レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第21節(後期第4節) FC町田ゼルビア 3-0 HondaFC

どこかのブログに「勝ったときは更新が早い」などという記述があったように思いますが、わかりますね、気を遣わず素直に書けますから(笑い)。

快勝です。夢(希望)としては思い描いていたものの、Jの門番にしてJリーグ以上と言われるHondaFC相手に、こんな完璧な勝利を勝ち得るとは。正直、試合前に「本音の予想は」と問われれば、もう少し僅差の回答をしていたことは間違いないでしょう。

点差以上に、内容が圧倒的でした。立ち上がりこそ互角かなと思えたのですが、数分で(たぶん)柳崎祥兵選手が口火を切るシュート。「出だしにシュートを打った試合はよい」というジンクスが、そのまま表れる展開となりました。その後はゼルビアが圧倒的な攻撃。たまに攻め込まれるものの、7割8割はHondaFC陣内で攻撃が持続します。先制点は蒲原達也選手が左から持ち込んでセンターへ。これを山腰泰博選手がしっかり合わせて、相手GKも手の出しようがありませんでした。前半1-0で折り返すと、後半も猛攻を続けますが、75分頃からHondaFCが前がかりになってきます。唯一危なかったのがこのときで、ゴール正面、左からクロスにシュートを打たれて修行智仁選手反応するも手が届かず・・・ボールは枠をそれて、助かりました。80分には再び蒲原達也選手から山腰泰博選手へ渡って2-0。さらにロスタイムには、強引なHondaFCの裏をとって飯塚亮選手がとどめの3点目。前期の立ち上がり、4連敗したときにゼルビアがやられていたことを、裏返しにしたようなラストでした。といっても、JFL新参で勝又慶典選手を欠いてばたばたしていたゼルビアと、JFLの古参にして強豪、あのHondaFCがまさかこんな敗戦を喫するとは、同じような終わり方でも、内容の評価には大差があるでしょう。

と、ほめたところで点数をつければ、辛く言って80点。甘く言って85点でしょうか。こんな完璧な試合で100点じゃないの? いやいや、問題はまだまだあります。まず、前半1-0でしたが、悪くても2-0、無理なく3-0。100点がほしければ4-0くらいでも良いような、決定的場面が3~4回はありました。GKが反応できないような条件を作りながら、枠へ飛ばずに1点のみでしたから、100点はつけられません。終盤HondaFCが前がかりになってきましたけれど、前半で3-0にしておけば、それすら許さなかったでしょう。それが可能なくらい、決定的な場面はあったと言うことです。

そして次の問題点は、相変わらずカードが多いこと。カードを1枚もらうと言うことは、2枚もらうまでにリーチがかかると言うことで、10人になってしまったら、3-0がどう変わったか、考えたくもありません。厳しいことに柳崎祥兵選手、酒井良選手がカードをもらい、次節は累積で出場停止になると思われます。(2度目の累積なので2試合の停止かと思われる)中川勇人選手とともに主力を欠いて、不安材料を残してしまいました。HondaFCの作成した資料によると(全選手の出場状況など細かい資料を配付してくれており、さすがHondaFCでした。このあたりはゼルビアとは大差があります)、フェアプレーポイント(カードや退場の数などできまり、少ないほど良い)でゼルビアは20節終了時点まででワースト2位です。17位と言うことです。ワーストダントツ1位はFC琉球(74P)ですが、ゼルビアもそれに続いて(58P)おり、フェアプレーポイントが80に達すると罰金20万円をJFLに徴収されるのですが、このままゆけばかなりの確率で罰金ラインに到達しそうです。110Pになると40万円の罰金です。もちろんお金だけのことではなく、「でれない」のですから試合結果にも響いてくるわけで、厳しいことになります。

この二つのことを考えれば、やはり80点か85点かしかつけられず、100点にはまだまだ届きません。

個別のプレーでは印象に残る場面がいくつもありました。後半の80分頃でしょうか、HondaFCがどどっと攻めてきて、ゼルビアが相手最終ラインの後ろに蹴り出して、時間とスペースを回復させる場面があったのですが、無人のピッチに転がるボールを、HondaFCの選手とともに猛然と追いかけてゆくゼルビアの選手がいました。最初は誰だかわかりませんでしたが、望遠で見ると、なんと石堂和人選手でした。こんな献身的な走りをする選手だったのか? 見たことがあったか、無かったか。まあ、ここ数年はリーグではダントツで、追い込まれる場面もなかったのでで、記憶に無かっただけかもしれませんが、驚きましたし、うれしくもありました。自分勝手で強かった石堂和人選手が、優しくなって弱くなりました。しかし、強さが戻ってくると同時に、優しさが強さとなって加われば、これはすごい選手になりますね。Jリーグにいっても間違いなく活躍できる選手になるでしょう。石堂和人選手に強さはあるのか、怖さはあるのか。そして加えて、優しさが強さとなって献身的プレーとして表れてくるのか。今後ゼルビアの試合を見るときには、大きな注目点となるはずです。

もしもあなたがゼルビアを語ろうと思うなら、これを見逃しては語れませんよ。

もう一つ、印象に残ったのは津田和樹選手の突破力です。後半の20分くらいまで、バックスタンド側中央で撮影していたのですが、目の前を津田和樹選手が、2度、3度と突破してゆきました。その走りのスピードには驚きました。

こんなに早かった?

もう津田和樹選手を見て5年くらいになりますが、ここまでの早さは初めて見たような気がします。実は、前節のガイナーレ鳥取でも津田和樹選手の走りは違ってきて、書こうかなと思っていて、割愛してしまったのですが、今回は目の前だっただけに印象的でした。本人に聞いてみたところ、「あそこで走ることで見方を休ませることができるから、今までの相手(関東リーグ等)はそんなに強くなかったので、ゆっくり味方があがってくるのを待っていても良かったが、(JFLは強いので)走ることで味方を休ませている」とのことでした。なるほどと思いましたが、そのためか、突破した後では、最後の場面でやや息切れしているような様子も感じられました。その辺は「今までやってこなかったから」体力不足なのでしょう。突破した後、最後にもう一仕事できれば、Jリーグばりばり級、すごい戦力といえるでしょう。単なる走りではなく、津田和樹選手がどれくらいのスピードで走り、その後でどんな仕事をしているのか。これも今後のゼルビア観戦の中では、注視して観察し、語るべき大きなポイントと思います。

キックでは、大前博行選手から、右から左へ低いロングボールが出て、蒲原達也選手が食らいついてゆく場面がありしまた。蒲原達也選手もよく追いついたなと思う鋭いキックでしたが、大前博行選手のああいうキックは初めて見たように思います。大前博行選手がスタメンで登場して4試合、4連勝です。まさに、遅れてきたラッキーボーイ、28歳のチャレンジャーですが、1試合ごとにひとつずつ、進化しているようです。当てて出せば良いところをキープにいったり、まだ周りからアドバイスを受ける場面も多いようですが、大きな潤滑油となって貢献しています。1試合で一つ成長できるなら、彼もまたシーズン終了後にはJリーグで戦える選手となっているかもしれません。

その逆の場面で、石堂和人選手から交代で投入された金東秀選手へ、左から右のキックが2度出たのですが、まるで合いませんでした。蒲原達也選手でしたらあそこに走っていると思いますが、金東秀選手とのコンビネーションはずれていました。金東秀選手は山腰泰博選手に代わり投入されており、守備的な貢献の方を求められていたと思いますので、サイドに走るより中を固めにいっていたのかもしれません。2度外しましたが、これは石堂和人選手も金東秀選手も、それぞれには悪くないように思います。ただ、考えていることがずれていただけで、状況によってどう判断するのか、次第に改善される事柄でしょう。

最後に感じられたのは、「左サイドが機能し始めた」ことです。津田和樹、石堂和人、蒲原達也、柳崎祥兵、連動した一体としての動きが感じられ、足し算からかけ算に変化してきています。主力を欠いて苦しい次節MIOびわこ草津戦ですが、どんな算術が展開されるのか、観戦ではなく観察してみたい試合となるでしょう。

楽しみです。

この日の観客動員は650人くらいだったと思われますが、少なくても300人、ひょっとすると350人は、ゼルビアサイドでした。試合内容ともに、観客動員でもアウェイであることを考えれば圧勝でした。しかし、大切なのはホームです。ゼルビアがJリーグに昇格するためには、順位とともに観客動員平均3千人という縛りもあります。平均3千に達するには、残りのホームゲームで平均4,500人が必要です。実は前節の3,800人ではまだ足りず、ゼルビア新記録ではありましたが、観客動員の累積赤字は加算されてしまいました。チームは勝ち始めました。次は、市民が立ち上がらねば、Jリーグはやってこないのです。
[PR]
by abikozelvia | 2009-07-27 11:35
第20節 1-0 ガイナーレ鳥取

今回はチーム事情で、データをメディアごと渡してきたため、画像がありません。そのため、テキストの更新から進めることになりました。

立ち上がり、5分くらいでしょうか。蒲原達也選手のシュートから始まりました。惜しくも枠を少し外れましたが、立ち上がりにシュートを打っていったときは良いですね。いきなりゴールなら最高ですが、とりあえずシュートで始まったときには、良い結果が多いような気がしています。

この日も10分過ぎでしたか、石堂和人選手のCKに森川宏雄選手が合わせて、今期初得点です。昨年は強力な武器だったこのパターンが、やっと出てきました。森川宏雄選手、今年はいろいろと考えて、狙って打っていたらしいのですが、入らないので思い切って打ったら入ったとのことでした。まあ、森ちゃんの長所はフィジカルですから、どこを狙うかではなく、人より高く飛んで人より強く打つ。それにつきるでしょう。この黄金コンビで(石堂選手がこの呼び名に納得するのかどうかは不明ですが)さい先良く先制点です。その後もゼルビアが攻めて決定的場面を作り出しますが、枠を捉えきれません。しかし、確実に追加点をとれる雰囲気は漂わせていました。

ガイナーレは、出だしから動きがよくありません。何か、事故渋滞に巻き込まれたとかで、野津田についたのは12:00過ぎでした。一応アップはできましたけれど、どうだったのでしょうか。事故渋滞? まさか鳥取から当日バス移動ではないとは、思いますが?

後半は大量得点が期待される、と思っていたのですが、ところがゼルビアも後半は動きが悪くなってしまいます。疲労なのか、メンタルなのか。ガイナーレに攻め込まれる場面も多く、修行智仁選手のファインセーブに救われるところが何度もありました。修行智仁選手は、これで5度目の1-0勝ちです。0-0を含めて、6回の完封です。ここまでゼルビアは20試合で8勝7敗5分けですが、修行智仁選手は16試合で5回の1-0勝ちをとっています。いくらサッカーでも1-0はそうそう無いですが、この1-0率はすごいです。完封がすごいのか、1点しかとれないのが問題なのかは別にして、すごいです。しかし今後は、2-0か3-0か4-0か、あるいはそれ以上の得点差を期待したいと思います。ま、1-0は、そんなに増やさなくても・・

後半の20分過ぎ、大前博行選手に代わって金東秀選手が投入されました。大前博行選手はここ2試合、裏をとる動きでチャンスに顔を出して良かったのですが、この日のように他の選手の動きが止まってしまうと、大前選手がゆかないのでボールにゆく選手が遅れてしまう状況だったと思います。それを打開するための金東秀選手の投入は、効果的でした。大前選手、今日のような状況になったときは、がむしゃらにボールに突っ込んでいく方が貢献できたのかなと思われます。どうでしょうか。その後、蒲原達也選手に代わって飯塚亮選手、最後に柳崎祥兵選手に代わって李成浩選手が投入されました。残念なことに柳崎祥兵選手は、これで全試合フルタイム出場が途切れてしまいましたが、かなり疲れた感じもありましたから、やむを得なかったのかと思います。他の選手の分までボールにアタックしていた結果だと思いますし、フル出場が途切れるほどアタックしていたのですから、むしろ名誉の交代といえるものです。

これで10位。4位のガイナーレとの勝ち点差は4ですが、得失点で大きく差があるので、実質は勝ち点5を上乗せしなくてはなりません。4位から13位のホンダロックまで、勝ち点5の中に10チームがひしめいていますから、わずか5ですが、簡単には上にゆけません。勝ち点3をとって1つ順位が上がるかどうか。逆に1つ負ければ3つか4つ、順位を下げてしまうこともあるでしょう。ひたすら連勝するしかない厳しい戦いが、まだまだ続きます。

中川勇人選手が、遅延行為でカードをもらい、次節HondaFC戦は出場停止です。代わりに出る選手の、より以上の奮起を期待しましょう。



おまけ
試合後のヒーローインタビュー。記者から「どんなことを考えてピッチに入っていましたか」と森川宏雄選手に質問が飛んだときは、おもわず(^^;)。森川宏雄選手に何を考えていたのかと質問するようでは、取材にきていても、まだまだゼルビア素人ですね、彼は。(笑い)
[PR]
by abikozelvia | 2009-07-19 22:23

第19節 4-1 流通経済大学

第19節 4-1 流通経済大学

まずは反省から入りたいと思います。危ない試合だったといえるでしょう。悪い立ち上がりではなく、まあまあ互角の前半でしたが、35分に失点してしまいます。クロスに流れたボールを至近距離からあいているところに蹴り込まれてしまいます。いくら何でもあれはキーパーでは止められません。DFが体を張って行くところです。あのときだけを見れば、ポジション的にはそれができない状況ではありましたが、体を張って行く気があれば、あの位置にだれかいただろうと思います。誰もいなかったのは、気迫不足もあるのではないかなと。

相手が大学生ですから、得点した後も同じサッカーを続けてくれましたが、がちがちに守りを固めてしまう相手であれば、そのまま0-1で敗戦だったかもしれません。ホンダロックは10分に得点すると、即座に時間稼ぎと守備に入ってきました。「まさか80分も」と思っていたのですが、守りきられて、追加点も取られて、完敗してしまいました。同じように、あの1点で終わっていた可能性は十分あります。

ゼルビアに先立って、土曜日に横河武蔵野 1-0 TDK SCの試合を見てきました。得点シーンは、横河の選手と交錯したGKが倒れているところを無人のゴールに蹴り込まれたものです。他の場面では、些細なことで止めていた審判が、なぜあの場面だけは流したのか。流して悪い場面ではないとは思いますが、他の場面ではどんどん止めていただけに、比較すれば疑問の残る判定でした。ま、それはそれとして、後半TDK SCが猛攻をかけるのですが、カウンターをとられ、ゴール正面で横河の選手がフリーでボールを持ってしまいます。シュートが枠に飛べば決まるだろうと思われる状況で、左右からTDK SCの選手が飛び込んできて、シュートを打ち損なってGKがセーブしてしまいました。飛び込んできた二人の選手は交錯して、ともに痛んでしまいましたけれど、そこまでのリスクを冒しても、あきらめずに飛び込んでいく、そういう守備が、ゼルビアにはかけているように思います。似たような場面では、前半戦で半田武嗣選手が同じように飛び込んでシュートをブロックした場面がありましたが、そのように名前があがる程度の、珍しい守備になってしまっているといえるでしょう。前節の佐川印刷戦でもPKが決まっていればそのまま終わってしまった可能性もあり、この2試合が連敗でも全く不思議はありません。前期はそのようにして連敗してきたのであり、後期はツキが変わって連勝できている部分もあるわけで、ならせば公平だともいえますが、それでは4位に向かってまだ足りません。ツキではなくて、1点を防ぎきる守備。DFの奮起が必須です。

さらに同点になった後も、酒井良選手がエキサイトして、あわやレッドかと思われる場面となりました。4-1の後だったらよいですが、同点でしたから、そこで10人になってしまえば、今期のゼルビアは終わってしまったかもしれません。危ないところでした。

流経の攻撃力はさすがで、後半は圧倒していたものの、あわやという場面も幾度となくありましたが、修行智仁GKの好セーブが光りました。彼のファインプレーがなければ、4点とれていたとしても、2~3点は取られていておかしくなかったところです。

と厳しいことから書き始めましたが、確実に上昇してきてはいるものの、ツキに恵まれての連勝であることも確かです。不運で連敗してきたところを取り返しているわけですが、ツキで勝っているのではいつ崩れるかわかりません。この上昇ムード(ムードだけではなく確実に良くなっていますけれど)を、星勘定につなげていくためには、DF陣の奮起しかないでしょう。これから4位に入れるとするならば、そこは避けて通れない部分だと思います。


さて、よかったところは、何しろ4点取りました。久しぶりです。JFLでは初めてです。山腰泰博のゴールで同点。点を取って、いよいよ復活してくれるでしょう。今やチーム大黒柱、柳崎祥兵が勝ち越しと追加点。チーム得点王で6点目です。さらに蒲原達也が2試合連続のゴール。前半戦は徹底的にゴールに嫌われましたが、こちらも取り戻してくれそうです。ボランチの先発は金東秀と大前博行。後半から金東秀に代えて石堂和人を投入しました。金東秀もけして悪くありませんでしたが、先週痛めた不安もあるのでしょうね。また、石堂和人も怖さを取り戻しています。先週と同じく、後半から出てきた石堂和人は、優しさをけして怖さを取り戻しています。左から右へ、蒲原達也にむけて斜めのロングボールを蹴っていく場面があり、蒲原達也は追いつけなかったのですが、石堂和人らしくてよかったですね。前半戦では、追いつけるように蹴って、相手に追いつかれていたのですが、以前のような思い切ったキックが戻ってきています。さらにその後、山腰泰博に代えて飯塚亮、酒井良に代えて大江勇詞と、積極的な投入が功を奏していたと思います。

これで11位。4位までの勝ち点差は6ですが、得失点でマイナスしているので、実質は勝ち点7が必要です。得失点のマイナスを考えますと、2-1や3-1ではなく4-1であったことは価値がありますし、4-2や4-3ではなく4-1で押さえたことも価値があります。もちろん勝ち点優先ですが、混戦のJFLだけに得失点もとれるところはとっておき、押さえるところは押さえておかないと、最後に1点に泣くことも十分考えられる状況です。勝ち点差6といっても、4位のチームを含めて7チーム抜かないといけません。上のチームは当然勝つ率が高いわけですから、これか先は容易なことではあがりません。勝ち点3をとって1つあがり、負ければ2つ、3つ下がるということになるでしょう。勝ち続ける意外に道はありません。

同時にホームの観客動員も、今後は平均4,500人が必要です。どんなに詰め込んでも6千人入れるかどうかと言う野津田。こちらは取り戻せない状況が近づいています。7月19日は、ガイナーレ鳥取をホームに迎えての一戦。町田倍増計画として6千人の動員を目指していますが、この試合だけではなく、今後の試合すべてに倍増が必要であることを忘れてはなりません。

うれしいのは、鶴川の駅から直行の無料シャトルバスが出るようになったことです。アクセスはぐっと良くなりましたので、是非、鶴川駅から野津田へ向かっていただきたいと思います。
[PR]
by abikozelvia | 2009-07-13 18:25

18節 1-0 佐川印刷


立ち上がり直後、柳崎祥兵の積極的なシュートがゴールの上をわずかに越えてゆきます。そして数分後にはなたれた、初スタメン大前博行のヘディングシュートも、わずかに枠を捉えられませんでした。

惜しいチャンスを逃したものの、序盤からのゼルビアペースは今までと違うものがあり、やっと復活したのかという期待を抱かせる立ち上がりとなりした。その後も良いリズムは崩れることなく、佐川印刷の反撃もあるものの終始ゼルビアペース。自分たちのサッカーを貫こうとする姿勢が表れていました。

ところが、カウンターからの反撃を止めに入ったところ、PKをとられてしまいます。GKは4試合ぶりに復帰した修行智仁。キックはグラウンダーで右隅へ、修行智仁もよく読んで飛びつきますが・・・、わずかに枠を外してPKならず。この日唯一、最大にして決定的なピンチでした。ここで一点取られていたならば、そのまま守りきられてしまった可能性もきわめて大きいと言わざるを得ないでしょう。あってはならないミスでした。

度重なるシュートもGKの好セーブなどに阻まれて得点できません。そして、前半途中では、金東秀が足首を蹴られたらしく、一度退場して復帰しますが、ハーフタイムに石堂和人と交代してしまいます。ここ数試合の中ではもっとも動きの良い一人で、柳崎祥兵、酒井良とともにゼルビアを支える一人だっただけに、大変心配です。

今期初めて、いや、ゼルビアへきて以来あったでしょうか、スタメンを外れた石堂和人ですが、さすがに後半からの出場に、意気込みが違っていました。印象的なのは、ラストのロスタイム近く、リードしている場面で、明らかにキープして時間を稼ぐだろうと思われた状況で、シュートを放ってゆきました。シュートできるなという場面でもなく、それほど近いわけでなく、結局相手にブロックされてすぐにはじかれてしまいましたが、その積極性には驚きました。その場面だけを見れば、選択は間違いでしょう。前節までの石堂和人なら間違いなくキープしていましたし、あるいは安全なところにパスを出していたはずです。それがシュートを打っていくとは、予想もしていませんでしたし、驚きましたし、結果的には相手にボールが渡ってしまいましたが、石堂和人の強さ、荒々しさの復活を感じさせて、うれしく感じました。今期の石堂和人は優しさが弱さになっていましたが、スタメンを外されたことで、復活の兆しを感じさせた場面でした。ほかにも、危機感を持たせるべき選手がいるかと思います。

石堂和人に代わってスタメンに入った大前博行も、開始直後のヘディングを始め頭で競る場面も幾度もあり、石堂和人にはないプレーを見せていました。彼が声を荒げている場面など見たことがありませんでしたが、かなりのファイトを見せており、その点も石堂和人にない魅力でしょう。もちろん石堂和人の力は誰もが認めるところ。必要な選手であることは大前提ですが、金東秀をふくめて、タイプの違う使える選手が増えたことは、大歓迎です。後期、大前博行には、がんばってアピールし続けてほしいものです。

さて試合の方は、打っても打っても決まらないのですが、自分たちのサッカーを崩さず続けたゼルビアが、とうとう蒲原達也のゴールで1点を先制します。ゴールに嫌われ続けた蒲原達也ですが、これで吹っ切れてくれるでしょう。その後も、守りに入るわけでもなく、カウンターをとられるわけでもなく、終了までそのままのサッカーを続けています。理想的でしょう。ポゼッションサッカーで点を取り、ポゼッションサッカーで守る。点は1-0でしたが、良いゲームができたと思います。

後期の開幕戦も、前期と同じく佐川印刷でした。同じ開幕戦としてみると、佐川印刷はだいぶサッカーが崩れている感じがします。春の開幕は、どのチームも目指すサッカーに組み立てをし、2月から練習してきた成果を出そうとするわけです。いわばポゼッションとポゼッションの戦いのような部分があるわけですが、17試合を戦う中で、けが人も出て、累積もあり、疲労も重なり、次第組み立てられたサッカーから力のサッカーへと、変化が出てきているのではないかと思います。ただし、佐川印刷は波の大きい戦いをしているので、「たまたま」組み立てが悪かったのかもしれません。開幕5試合で1分け4敗。それが次の5試合は3勝1敗1分け。その次は5連勝。ところがその後連敗して、ゼルビアに負けて3連敗です。大波の下に当たっていただけで、こんな見方はうがちすぎなのかもしれませんけれど。

それでも、特にこれからの夏は、どこのチームも力で押してくるような予感がします。違うのは、HondaFCやSAGAWA SHIGA FCなど、JFLの中で良いサッカーを目指すチームと、流通経済大学やジェフリザーブスなど、別の目標のあるチームでしょう。そのあたりはそう簡単に崩れたサッカーはしないと思うのですが、全般的には、組み立てるサッカーから力のサッカーへの変化を予感させるものがありました。

幸か不幸か、ゼルビアは前半の出だしでサッカーが崩れてしまいました。それを立て直そうとする前半戦だったわけで、やっと立ち直ってきて後半に入るわけです。こういう机上の論理は、ピッチで通用しないことも多々あるわけですが、一条の光を見いだした感もあるわけです。

気になるのは、今回も、交代選手が実質ゼロなこと。石堂和人は金東秀のけがで、ハーフタイムからの交代でした。けがをしていなければ、交代したかどうかわかりません。李成浩はロスタイムの時間稼ぎ。ゲーム上の交代はありませんでした。疲労も累積してくる夏場に向かい、もう少し選手を使い回さないと、気にかかる部分はあります。

さて、次節は流通経済大学です。上で述べているように、学生のセカンドチームである流通経済大学は、試合の組み立て、サッカーがうまくなることを目指して練習してきているはず。2年生中心と言うこともあって、かなり伸びているようです。ここへ来て強豪チームを破っていますし、次第に成果が現れてきているチームでしょう。今後上位へ進出してくる可能性の大きいチームだと思います。今季初の連勝を目指すゼルビア。果たして立ち直ったのかどうか、注目です。
[PR]
by abikozelvia | 2009-07-06 12:43