レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

クラシコを見た


レアルvsバルサではない。
もちろんわかっているよね、松本山雅FCと長野パルセイロの信州ダービーのこと。2009年の北信越リーグを取材して作られた、日本初の地域リーグドキュメンタリー映画だ。公開されたころ見に行くつもりだったのだが、震災があり、行きそびれてしまっていた。今回DVD化されて発売されたので、購入してやっと見れたのである。

映画としてどうなのかという意見もあるらしいが、ドキュメンタリーなのでこれで良いのではないかなと思う。選手やチーム自身よりも、サポーターなど周りで支える人々を中心に描かれている。そういう作り方も良いのではないかなと思う。個人的にはマルをつけたいと思いますが、ただ当時の北信越リーグの状況や、松本山雅、長野パルセイロといったチームのことをよく知らない人が見たときには、わかりにくいかもしれませんね。

当時の北信越リーグには、今年J2に昇格を決めた松本山雅FCを始め、JFL昇格即2位という快挙を成し遂げた長野パルセイロ、さらに松本山雅と一緒にJFL昇格を決めたツエーゲン金沢などがいたわけで、それが一つの地域リーグにひしめいていたのだからすごい話。それが余すところ無く伝えられているかというと、もう少しかなと思うところもあるけれども、地域リーグファンにとっては、やはり見逃せないのかなと思う映画である。

ちなみにこのときの長野パルセイロには鈴木祐輔選手も在籍していた。ひょっとしてちらっと写っていたのかな? 発見できず。当時のバドゥ監督が庭に並べた石でスタメンのフォーメーションを作り、「ユウスケ」と言っている場面はありました。


内容とは関係ないが映像面から言うと、露出やホワイトバランスにムラがあって、撮影としてはどうかなと思う。2009年だとまだハイビジョン撮影の機材に自由度が少なくて、比較的安価な機材のみで撮影したものなのか、使いこなすテクニックがなかったのか。映像面ではいまいちです。でもこういう映画を見ると、自分でも撮ってみたくなります。動画の場合は静止画と違って脚本、ストーリーが大切ですから、ただ撮ってみてもどうにもならないですけれどね。

ご興味のある方はこちらから。
http://www.clasico-movie.com/fan.html
[PR]
by abikozelvia | 2011-12-19 16:17