レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

JFLからJ2へ 総決算的回顧録1


やっと年願のJリーグ昇格を果たした町田ゼルビア。まだこれからJ1が有ると思う方もおられるだろうが、遙か昔に(と言っても10年もたたないのだが)当時事務局長をしておられたK氏が目指したのはJ2である。町田のローカルクラブでJ1は難しく、J2へ、あるいはJ3が出来るならJ3でも良いと言って始められたクラブである。まあ時代も変わるし、応援する皆さんがJ1を目指そうと思われるのに異存はないが、当時を知る者としては、J2は一区切りであり、大きな目標の達成であると考えている。また野津田スタジアムは改修が済んでもJ1規格を満たさないことを考えれば、当分の間はリーグ戦はJ2で、上を目指すのは天皇杯経由と言うのが妥当なところだろう。従って目標は降格しないことになるし、残留は簡単なことではないけれど、Jリーグの締め切りに間に合わなかった危険性に比べれば、まだましな方だと思う。

これからはこのブログにおいても、今までよりはずっと温かく見守るつもりである。なぜならこれから重要なのは選手になるからだ。今までは選手より運営の問題が大きかった。運営がこれでは締め切りに間に合わないだろうという危機感が大きかった。選手のことを書いていても、そこにある根底は運営への危機感だったのだが、まあ通じなかっただろう。今後の落ちない戦いに必要になるのは、基本選手だ。選手については一生懸命やっているのだし、勝っても負けても致し方ない。町田の人たちに愛され、楽しんでもらい、そして落ちなければ、私は十分だと思っている。なのでこのブログにおいても、町田ゼルビアを取り上げてあれこれと書く機会は、かなり少なくなると思っている。それでもスカパーでの観戦は欠かさないつもりだし、野津田スタジアムへもすいているときには出かけようかと思う。観客数も増加は期待されるけれど、水曜のナイターなどは少ないだろうし、相手が関東近県のチームでなければもっと減るだろう。そんなときには出かけてみようと思っている。

J2に昇格するに当たっては、町田ゼルビアは大きな負債を抱えてしまったようだ。それについてあれこれという人もいるが、私は致し方ないことだと思っている。なぜかと言えば、他に選択肢がなかったからだ。JFLにいて大きな負債を抱えてしまった。だが、JFLで戦いながら、Jリーグ昇格を目指しながら、黒字化していく方法があるだろうか。巨大スポンサーによる補填以外では、黒字化は不可能だったと思っている。基本的にスポンサー以外での収入となれば、観客動員しかない。だが、観客動員はそう簡単に伸びるものではない。町田の観客動員を見ても、勝って好調の時は良く入るし、成績が伸び悩むと観客動員も伸び悩む。この3年間、6位、3位、3位と上位につけていた訳で、好成績だったにも関わらずその傾向は出ていたので、これが下位に低迷していたら、観客動員増で黒字化などは臨むべくも無かったろう。「伸び悩むなら5年でも10年でも3部でやって、それでもだめならそんなチームはつぶれてしまえ」などという人もいる。だがそれは他人のチームだからそんな意見が出てくる訳で、「我が町のチーム」と思うなら、「つぶれてしまえ」などと言う意見は出てこない。

まずJFLにいながら黒字化するためには選手のプロ契約をやめなくてはならない。再び、働きながら、アルバイトしながらの選手生活に戻ってもらう必要がある。当然選手の流出も多くなるだろうし、戦力低下は否めない。さすれば順位も下がるだろうし、観客動員も伸び悩むだろうし、収入も減るだろう。スポンサーにとっての魅力も低下する。その状態で5年も10年もやっていけるだろうか。そこには、Jリーグの締め切りもある。

今回、JリーグはJ2が22チームに達したことにより、昇格規定を改めた。JFLからJ2に昇格するためには、準加盟チームが優勝することが求められる。優勝すればJ2最下位と自動入れ替えになる。そして2位ならば入れ替え戦となる。今年のように3位では入れ替え戦にすら出場できないのである。大量観客動員で健全経営とほめられた松本山雅にしても、4位なので昇格枠には全く引っかからない。もしこの厳しい昇格条件が当てはめられていたとすれば、松本山雅もまたJFLで戦わねばならなくなる。優勝のためにはさらなる戦力増強が必要であり、となれば予算も大きく増額しなくてはならないので、果たして次もJFLで黒字経営が出来たかどうかは疑問の余地がある。もちろん町田がもう一年JFLで戦えば、赤字も増えたろうし、ほんとにつぶれてしまう危険性すら有った。JFLで優勝して昇格したチームは2005年の愛媛以降では2010年の鳥取しかない。2008年の栃木が2位である。そしてJFLのレベルは次第に高くなりつつある。これはJFAがJリーグを拡大してきたことの目的でもあったのだろうが、Jリーグチームが増える、選手数が増加する、新卒選手が入る、戦力外になる選手がJFLや地域リーグに流れる、プロ契約チームが増えることで、やめずに続ける選手が増える、必然的にJFLの底上げが行われてくる。それは日本サッカー界にとってよいことなのだが、JFLで優勝しようとする当事者にとっては、とても厳しい話になる。優勝のために必要な戦力レベルは年々高くなり、トータル年俸も高くなり、JFLでの黒字経営は大型スポンサー契約以外では難しくなる。そして日本経済は、かつて無い苦境にある。

また、考えねばならないのは選手達のことである。フロントは5年でも10年でも待てるかもしれない。サポーターも待てるだろう。だが選手は1年契約も多い。5年はおろか1年だって待てない選手も多いのだ。町田だって昨年昇格していればJリーガーになれたはずの選手達が、昨年末には何人も戦力外になっている。正社員雇用されていて、サッカーやめても困らない企業親方日の丸チームは気長な話も出来るだろうが、プロ契約選手にとっては、1年だって待っていられないことも多いのだ。5年10年待てなどというのは、企業チームサポのエゴに過ぎない。

だいぶ長くなったので、次回に続くことにしよう。
[PR]
by abikozelvia | 2012-01-17 14:50