レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

TM 横河武蔵野 2-0 Y.S.C.C

JFL14年目の横河武蔵野と、新加入のY.S.C.Cの練習試合。試合前の様子はY.S.C.Cが気合いが入っているのに対して、横河武蔵野は余裕という調整に見えました。

試合が始まるとY.S.C.Cがポゼッションで圧倒します。6:4か、それ以上か、横河武蔵野が相手にこれだけポゼッションされることは珍しいですね。ところが横河武蔵野が決定力の高さを見せつけます。左から持ち込んで右にあげたところをダイレクトボレーでゴール。さらに右から中央に入れたところをダイレクトボレーで併せて2-0とリードを広げます。なんと、得点力不足のイメージがある横河がこの決定力。

後半になるとポゼッションは互角かな。終盤はY.S.C.Cが幾度となくゴールに迫りますが、バーに嫌われポストに嫌われ、はたまた遙か上を越えてゆき。Y.S.C.Cはショートパスを良く繋いで面白いサッカーを見せてくれるのですが、地域リーグだとこれで崩して決定機まで持って行けるところが、さすがにJFLとなるとそうはゆかず、ディフェンスではリスクを背負い、攻撃ではタイミングの遅さにつながり、結局無理にミドルを撃つしか無くなるといった様相でした。横河武蔵野の方が大人でしたかね。

Y.S.C.Cはフットサルのようなダブルタッチをしたり、足裏で持ち込んだりしていました。クラブのスクールやフットサルをやっている選手が多いのかもしれません。それもあってショートパスが多いし上手いのかもしれませんが、それをJFLレベルのサッカーに変化させるには、もう少し時間と慣れが必要かなと言う気もしました。

横河武蔵野は、この決定力の高さが本物で持続するなら、JFLでも真ん中から上にゆけそうですが、どうしても得点力不足のイメージが抜けませんし、高松健太郎もぬけ、補強もそれほどとも思えませんので、どうなのでしょうか。今日は良かったですが、このまま信じて良いのかどうかは、何とも。

Y.S.C.Cは、JFLなれに時間がかかるかもしれませんね。ただトラップなどは上手いように思えますし、パスのつなぎがはまれば見て楽しく決定力もあるサッカーが出来るのかもしれません。

開幕が楽しみです。
[PR]
by abikozelvia | 2012-02-12 22:30