レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

AC長野パルセイロ 1-0 FC町田ゼルビア


試合に負けたら下を向くものだと思うのです。負けて下を向く、だから次は勝って上を向こうと。内容より結果だと思う主義なら、負けて上を向いていたらどうするってことです。結果がすべてなら、負けて上を向いて胸を張ったら話にならないでしょう。

私の場合は、常日頃、内容が大切だと言っております。内容が大切であれば、良い内容で全力を尽くしたが、結果だけは負けだった。それなら、上を向いて胸を張ることも出来るでしょう。しかし結果がすべてなら、負けたら下を向くべきです。ま、その日はね。次の日からは上を向いてがんばらねばいけませんけれど。

さて、それなら内容が良かったのかどうか、です。前半はやや押され気味ですが、それでも0-0。後半は出鼻にリードされてしまいましたが、その後は押している時間帯が長く、長野のハーフでの展開が多かったように思います。ただ、その中身はと言うと、相変わらずだったように思います。PKエリアの直前まではゆける、でもそこで前を向くとDFがいる。交わそうとする、交わせない、パスを出す。ボールをもらう、前を向く、DFがいる、交わそうとする、交わせない、パスを出す。の繰り返し。

ゴール裏から「シュート打て」「シュート打て」の合唱が聞こえてきては・・・

ゴール裏のほどよい距離から見ていて、よくわかりました。
確かにシュートは打てない。あのタイミングでは。

パスが来る、止める、DFがくる、コースが開かない。

DFが私だったら、あっさり交わしてシュートすることが出来るでしょう。でも相手も同じカテゴリーでやっているサッカー選手ですから、そう簡単に交わされてコースを開けてくれるわけがない。前につかれたらコースは開かない。で、パスを出す。そして同じことの繰り返し。

攻撃にしても、サイドから崩してキックで得点の一本槍です。真ん中に飛び込んでポストプレーする出もなく、単純にほおりこんで攻撃することすらない。良い攻撃と言えばよい攻撃なのでしょうけれど、それ一つではねぇ。で結局行き詰まると、たよりは鈴木崇文のミドルシュートがフリーキック。鈴木崇文に当たりが出ていれば勝てるけれど、当たりが出ないと得点できない。ずっと相手ゴール前にいるけれど、シュートすら打てずに回しているだけになる。それ、ポゼッション高く攻撃していても、本当に内容が良かったと言えるでしょうか。それが一試合ならどうと言うこともありませんが、何試合も、毎回同じことを繰り返していたら、内容がよいと言えるのでしょうか。

手元の集計ですが、ホームで先制点をとれば8勝2分け。アウェイでも先制したら4勝2分け。しかしアウェイで先制点をとられると、0勝6敗。スコアレスドローが2試合。

アウェイで先制点をとられたときに0勝6敗なのは、守りきられていると言うことですよね。ということは、攻め手を読まれているからだ、とも、推測できるわけです。一本調子だから守りやすいと言うことが、データからも言えるのではないでしょうか。

現在の勝ち点が42。残りは8試合。あくまでも参考にしかなりませんし、今年は33試合の変則開催の上、例年にない大混戦ですからどうなるか予断を許しませんが、おおむねの目安で行くと、だいたい勝ち点60で4位程度。30で残留圏と言えます。となれば、残り8試合で6勝2敗、もしくは5勝3分けが4位の最低ライン。これより下の昇格ラインは難しいと見ます。

前々回書きましたが、今後対戦する相手との過去成績は全くの五分。対戦実績のない讃岐に2勝するとしても、他の6試合が過去実績通りの五分で3勝3敗になってしまうと、2勝を足しても5勝3敗で勝ち点60に届かずとなってしまいます。

それでは困るわけで、讃岐に2勝できると言うのも仮定ですし、過去実績を変える結果を出さねばなりません。そのためには結果にこだわる? いえ、内容が変わらなくては、結果も変わらないのでは無いでしょうか。

そうそう、長野は、1点リードで終盤を迎えましたが、引いて守って蹴り出すだけと言っ対応ではなく、キープして時間をつぶすといったプレーもほとんどありませんでした。そして、守りきった。点を取るためにも、守りきるためにも、変えねばならぬところは、有るように思えます。
[PR]
by abikozelvia | 2011-10-31 17:35