この話だったんですよね(爆))。
[PR]
by abikozelvia | 2010-03-02 20:05