レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

HondaFC 2-1 流通経済大学FC

HondaFC 2-1 流通経済大学FC

見学してきました。見学ですよ(笑い)
試合は、HondaFCが1点先制して、その後、流経がPKで追いつき、喜んでいる1分後にHondaFCが勝ち越して2-1でした。HondaFCが支配率でも上でしたが、流経もチャンスはあって、同点まではある試合でした。流経の勝ち、までは行かないとしても。

なるほどねー。です。

HondaFCは、今時珍しい3トップ?
鈴木弘大、新田純也、伊賀貴一とならべた3枚は、これは強力ですねぇ。かなりの破壊力で、実績に恥じないものかあります。しかしながら、それを支える中盤とバックスは、ちょっと非力かも。それでなくても非力かと思われるところへ、3トップでさらに中盤が一枚減ってしまうと、さらに厳しい。2得点はFWの破壊力で取っていますが、失点(PK)と、あわや失点かと思われる場面は、後ろを破られています。これが今のHondaFCなんでしょうねぇ。HondaFCと言えば、総合力が高く、バランスの良いチームというイメージを持っていたのですが、少なくとも今は違います。頭でっかちになってしまった。これは、前の3人が抜けて優秀と言うことでしょう。だから3人出したい。するとバランスが悪くなる。バランスを重視すれば、指折りの3人の中から一人外さねばならない。どうしましょ。どうしようもない。

Jリーグに昇格するという目的があれば、鬼の決断も必要でしょうけれど、そうでないわけですから、良い選手を出場させて、結果はそこそこでも良いのかなと言うことです。だから、強いかと思うと負けてしまったり、ちぐはぐな結果になるのでしょう。落ちることはないでしょうから、良いんでしょう。

この3人のFW対ゼルビアDFとなると、どうなるかはわかりませんが、中盤を制すれば危機的な状況は防げそうな気もします。ただ、どんなに攻めても1点が取れないのがサッカーで、どんなに守っても1点取られるときもあるのがサッカー。

「ま、サッカーって、こういうものです」by戸塚哲也。

一方の流経大は、流経大でした(笑)。攻撃は威力がありますが、守備的にはもう一歩か。攻撃は個人で突破する感じで、連携で崩そうという感じではありません。それでも後一歩まで迫ってしまうのですから、優秀だと思いますけれど、やはり個人では限界があるかなという結果。Jリーガー養成チームとしては、ジェフリザーブスより良いかも。


HondaFCサポが選手紹介のパンフレットを配っていました。
2010年版と、2009年版、よかったらこれもと、2008年版まで3年分もらいました。2008年版は、A5変形というのかな、正方形で、オールカラーの20P。かなり立派です。ゼルビアは負けてます(爆)。ところが2009年になると、ちょうどその半分の大きさで、縦長に変更。20Pは同じですが、面積は半分。表紙と背表紙は赤黒の2色刷になり、背表紙裏にはホンダ車の広告が。広告は入っても良いのですけれども、2008年は広告抜きで20Pでした。さらに2010年は、何とインクジェットの1枚刷りのみ。自動車不況の影響なのでしょうか。相当寂しくなってしまいました。これから立派なものを作るのなら良いですけれども・・・

HondaFCはぼこぼこにたたきますが(爆)、Hondaにはがんばって業績を回復してもらい、また元気になってもらいたいものです。

ps
カシマスタジアム。以前、関東リーグで神栖SCと対戦したときに一度使わせてもらいました。さすがの芝。夏みたいです。また駐車場も無料でスタジアム前にさっと止められました。このあたりは、JFLの良さですねぇ(笑い)

ps2
スタジアムは立派ですが、すごい強風。南風で寒くはなかったのですが、「鹿島灘は風が強いから風車がたってる」などとおもっていたら、今日は全国的に強風のようですね。家に戻ってからも強風でした。思えば、昨年のホーム開幕は台風のような小雨と風。今年もか! ま、でも、雨は何とか降らずにすみそうです。

試合も、気候も、「明日天気になーれ!」


ホーム開幕戦 vs MIOびわこ草津 14:00 KO 町田市立陸上競技場
[PR]
by abikozelvia | 2010-03-20 22:41