レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

引き分け

引き分け

2010.3.14 JFL 前期第1節 佐川守山陸上競技場
SAGAWA SHIGA FC 1-1 FC町田ゼルビア

実は内心、ほっとしてます。

負けたらどうしようかと、心配でした。

今期のゼルビア、強いです。が、、、相手も強い。いくら強くても、立ち上がりにつまづくと1シーズン引きずってしまうこともあるもの。何とか無難に立ち上がってさえくれれば。

無難にスタートできました。良かったです。

逆に、ここなら勝てるだろう、という相手とのスタートでなくて、良かったかもしれません。

引き分けたから言えることですが。

立ち上がりのゼルビア、堅かったなぁ。相馬監督も堅かったように思います。大きなチャンスを二度逃した後に攻め込まれ、GK吉田宗弘が一度ははじいたものの跳ね返りを蹴り込まれて先制されてしまいます。そのとき相馬監督が出てきて、「大丈夫だ、大丈夫だ、落ち着け、落ち着け」と両手を広げて笑いながら落ち着かせようとしていた仕草が、「堅かった」(爆)

しかしその後FKから太田康介が頭で合わせて同点に追いつくと、ゼルビアの堅さも取れてきたのか良いリズムになり始めましたが、一気に行かせないのはさすがSAGAWA SHIGA FC。まさに、がっぷり四つにくんだ横綱対戦と言う感じで、互いにチャンスもあり、ピンチもあり、見せ場は多くて、たぶん向こうも若干堅かったかとは思いますが、良い試合だったのではないでしょうか。

特にSAGAWAは中盤から後ろの出来が良く、ゼルビアのMF陣がなかなか仕事をさせてもらえません。ずっと光っていた飯塚亮ですが、いまいち仕事出来なかったかな。柳崎祥兵、星大輔と両サイドハーフに起用されましたが、ディフェンスで走る場面が多く、攻撃まで持ってゆけなかったようです。

後半、星大輔選手を半田武嗣選手に替え、さらに飯塚亮選手を小川巧選手に替えて、柳崎祥兵選手をボランチに下げたのかな。共により攻撃的な交代だと思います。また共に効果はあったと思いますが、SAGAWAを崩しきるほどには、至らなかったわけです。

対するSAGAWAは、強いですね。中盤から後ろに引いてボールを回すのが上手く、安定していて、ゼルビアの選手はかなり体力を消耗させられました。夏場なら厳しかったかもしれません。また中盤から前での空中戦が大きく進歩していました。昨年の秋に対戦したときは、ほぼゼルビアが制した空中戦でしたが、今回は逆。太田康介が良かったくらいで、他の選手はボール位置に入るところまでもなかなかいけません。昨年の対戦を研究してきたのでしょうか、スピード有り、テクニック有り、作戦よしで、これでパワーの御給匠が加わっていたら、危ないところでした。

あれ?
ちょっとまってください。
ゼルビアを研究してきたのかな?


ゼルビアのスタメンのうち、昨年から在籍しているのは、飯塚亮、津田和樹、柳崎祥兵、勝又慶典の4人だけです。昨年の11月15日に対戦していますが、そのとき津田、柳崎、勝又は故障中で、なんと、4ヶ月前に対戦したチームで出場していたのは飯塚亮ただ一人。11分の10人が前回対戦にいなかったメンバーですから、研究も何もないです。結果的に効果のある研究だったかもしれませんが、昨年のチームに対する対策は、意味をなさないわけです。いわば、監督も、選手も、全くばらばらで集められた新しいチームに、ゼルビアに在籍していた飯塚亮も加わったチーム、みたいなものです。

少し話が飛びますが、どうなんでしょうね。

チームが上昇していく過程ですから、選手が入れ替わることも致し方ない面はあります。確かに、毎年、選手のレベルは上がって、より以上のチームになっていることは確かです。しかしながら、確か一昨年も、昨年も、今年も「ながくJリーグでも戦える選手を補強した」とコメントされていたように思います。それが毎年入れ替わるというのは、どうなんでしょう。あまりこういったことが続くと、「Jリーグでも戦える選手だと思ったのですが、違ってました」と言うことですから、「スカウティング能力なし」と言われてしまうかもですよ。私は新しいチームに、練習も含めて20回も30回も行っていますから、選手も全部覚えたし、すでに何の違和感もありませんが、そういう人は例外で、大部分のお客さんは「初めて見た、顔と名前が一致しない」のです。「スタメン11人出てきたけれども、7人は全然知らないよ」では、ファンの獲得もおぼつかないでしょう。観客動員の伸び悩みも、納得です。

今年はすでに補強されて、新しいチームとしてスタートしています。選手もなじんできているし、当然このまま行くことでよいのですが、来年以降は、考えねばいけません。仏の顔も三度までといいますが、「Jリーグでも戦える選手を補強した」同じコメントを4年も続けて発表することの無いように、心していただきたいと思います。ファンがドンドン離れてしまいます。

ということで、全く寄せ集めの新チームみたいなものですから、60点の出来でもやむを得ないところです。「今のチームは60点」と前に書きましたが、内心では70点くらい行くのではないかと期待していましたが、やってみたらやっぱり60点でした。私の見る目も確かだ(爆)。それでいて、強いディフェンディングチャンピオンSAGAWA SHIGA FCにアウェイで引き分けたのですから、上々の滑り出しと言っても良いでしょう。

ほっとしました。

小田急トラベルのバスツアー。疲れました(爆)。しかし、自分で運転していくことと比べたら、遙かに楽。昨年マイカーで行ったときの疲労と比べたら、楽なものです。ほかを回って遊べないという難点はありますが、安くて楽に観戦するには、やっぱりバスツアーですね。次回ツアーはゴールデンウィークの4月29日に、京都で佐川印刷戦です。新幹線もマイカーも大混雑のゴールデンウィークですから、バスツアー最高です。一つ心配なのは、試合開始に間に合うかどうかと言うこと。5:45分の出発予定ですが、間に合うかなぁ。それが気がかりです。





御給匠選手へ
怪我はしっかり治しましょう。無理して選手生命を縮めることなく、後期のゼルビア戦が終わるまではしっかりリハビリして、その後から活躍しましょう(笑)。そして来年J2にあがるから、また戻っておいで(笑)。

ps
なんと、後期のSAGAWA SHIGA FC戦は11月21日のホーム最終戦、麻溝台ではないですか。その後からの活躍では、間に合わないね(爆)。じゃあ、出場停止でお願いします(爆爆)
[PR]
by abikozelvia | 2010-03-15 12:52