レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

TM 栃木ウーヴァSC 2-1 福島ユナイテッドFC


壬生町の陸上競技場で行われたTMへ、石堂和人選手を見に行ってきました。試合は45分x2で、石堂選手は前半のみ出場。ウーヴァは前半は濱岡、若林などが出ておらず、ポゼッションで福島に圧倒されていました。石堂選手も「さすが石堂」と思えるすごいサイドチェンジをみせて、これは1点ものと思いきや、FWが走れずにつながりませんでした。後で聞くとまだ(雪のため)練習が体育館のみなので、FWも走れないのだそうです。

前半リードした福島ですが、後半6人くらいメンバーを変えて、さらに途中でも3人くらい変えて、栃木も濱岡、若林などが出てくると後半は栃木が押し気味になり、若林と、たぶん星野の得点で逆転。結果は2-1でしたが、JFLは開幕まで3週間となってかなりできあがってきており、一方の福島は東北リーグの開幕が、たぶん4月の中旬か後半と言うこともあり、練習が体育館の中のみと言うこともあり、まだまだという状態。コンディションの差を考慮すると、福島は相当良かったと言えるでしょう。

ちなみに先週見た横河武蔵野vsY.S.C.Cの試合は「フットサル的」だなぁと思いましたが、こちらのウーヴァvs福島の試合はいかにも「サッカー」って気がしました。いや、良い悪いではないです。そんな感じがしたと言うこと。栃木も昨年に引き続いて堅守速攻若林の一発で、そのスタイルはしっかりしており、JFLリーグ戦でも昨年並みに中堅どころにはしっかり収まるのかなと思えます。


毎年激戦が繰り広げられる地域リーグ決勝大会ですが、今年は少し様変わりしていると見ています。群雄割拠の強豪チームがJFLに昇格してゆき、おそらく今年は3強+1と言う展開。3強というのは福島ユナイテッド(石堂和人)、SC相模原(中川勇人、渡辺彰宏、鈴木祐輔、斉藤広野)、奈良クラブ(李成浩、吉田智尚)であり、それに続くのがFC鹿児島と見ています。18,19日で行われた西日本社会人大会では、JFLのHOYOと奈良クラブが1-1でPK戦12-11でHOYOが勝利しましたが、互角の戦い。FC鹿児島が2-0でデッツォーラ島根を下すなどの結果が出ていますので、今の時期のプレシーズンマッチではありますが、勢力図としては3強+1と言う見方で間違いないと思います。この中から2ないし3チームがJFLに昇格する可能性が高いでしょう。

昨年の地域リーグ決勝大会ではGKの負傷で無念の敗退をした福島ですが、今年は可能性は高いと見ています。

さて、シンガポールリーグのアルビレックス新潟シンガポールに加入した山腰泰博選手。加入して1週間か10日くらいしかたっていないと思いますけれども、開幕2試合目に63分から交代出場し、1-1の同点から勝ち越しのダイビングヘッドと、FKを直接決めて3点目をゲット。翌日の現地新聞ではDeath of the dedboal (日本流なら、殺人FK! みたいな意味ですかね?)でかい見出しがついたようです。大活躍を期待してます。
[PR]
by abikozelvia | 2012-02-20 13:53