レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

17節 SAGAWA SHIGA FC

17節 SAGAWA SHIGA FC

重い疲労感で目が覚めました。それほど疲労しているわけでは無いと思いますから、疲労ではなくて疲労感ですね。ぐったりきました。

一昨年の優勝チーム。今期も連勝して前節首位に躍り出て、天皇杯出場も決めたSAGAWA SHIGA FCをホームに迎えての一戦です。TDK SCに3-1と、内容はともかく快勝して、勝つ気満々のFC町田ゼルビアも臆するところはありません。

立ち上がりから展開は互角。お互いにしっかりキープして、攻めるところは攻め、にらみ合うところはにらみ合い、まさにがっぷり四つの力比べといえるでしょう。三菱水島戦や琉球との試合は持つには持ったけれども決め手に欠ける感じでしたが、そういった感じではなく、本格的な四つ相撲の取り組みです。

前半はそのまま終了して後半、30分までは似たような展開でしたが、そこから40分までの間はゼルビアペース。悪くて引き分け、あるいは勝ちもと思われましたが、40分にFKから失点してしまい、その後はがたがた。ロスタイムにも失点して0-2でした。

85分間は良かったと思います。SAGAWA SHIGA FCと全く互角に戦いましたが、残り5分の違いが、首位と下位の違いでしょうか。85分戦ったときに、これで引き分けて良いと思ったチームと、90分やりきったチーム。引き分けでよいと思った11人の中の何人かと、誰もそう思わなかったチーム。違いは、そこだけでしょう。

山腰泰博選手。90分出場しましたが、もう少しなんでしょうか。体調面は95点くらいつけられると思いますが、100点にならないと得点は生まれないのでしょう。久しぶりにスタメンで90分出場した山崎祐輔選手も、堅実なプレーで問題ありませんでした。光ったのは金東秀選手。頼れる動きをしていました。もちろん柳崎祥兵選手も、いつもと変わらず良かったです。が、まだ足りなかったわけで。

結局この試合、選手の交代はありませんでした。次々とフレッシュな選手を投入するSAGAWA SHIGA FCに対して交代のタイミングを逃し、確かに最後は、もうそのまま行くしかなかったですが、その前に、動くチャンスはあったろうと思います。

俺が決めてやると言う強い意志が必要なのだとすれば、強い意志を持つ選手を起用してやらなくては、決意も萎えてしまうでしょう。能力の落ちる選手を起用しづらいのはわかりますが、スタメンに定着して安心してしまった選手をそのまま使い続けても、強い意志が戻ってくるのかどうかは、疑問だと思います。けして、本人のためにもならないでしょう。


SAGAWA SHIGA FC。チームはとても良かったです。さすがの実力で、練習から違いを見せていました。HondaFCとともに、JFLのツートップと言っても過言ではないと思います。ただ、サポーターは悪かったですね。汚いヤジが多く、(町田だけど)「ここは絶対神奈川県」なんて歌ってました。佐川急便の営業所へ神奈川県町田市当ての荷物を持っていったら届けてくれるんでしょうか。企業チームなのですから、企業のイメージを悪化させるようなサポーターはいかがなものでしょう。会社の幹部が見たら、「イメージが悪くなるのだったらサッカーやめる」と言い出すのではないかと心配です。選手はがんばって良いサッカーをしているのですから、サポーターもチームに貢献できるように考えた応援をするべきでしょう。ちなみにこの日は審判も良かったです。良い審判と良い相手に恵まれて、もう少し良い試合ができていたら、0-0の引き分けであったとしても、こんなに疲労感が押し寄せてくることもなかったのに。


残りの計算をするのもむなしくなりましたが、14勝3敗。低く見て13勝4敗ですか。もっともその前に、観客動員不足でのデッドラインも、すぐそこまできてしまいましたが。
[PR]
by abikozelvia | 2009-06-29 17:41

上昇の予感

TDK SC戦

予想が外れて、仁賀保は暑かった。気温はそれほど上がらなかったものの、日差しの強さは相当。猛暑と言いたくなるような一日となった。

「TDKの芝はすばらしい」と噂に聞いていたものの、実際に見ると確かにすばらしいコンディション。特にすごいのは、ピッチサイドにすごく広いスペースがあり、全く同じコンディションの芝が保たれていること。仁賀保運動公園多目的広場ということで、野球場を兼ねているためだが、ピッチ横でジュニアユースに試合させてやりたいと思うくらいである。

試合の方は、慎重な立ち上がりながらもゼルビアペース。単に持つだけではなく得点を予感させる試合展開となる。10分頃だろうか、コーナーだったかクロスだったかに金東秀選手が合わせて「やった、ゴール!」と思ったら、ホイッスルが鳴って深津康太選手のファウルでノーゴール。深津康太選手はきわめて納得がゆかないようである。後で写真を見ると、全く問題ない完璧なゴールのようだ。深津康太選手はゴールに背を向けており、その背にDFがついて深津康太選手のユニフォームを引っ張っている。どう見ても深津康太選手ファウルはなく、ファウルをとるならDFの方としか考えられない状態が、はっきり写真に写されていた。深津康太選手は、後半もコーナーキックからヘディングにいったところを相手選手に背中を引っ張られている。写真はピンぼけではあるものの、起きている状況ははっきり写されていて、当然PKかと思う場面だが、そのまま流されてしまった。ただしこの審判、不公平なのではない。きわめて下手なだけである。何が下手なのかは、後半も終盤に入ったところではっきりする。ゼルビアゴール近くでTDKの選手が森川宏雄選手を倒してしまう。主審はそれを見ておらず、そのままプレーを続けて、切れたところで呼ばれて森川宏雄選手のところへ走って行き、見ていないはずなのに、TDKの選手にイエローを出している。TDK側は「見て無いじゃないか」と盛んに抗議していたが、要するにそういう主審なのである

見てないのに、「そうに違いない、そうだろう」と想像で笛を吹き、カードを出してしまう審判だったのだ。都リーグ時代から下手な審判はずいぶんと見てきたが、こういう審判はツヴァイテの3部、4部の試合ですら見たことがない。

「間違いなくファウルだろう、でも見てなかった」と言うケースは、サッカーの審判をしていると数多くあるに違いない。その場合でも、見ていなければ、普通はカードは出さないし、金東秀選手のゴールシーンなどでも「見てないのにホイッスルを吹く」ことはしない。それを想像で、そうに違いないと思い込んでジャッジしてしまう審判だったのである。

想像でジャッジして何がいけないのか。「しまった、ファウルに違いない、でも見てなかった、次は絶対に見逃さないぞ」と普通は思う。だから上手になるわけだ。選手と同じこと。ゴールを外した、次は入れるぞと思うから上手になる。審判も次はしっかり見てちゃんとジャッジするぞと思うから上手になる。ところが、想像で笛を吹いてしまったら、次も見ていなくてもかまわないわけだ。また想像で笛を吹けばよい。ということは、いつまでたっても上達しないわけである。人間だから、間違いもある、ミスもするし限界はあるが、次はもっと上手にと思う向上心があれば、やむを得ない。しかし上手にならなくてもまた想像で笛を吹けばよいとなると、いつまでたっても変わらない。単なるミスとは違い、これは許されないミスである。改善されることがないし、改善しようとする努力もないからである。


さて試合の方は、ゼルビアペースで進むもののTDKの反撃もあり、そこそこの応酬の中でややゼルビアペース。前半も終わりにさしかかった頃、柳崎祥兵選手がヘッドで豪快に決めてゼルビアが先制する。ますます得点のにおいが強くなる。後半もゼルビアペース。酒井良選手がゴール前で合わせて2点目。外からのシュートが得意な酒井良選手のゴール前の得点シーンは、久しぶりに見た気がする。このゴールの直後、山腰泰博選手が久しぶりの登場。練習ではまずまずのように思われたが、まだ試合感覚は戻っていないようで不発に終わるが、山腰泰博らしさを随所に発揮して、ゼルビアの流れをスムーズにしていたようである。ところが2-0となって相手もがっくりき始めたところ、セットプレーから失点してTDKを生き返らせてしまう。押し込まれる場面も多くなってきたが、猛暑の中、さすがに最後はTDKの足は止まってしまい、押し上げることもできなくなったところで柳崎祥兵選手が2点目をあげて3-1と突き放して、久しぶりの快勝である。

まあ確かに内容的に、審判をのぞいても不十分なところは多い。もっと圧倒できるはずがそこそこの試合になってしまっており、まだまだ60点というところだろうが、それでも次節に向けて、今までにない明るい状態で望めるはずだ。

TDKは見劣りのするチームだったが、そのTDKがこれまでにあげた勝利は、Honda,刈谷、北九州、三菱水島、佐川印刷。引き分けがSAGAWA,ジェフ、高崎と、堂々上位のチームから勝ち点を獲得してきている。それを見れば、TDKはJFLの中で中堅のしっかりしたチームであると言うことはいえるだろう。そこを圧倒できるわけだから、次節は首位に浮上したSAGAWA SHIGA FC相手だが、十分に勝ちの期待ができるはず。

残り18試合。14勝4敗以上。
[PR]
by abikozelvia | 2009-06-22 19:57

厳しい・・・

厳しい・・・


ホンダロック 2-0 FC町田ゼルビア
生目の杜(いきめのもり)運動公園陸上競技場で行われたJFL第15節。
完敗です。

スコア的には0-2や0-3の敗戦もありましたが、内容的には今季最大の敗戦でしょう。厳しいです。

たちあがり、10分もたたないうちにあっさりと失点してしまいます。もちろん選手は一生懸命やっているわけですが、見ている立場からすれば、「あっさり」と言う形容詞をつけざるを得ない失点でした。
すると、ホンダロックはたちまち守りに入ります。時間を稼いで、守備を重視してきます。いくら何でも早すぎるだろうと思ったのですが、そのまま守られてしまうのがJFL。特にホンダロックは厳しい九州リーグで戦い抜いて、全国社会人3位でぎりぎり地域リーグ決勝大会の出場を得、さらに死のグループと言われた予選を、もっとも下馬評の低い中で勝ち抜いたチーム。さらに決勝リーグも3位と、まさに綱渡りでJFL昇格を決めてきたチームです。あと80分あっても、守るなら守るわけです。

後半、30分までは圧倒的なゼルビアペース。ボールを渡すこともなくハーフラインの半分で試合を進めますが、シュートを打てません。打たせてもらえません。前節、ジェフリザーブス戦ではシュートを打ちまくったもののゴールを割れず、今回は精度を上げようと1本パスを入れに行くのですが、パスを出せば詰められて、カットされてシュートも打てず、攻めてはいるものの決定機まで至りません。パスを1本出せば、最大でも1本しかパスカットされないわけですが、100本パスを出せば100本パスカットされる可能性が出てくるわけで、結果的にはたくさんパスを出したからたくさんカットされて、シュートが打てずに終わってしまいました。

30分過ぎからはホンダロックペース。攻め疲れでしょう。攻めまくって得点できなければ、相手にもチャンスが回ってきます。攻め込まれて、「あっさり」追加点を取られて勝負あった。

印象的な場面がありました。ゴール前、三栗 寛士GKの前に深津康太選手が倒れてしまいます。足をけがしている深津康太選手はなかなか立ち上がれません。ゴール正面から相手選手がシュートの体制に。その前にゼルビアのDFが一人いたのですが、シュートに対して顔を背けて逃げてしまいました。それが、ホンダロックの、JFLのDFは体を投げ出してブロックにくるわけで、対照的なシーンでした。

誰とは言いませんが、調子の悪い、というか調子を出せない選手を、我慢して使いすぎでしょう。一人くらいなら我慢しているうちに良くなることもあると思いますが、5人も6人も我慢し続けていても、厳しいでしょうね。周りの選手が調子が悪いので、本人たちも自分の調子が悪いことに、危機感を感じてないように思われます。思い切って代えるしかないでしょう。実力の落ちる選手でも、意欲が高ければ良い結果を出すこともありますし、代えられたことで、いま出ている選手も気持ちを切り替えて、再び戦うこともできるように思われます。強いFWがほしいもわかりますが、その前に、今いる選手でできることはまだ残されているように感じられました。

合格点は酒井良、柳崎祥兵、金東秀くらい。深津康太はけがの影響で、100%はできないようです。

のこり19試合。目標は、15勝4敗。
[PR]
by abikozelvia | 2009-06-15 18:18

ジェフリザーブス戦

ジェフリザーブス戦

サッカーの記事を書くのは「難しいな」と思います。とあるブログ、プロのライターの書いているもので、なかなか良い文章で参考にしながら読んでいたのですが、ある試合の記事で愕然。「見方が違えばこうも評価が変わるものか」。あの試合、あの内容をそこまで評価できるのかと、びっくりしてしまいました。以前にも、アマチュアの方のブログですが、非常におもしろい文章で好んで読んでいたのですが、彼の応援するチームの記事になったとたんに冷静さが無くなり、きわめて主観的な記事になってしまい、がっくりしたことがあります。サッカーというのはどこかのチームを応援する気持ちがあると、冷静な記事は書けないものなんでしょうね。日本人読者を対象にしているなら、日本代表に肩入れして応援する身びいき記事でよいと思いますが、国内のチームのどこかにひいきが入ってしまうと、相手チームの読者もいますから、記事の評価は厳しくされそうです。

それだけサッカーというのは、曖昧でわかりにくい競技なのだと思います。ボールを支配していることと、相手ゴールに迫ることと、決定的場面を作り出すことと、結果としてゴールが決まること。それぞれの中に相関関係が、「無い」と言いたくなるのがサッカーです。1年を通して、何百何千の試合データを分析して統計を取れば、相関関係が出てくるのだと思いますけれど、1試合だけ見れば、無関係だといっても良いくらいに思えます。特に引き分けの試合ともなれば、どちらのチームを応援しているのかで見方は180度違ってしまうでしょう。いや、同じチームを応援していても、人によって評価は様々でしょう。そして、誰が正しいのかという基準はありません。評価基準は結果としてのゴールだけであり、ゴールなしのスコアレスドローともなれば、10点から90点までのどこの評価を下しても、間違っているとはいえないのでしょうね。


ということで、スコアレスドローに終わったジェフリザーブス戦。私の評価は、70点。

ジェフリザーブスは、現在3位と言うことをのぞいても、強いですね。練習を始めた段階から、ちょっと違いがありました。選手の体格もミニJ1と言う感じ。やはりJ1チームがセレクトした選手であり、J1の予備軍であり、身体的能力は高いなぁと感じさせるものがあります。そのチームに対して、前半もまずまずの戦いでしたし、後半は暑さに相手が止まったこともあるにしても、圧倒しました。昨年の関東リーグ時代を思わせるように、キープして攻め、カットして攻め、ピッチの向こう半分での時間が長く続きます。ただ、そこからゴールまでが遠かったという違いだけで。

最後の10分はお互いに疲れて、カウンター、カウンターの応酬。見ていておもしろい反面、どちらが勝ってもどちらが負けても、いつ点が入ってもおかしくない状況になりましたが、結局はスコアレスドローとなりました。

私は以前にも書きましたが、内容重視です。残り1試合になったら結果がすべて。しかし、この試合を終えてもまだ20試合も残っています。20試合を戦って良い結果を出すためには、内容が無くては無理でしょう。その内容が、ジェフリザーブス戦では大きく改善されました。三菱水島戦。琉球戦。正直、ひどかった。あの内容でJリーグなんて、とてもおこがましくていえたものではありません。しかし今回は良くなりました。三菱や琉球よりもジェフの方がぐっと良いプレーをしています。その相手を圧倒した内容は、大いに手応えを感じさせるものでした。この試合に限って言えば結果はついてきませんでしたが、この内容を20試合続けることができるのならば、結果も自ずとついてくるでしょう。これが90点の内容であれば、それを20試合続けることは難しいですが、まだまだ70点くらいだと思いますので、70点なら20試合続けることもできるでしょうし、80点、90点と点数を上げていくこともできるでしょう。気になるのは、「相手がよいプレーをしてくれたから、こちらも良いプレーができた」というケースもありがちなこと。相手がぼろぼろになると、こちらもつきあってぼろぼろのプレーをしてしまう。そういうことも、ありがちなこと。相手にかかわらず自分たちのプレーができてくれば、この先に手応えを感じさせるものがありました。

J1の人気クラブ同士の対戦ともなれば、試合の後では何千人もの人がブログ等で記事を書くでしょう。5-0くらいの試合だと内容の評価もおおむね定まってくるのでしょうが、0-0の試合での内容を評価させたら、おそらく千差万別、両チームサイドで、同じチームの中でも、こんなに違うのかと思うくらい評価は分かれるものでしょう。

それでも、私は良かったと思います。ジェフリザーブス戦。

「またも勝てなかった」結果ではありますが、勝ち点的にはさらに厳しくなりましたが、少し光が見えたかも。
[PR]
by abikozelvia | 2009-06-08 10:47

FC琉球戦

FC琉球戦

沖縄県は北谷陸上競技場で行われたFC琉球戦。セルビアのサポーターと応援観客、おそらく200人はいたようです。琉球の人もびっくりしていました。「いつもこんなに行くんですか」と聞かれましたが、まあ200人は多いですよね。おそらく平均的には数十人から50人程度までではないでしょうか。しかしこれがJリーグ、特にJ1ともなると、何百人から何千人もの人が応援に来るでしょうから、地域に対する経済効果もかなりです。今回応援に駆けつけた200人のうち、日帰りしたのは私くらいでしょうから(爆)、まあたいていの人が1泊はしたと考えると、宿泊、飲食、お土産、レンタカーなどで4~500万円は沖縄県に落としているのではないでしょうか。1000人くれば2~3千万になり、それが年間20試合もあれば、結構な経済効果です。もちろん地元の人も応援にかこつけて飲み食いしたりするわけですが、アウェイサボだけでもかなりの経済効果となるでしょう。

試合は1-1の引き分けでした。

立ち上がり、両チームとも手探りでのスタート。といえば聞こえはよいですが、いささか迫力に欠けた、両チームともに物足りない立ち上がりでした。そんな中でも次第にゼルビアペース、ゴールに迫る場面が多くなってきたのですが、ゴールに迫るもののゴールまでゆけません。外から攻めているばかりで、中に飛び込む選手がいません。こんなところがゼロトップと言われる部分でしょうか、攻めている割にゴールが近そうな雰囲気はありません。何となく45分が進んだ前半のロスタイム近く、ゴール前の混戦から、跳ね返ったボールを正面で受けた柳崎祥兵選手が、キーパーの動きをよく見てコントロールシュート。待望の先制点です。

ハーフタイムに監督から指摘されたのでしょう(想像)。後半はゴール正面に飛び込む選手が出てきて、ゴールか!! と思うシーンが3度くらいありましたが、合わなかったり、枠に飛ばなかったり、ラジバンダリ・・・

FC琉球はなかなか好印象でした。サポーターも整然と応援をしており、ちょっと町田に似た雰囲気も。全体に友好的でしたし(他チームが敵対的だと言うことではありません)、テレビの中継車が2台も出て、カメラはおそらく4台。マイクも4コーナーとゴール裏とベンチ横に置かれて、かなりの体制です。またオフィシャルパフォーマー、琉球ボンバーズの女子がかわいいです。一番のお姉さんチームはちょっと大人向けのダンスまで繰り広げてくれました。琉球ボンバーズのメンバーもかわいかったですし、空港などの売店の女の子もかわいいですね。沖縄はかわいいです。FC琉球に乗り換えようか・・・などとは、思いませんでしたよ、もちろん。もちろんゼルビア一筋です・・・が、かわいかったな(笑い)。

ただ、FC琉球、肝心のチームの方は、永井選手がけがで離脱し、主力メンバーが出場停止になっているとはいえ、冴えません。バックスでパスを回し始めると、ゼルビアのプレスを受けて前に出せなくなってしまうような場面が何度もありました。フルメンバーではないとはいえ、現在の順位に納得がゆく程度のパフォーマンスで、支援体制がすごいのに比べて、物足りないかなと思わせます。

そのチームに同点に追いつかれてしまうのですから、ゼルビアの方も、、、ということです。守りの粘り、「ここで一点を防ぐ」という課題が、未解決のままです。点が取れないのは、まあそういうこともあるでしょう。それでいて守備が淡泊であれば、ゼルビアも今の順位がそれなりと言うことです。

13節を終了して現在11位で勝ち点が16(12位のVファーレン長崎は消化が1試合少ない)。J2昇格ラインである4位を勝ち点60と仮定するならば、のこり21試合で勝ち点44が必要です。14勝2分5敗以上の成績が求められる計算です。もちろん4位のラインは上下します。62~63必要になるかもしれませんし、58くらいですむかもしれませんが、55以下まで下がる可能性は少ないでしょう。

金東秀選手がスタメンでフル出場、久しぶりに柏木翔一選手が登場し、大前博行選手も初出場を果たしました。しかし今日もまた交代は二人までで、枠を残したままで終了しています。使う選手がいないのだといってしまえばそれまでですが・・・
[PR]
by abikozelvia | 2009-06-01 13:22