レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

FC町田ゼルビア 3-1 栃木ウーヴァFC

FC町田ゼルビア 3-1 栃木ウーヴァFC

 観客動員と芝のことが気になって、なんだか試合の記憶が遠くなってしまいましたが・・・

 とりあえず試合のこと。

 恒例、点数をつければ、、、70点? ただし、まだ条件付き。

 ある意味長崎戦と同じで、長崎の時は前半が良くて後半が悪かったのに、今回は逆だったと言うこと。3点目を取った後に攻めて攻めたのは、長崎の時と同じでそれは良かったです。前半悪かったと言っても、優勢ではあったので、長崎のような特別に悪い点数にはなりません。

 相手の力関係がどうかという問題もあるので、長崎の65点が今回70点になったと簡単には言えませんが、栃木と長崎なら、それほど極端な力の差はないと思いますので、まあ、ゼルビアの出来が良かったんだという理解でプラス5点です。後半は、セカンドボールもほとんど支配していましたし、その中で失点したのはいただけませんけれども、少し良くなったのかなと言うことです。これで前半も同じように出来れば75点。その上で無失点なら80点。中盤の攻撃参加がもっと増えて大量点に結びつけば85点ということ? 最後の10点、15点は、天皇杯でJ1の有力チームと当たり、強い攻撃を受けながらもしっかりと裁く(結果無失点と言うだけでなく)ことが出来て、1-0か2-0などで勝利したとき、100点と言うことでしょうか。あくまでも素人の机上の計算ですけれど、そんな絵空事を描いています。ま、先の話はともかく、ちょっと良くなったから70点と、気軽に受けてください(笑い)

この後も、松本山雅、ソニー仙台、ガイナーレ鳥取、横河武蔵野あたりとの対戦が、この点数をつけられるかどうかの試金石と言うことでしょう。もちろん、油断は出来ません。強いだろうと思われるチームの名前を挙げましたけれど、それはゼルビアの力をはかる上での試金石となるチームであって、勝敗となればまた別。

昨年の後期は快進撃でしたが、17位の刈谷と18位の三菱水島と引き分けて、勝ち試合を引き分けて勝ち点4を失いました。この4があれば、得失点差で及びませんけれども、4位の北九州と並ぶ勝ち点でした。ガイナーレはホンダロックと引き分けて昇格を逃しました。上位のチームが強くて要注意なのは当然ですが、下位のチームだから勝てるだろうという考えがいかに通用しないのか。昨年の教訓をしっかり学んでおく必要があります。

観客動員では、昨年の教訓を学んでいないようですが・・・ぶつぶつ・・・


斉藤広野選手、初スタメンでした。良かったという評価と、悪かったという評価と二分するようですが、まあまあ、これくらいかなと言う気がします。練習の時と同じ程度かな。交代して入った齋藤貴之選手と比較すると、足も速いしジャンプ力もあるし、何よりもロングシュートがすごい。ただし粘りが無くて、あっさりしたプレーになってしまうので、良かったと見る人と、良くなかったと見る人と、分かれるのかなと思います。齋藤貴之選手は攻撃でも守備でも粘っこいので、安定感があります。二人甲乙つけがたいというところでしょうか。

木島良輔、勝又慶典、山腰泰博といったところは多くの人が書いているので省略(笑い)。皆さんと同意見で、特に付け加えることもありません(笑い)。一つ注目したのは前半、太田康介選手。ゼルビア側から見て右からのCKを、ニアへ走りこんで、右足で(たぶん)角度を変えてニアへ蹴り込もうとしたシュート。「へ」の字のような角度でのシュートでしたが、ちょっとびっくりしました。惜しくもサイドネットでしたが、決まっていたらすごくビューティフルでした。また後半、星選手がFKをニアへ直接狙ったのも注目。ちょっとコントロールを重視して威力が無く、GKにはじかれちゃったかなと思いますが、もっと大胆に行きましょうよ、星選手。どかんと(笑い)。







最後に残念なお知らせです。

「他会場の結果を案内したらどう」と提案していたのですが、またあっさりと流されてしまいました。14:00と遅く開始しているので、他会場の結果がみんなでそろっているわけです。

「他会場の結果をご案内します、ソニー仙台とアルテ高崎は1-1で引き分け。ガイナーレ鳥取とホンダロックは0-0で引き分け。この結果町田ゼルビアは、、、首位になりましたー」とやれば、どかんとうけて、大ゼルビアコールが巻き起こり、また来ようという意欲をかき立てることも出来たでしょうに。あーあ、せっかくのチャンスを逃してしまって、もったいないこと。お金をかけずに簡単にできる観客動員策だったのに。もう二度とこんなチャンスはありません。



















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






















これからずっと首位ですからね(笑い)
[PR]
by abikozelvia | 2010-04-13 22:53