レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

横河武蔵野 0-0 MIOびわこ草津


横河得点力不足+MIOがんばった。ていうところですかね。MIOが14位で横河が15位。残留争いの一戦ですが、その割には楽しめたかな。前半は割にのんびりした戦いでしたが、前半の終わりにMIOの9番が一発レッド。ちょっと厳しいかなと言う感じは受けました。スライディングで裏を見せたという判定だと思いますが、ほとんど互角の状況で横河の選手もスライディングに来たところと見ましたし、MIOの選手の方が先にボールにさわっているような感じもありましたので、あの状況ならイエロー止まりかと思えましたが、レッド。しかしそのおかげでMIOのほうは早いプレスに出始めました。前半がのんびりしていたこともあり、体力は持ったようです。もともと横河の方がポゼッションは上でしたが、後半はさらに押してきましたが、決定打まで至らず。

やはり横河は得点力不足で決定力不足で(シュートの)コントロール不足。後半のロスタイムに入って両チームとも決定的場面を迎えましたが、それまでは横河も押しているものの決定的場面は少なく、惜しいと思うシュートも1本くらい? あとは、だいぶ「惜しくない」シュートの数はありました。

MIOは半田武嗣選手が良いですね。タッチ数が少ないのが難点と思いますが、さわったときは何か起こしている。ほとんど毎回何かの起点になるので、妙味があります。トップ下なのかな? しかしガンガン行く感じではないので、それでいながらチームトップの9得点はすごい。この試合でも割にボールから離れている選手なので、そんなにカードをもらう選手ではないのに、累積で出場停止になったり。それだけ苦労しながら戦っているのだと思いますが、裏返せばやりがいはあるのかな。そして9得点ですから、立派。町田のように強いチームでポゼッションでも勝っているチームの9得点ではありませんから、たいしたものです。

MIOと言えば、先日成績不振のため和田治雄監督を解任し、後任に東広樹ヘッドコーチが就任したというニュースがありました。成績不振と言ってもまあ仕方のないところじゃないかなとは思いますけれども。東広樹新監督は、少なくも今年1回、昨年か一昨年かも一度、最低でも二度ほど試合中に退席処分となって出場停止を食らった熱血漢。JFLのコーチで複数回出場停止などあまり例がないと思いますが、この試合でも後半、(コースを切るだけではなく)「取りに行け」と言った指示が聞こえてきました。がつがついけということなのでしょう。MIOのような立場のチームには、熱血漢も必要かな。

それにしても町田は惜しい選手を出しましたね。変則的なところがあるので、今の町田にすっぽり当てはまるかというと、当てはまらない。逆に言えば変化がつきます。今の町田って、良い選手はそろえていますが、オーソドックスなので、強い割に攻めている割にゴールが遠い。野球にたとえると、良い先発ピッチャーをそろえているけれど、みんな右のオーバーハンドで速球派ばかり。一人くらい左のサイドハンドが混じっていれば、相手もやりにくいと思うんですけれどね。

MIOは琉球、長崎、金沢と言ったところとの対戦が残っています。残り8試合で3勝すれば確実に、おそらく2勝でも残留できると思いますから、半田君がんばって、残留を勝ち取ってください。
[PR]
by abikozelvia | 2011-10-29 19:50