レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia

<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

退団選手

2009/12/26 退団選手

退団選手が発表になりました。
山崎祐輔
ヘディングに強く、終盤ほおりこまれるたまをことごとくはじき返していたCB。確かに繊細なラインの上げ下げなどは得意としていなかったかもしれませんが、今期の終盤、ゼルビアがぼろぼろになって守っていたときなどは、彼が入ればまた違う展開もあり得たのかもしれません。もっともあのときは、それだけでは防ぎきれないものだったかもしれません。ほおりこむと言っても、相手の攻撃もレベルが高かったから。関東リーグからお世話になった選手であり、今期いまいちでしたが、残念です。

中川勇人
意外でした。全く予想外で、てっきり残留するとばかり思っていました。おそらく戸塚哲也監督は、ボランチで使えないからと苦肉の策でCBにコンバートしたのだと思いますが、それが当たって強固なディフェンスに貢献する主力選手となりました。ただファウルが多くて、退場や累積がかさんだのはいけませんが、当然残留すると思っていた選手です。戸塚イズムから相馬イズムへの転換の一つなのでしょうか。

柏木翔一
FWととして、勝又慶典や御給匠と比較すると見劣りはしましたが、活躍の場はあったかもしれません。今期の終わり頃、終盤に攻め込まれたとき、御給匠をトップにおいてロングボールでカウンターを狙いましたが、御給匠にロングボールを出したのでは相手のDFが数人戻るだけになってしまいます。しかし柏木翔一を投入して、ドリブルでもってあがらせれば、そのときには相手は全体に下がります。それだけ時間を稼いで、相手反撃の機会を減らすことが出来ます。リードしたときの終盤戦では、まだ使える選手だったように思います。

森川宏雄
フィジカルは抜群でしたが、ボール扱いと、ハートがもう一つでしたか。今期の前半は、はっきり言ってミスを恐れるだけの、取り柄のない選手だと思いました。戸塚哲也監督がなぜ使うのか、理解に苦しむ選手でしたけれども、後半スタメンを外されて、そして復帰してからの3試合は、また以前のように攻撃的な気持ちを取り戻して、良い働きをしてくれたと思います。前期の森川宏雄選手なら戦力外ですが、復帰してからの森川宏雄ならまだまだ、戦力として考えられる要素はあったと思います。

金東秀
抜群のセンスを感じさせましたが、今ひとつ集中力に欠ける点があったように思います。ゼルビアに溶け込むに、今ひとつというところがあったのでしょうか。戸塚哲也監督の呼んできた選手なので、監督退団とともに退団かなぁとは思っていましたが、集中力を出せればまだまだ、これからもやれる選手だと思います。

李成浩
津田和樹選手が怪我の時に使われていましたが、役割は果たしていたと思います。突破力と言ったところで今ひとつだったのかもしれません。と同時に、彼もまた戸塚色一掃の一つなのかもしれません。

大江勇詞
彼の退団も意外でしたが、やはり戸塚監督が呼んできた選手だからでしょうか。上手いけれども弱い選手という印象です。かなりハードな環境に移籍するという噂を聞きました。彼の退団は、個人的にはとても残念ですが、噂通りなら、彼にとってはよいチャンスもかしれません。そこで生き延びられれば、強さが備わって、大きく成長できるかもしれません。がんばってほしいと思います。

疋田大和
東京都大学リーグからのテスト生で入団して、採用された選手です。ただ、入るときの意気込みは、入ってから後で、周りに引け目を感じているところがあったかもしれません。もっとがつがつと、雑草の用に生き延びてほしかった。やっぱりだめかと言ってしまえば簡単ですが、彼を育てられなかったゼルビア、今後に残された課題の象徴かもしれません。

吉田智尚
良い選手だと思ったのですが、ゴールに嫌われてました。練習試合などでは良いシュートを打つのですが、なかなか決まらない。素直すぎたのでしょうか。ただあまり破綻を来すことはない選手だと思いましたから、終盤にけが人続出の時にはチャンスを与えても良かった選手だと思っています。残念でした。

三栗 寛士
彼には思い出があります。サッカースクールで、突然小学生相手のGKをまかされ、素手でシュートを受けていたことがあります。いくらゴリラ・・・あ、いや、ゴリコーチといえども、素手でシュートは平気なのかと心配しましたが、「平気です、平気です」とシュートを受けていました。やっぱりゴリラだから・・・あ、いや、ゴリコーチはすごいのかなぁと思った記憶があります。
それから数ヶ月後、私も下手ながら運動不足解消にフットサルに参加したりしているのですが、順番でGKを任されました。そのとき、強いシュートが飛んできて、偶然にも掌底部で受け止めたことがあり、そのときにはっと気がつきました。強いシュートも掌底で受ければ平気なのだと。そういえば、あのときのゴリコーチは、掌底部でうけて、それも正面からではなくシュートの弾道を変えるように横にそらすように受けていました。なるほど、そうすれば、強いシュートも受けられるのだなと。
これからフットサルでGKをやるたびに、ゴリラ・・・あ、いやゴリコーチのことは、思い出すことでしょう。

御給匠
もうびっくりです。金額が折り合わなかったのでしょうか。一度満了して、また入団するのでしょうか。まさか退団するとは。相馬監督の目にかなわなかったのでしょうか。だとすれば、いまから不安がよぎります。彼以上のFWが入るのでしょうか。かなり疑問です。もちろん、勝又慶典、山腰泰博が健在で、1年間累積も退場も怪我もなく働いてくれれば、十分まかなえるとは思いますが、そうゆかないことは想像に難くありません。もし相馬監督が御給匠をいらないと考えたとすれば、不安です。一度退団して、また入団と言うことであってほしいと願いますが・・・

ブルーノ・カスタニュエイラ
才能は大いに感じさせます。ゼルビアの選手にない、シュートのタイミングの早さがあり、これがJ1で採用される選手なのだと思いました。ただ、おっとりしています。ハングリーでない。もっともっとハングリーで、がつがつと試合をしていたら、もっと伸びて、良い選手になると思うのですが、良いやつ過ぎるのかなと思います。
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-27 00:04

ツエーゲン金沢、JFL昇格

2009/12/19 ツエーゲン金沢、JFL昇格

JFL 地域リーグ入れ替え戦
第一試合 ツエーゲン金沢 1-0 FC刈谷
第二試合 FC刈谷 1-1 ツエーゲン金沢

トータル2-1で、ツエーゲン金沢がJFL昇格です。おめでとうございます。

ま、中立の立場ですから、どちらを応援したわけでもありませんが、いつも言うように、近いほう歓迎です(^^;)。今回だと刈谷の方が近いですね。刈谷だと300kmくらい。金沢だと500kmくらいあります。結構遠い。しかし刈谷の町は、今年行ってみてあまりおもしろくなかったものですから、試合ついでの観光&写真撮影には、金沢の方が良いかなぁ。

でも遠いです。車で行くか、電車で行くか、飛行機で行くか、小田急トラベルで行くか・・・。選択肢は多いので、よいでしょ。

今年と比較して来年は、北九州と岡山と刈谷が抜けて、栃木と松本と金沢が加わりました。3つトータルだと、1,000kmくらい移動距離は少なくてすみそうです(^^)

ツエーゲン金沢は、前半守って後半攻める戦術のようです。今年のゼルビアが苦手としたタイプかもしれませんが、来年は関係ありません。どんなタイプだろうと、いけるでしょ、行かねば、行くしかありません。

勝又慶典と御給匠が(残るんだろうね?)開幕からきちんと試合に出てくれれば、二人でプラス10点ずつ、合計20点は余分に取ってくれるでしょう。得失点差が今年はプラス8でしたが、来年は+28。勝点も10加えて64。と、今から計算していますが、控えめでしょ、この計算(^^;)



シーズン終わったばかりですが、もう来年が楽しみです。
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-19 20:38

入退団などいろいろ

ゼルビア写真展。小田急デパート町田店9Fエレベーターホール前にて開催中です。
あす18日は13:00から(平日の13:00からで人が来るでしょうか?)勝又慶典選手のサイン会があります。Jリーグにあがれば、平日じゃなくて土日のサイン会になるのかな?

さて、JFL閉幕から3週間。選手の入退団などいろいろと動きが出ています。私は他チームの選手について、あれこれと語れるほど詳しくありませんので、引退や退団が発表、もしくは自身で発言している選手から、今期得点をあげた選手だけを拾ってみました。

SAGAWA SHIGA FC
108 榎本 周平 SAGAWA SHIGA FC 2

横河武蔵野FC
152 金子 剛 横河武蔵野FC 1

MIOびわこ草津
152 高橋 昌大 MIOびわこ草津 1
152 金 正訓 MIOびわこ草津 1
152 内林 広高 MIOびわこ草津 1

佐川印刷SC
13 町中 大輔 佐川印刷SC 9
76 東 純一郎 佐川印刷SC 3
108 白井 脩平 佐川印刷SC 2
152 松岡 真吾 佐川印刷SC 1

ジェフリザーブズ
76 山中 誠晃 ジェフリザーブズ 3
108 乾 達朗 ジェフリザーブズ 2

アルテ高崎
58 大越 崇司 アルテ高崎 4
152 川勾 邦明 アルテ高崎 1

FC琉球
20 原賀 啓輔 FC琉球 8

目につくのは佐川印刷の町中選手。9点は大きいですねぇ。引退と言うことなので、仕方ありませんが。また自身のblogでの発言では、琉球の原賀選手が退団とか。琉球では主力だったと思いますので、痛いでしょう。

また来期からJFLに参加する松本山雅FCでは、
DF 金澤慶一選手
DF 寄居憲選手
MF 三本菅崇選手
DF 石川航平選手
FW 栗山裕貴選手
GK 信藤健太選手

の退団が発表されています。金澤選手とか栗山選手などは、どうなんでしょ、出ていたような。また印象的のは三本菅選手の退団。DFからMFでヘディングの強い選手という印象です。実は昨年の地域決勝大会、山雅の試合を見て、もし出てきたら怖い、要注意だと思ったのが三本菅選手。記憶にある選手が退団してしまうのは、残念ですね。
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-17 22:48

セレクション

新年度に向けてのセレクションです。
昨日は寒い曇り空でしたが
f0204916_19342726.jpg


一転して今日は暖かい日差しの好天となりました。
f0204916_1935268.jpg


応募者は140名にもなるとか。今日の二次セレクションではさらに厳選された40名ほどの参加となりました。

厳しいです。合格するのはたぶん数名。数パーセントの合格率しかありません。超難関です。

私などは見ていてもどの選手がよいのかさっぱりわかりません。何年見ていてもわからず、みんなよく見えてしまいますが、その中から柳崎祥兵や勝又慶典、山腰泰博など金の卵を掘り出すのですから、やはり専門家の目はすごいなぁと思います。



今日は超豪華なボールボーイたちでした。そのうち、ジュニアユースやユースの試合で、トップの選手がボールボーイを行うなどという企画も、面白いかもしれませんね。

f0204916_1939817.jpg


f0204916_19391791.jpg


f0204916_19392646.jpg


f0204916_19393577.jpg

[PR]
by abikozelvia | 2009-12-17 19:40

ゼルビア写真展

町田の小田急デパート、9Fのエレベーターホール前で、FC町田ゼルビアの2009年写真展を開催します。

http://www.zelvia.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=200912&num=844

16日から来年の1月4日まで、デパートの開店時間中はごらんいただけます。


お近くにおいでのさいは、是非お立ち寄りください。


9fの食堂街は、夜10:00まで営業しています。
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-16 01:07

歴史上最大の天才は?

2009/12/11 歴史上最大の天才は?

4拓です。

世界の歴史の中で、もっとも天才的な物理学者は、誰でしょう。

1.ガリレオ・ガリレイ
ルネッサンス期の天文学・物理学者。振り子の等時性などを発見したとされる。地動説を唱えて裁判となり、刑を免れるために自説を曲げたが、「それでも地球は回っている」と言ったとか、言わないとか。

2.アイザック・ニュートン
運動力学の3法則や万有引力の法則で有名。ニュートンと言えばリンゴの木を思い出す人も多いのでは。

3.アルベルト・アインシュタイン
日本では天才の代名詞として使われることも多い。相対性理論はあまりに有名。

4.スティーブン・ホーキング
不治の病におかされ車いすの天才。もうここまで来ると理論もブラックホール並み。


さて、誰が、もっとも天才だと思いますか?


もちろん、答えというものはないのですが、研究者の間ではニュートンがもっとも天才だったのではないかと言う意見が多いようです。

なぜ、古典力学を確立したに過ぎないニュートンが近代力学のアインシュタインに上回るのか。現代最高の頭脳、ホーキングを超えると言われるのか。

もちろん、おわかりですよね。ニュートンも、ゼロから万有引力を思いついたわけではありません。物理学の歴史、積み重ねがあり、その上にたって運動力学を考え出し、万有引力を発見した。アインシュタインを始めその後の物理学者たちも、みな学校で勉強し、基礎を習い、ニュートンを習い、その上で積み重ねの上に立って相対性理論を考え出し、その上に積み重ねて現代の物理学者たちはより以上の研究をしているからです。アインシュタインもホーキングも、ニュートンと同じ時期に生まれていたら、いきなりその後の研究成果をあげられたはずはないからです。


さて、サッカーの話。
ゼルビアは、新しい監督を発表しました。相馬直樹氏。フランスワールドカップに出場した左のサイドバック。アントラーズが長いですが、ヴェルディやフロンターレにも在籍していましたから、近隣にもファンがいるかもしれませんね。

こういう人が監督になるのですから、私はいっぱい質問して、いっぱい習うと良いと思います。戸塚哲也監督から習うことも多かったでしょう。また新しい人が新しい知識を持ってきてくれるでしょうから、ドンドン習うのがよいと思っています。

自分で発見する、ということもとても大切です。発見して初めて気がつくことも多いのですが、ゼロからスタートしたのでは、アインシュタインもホーキングも、ニュートンを超えられるかどうかはわかりません。習えばわかることは、ドンドン習ったらよい。その上で、それを超える部分を発見してゆくこと。それが効率の良い発達というものでしょう。

日本の指導者の場合、教える人は徹底して教えます。ところが、教える人ほど「教えてないことをやると怒る」ことが多いのですね。ゼロから発見させようとする人は、これまた徹底してゼロからスタートさせるので、積み重ねの上に立つことが出来ずに到達点が低くなってしまう傾向があります。残念ながらそういう二極化が多いのですが、私は「徹底的に教えた上で、その先のことをやらせるのがよい」と思っています。世界と戦うためには、世界でやっていることは教えてしまった方が早い。その上で、その先の研究をしていくことで、身体能力で劣っていても互角に戦い、戦いを制して上に立つことも出来るでしょう。

優れた指導者とは、自分を超える選手を育てる人のこと。選手は、指導者を超えることを目標としなくてはなりません。自分より下手な選手であれば、誰でも教えられます。自分よりも上手な選手を育ててこそ、一流の指導者です。相馬監督が一流の指導者であり得るかどうかは、ゼルビアの選手たちが相馬直樹を超えられるかどうかで、評価されるのです。

サッカーではなかなか、こういう感覚はわからないかもしれません。たとえば、女子のフィギュアスケートで、トリプルアクセルを跳んだことのある選手は、世界で3人しかいません。アルベールビルオリンピックで飛んだ伊藤みどり。彼女か世界初です。次いでシンデレラガールと言われた中野友加里。そして浅田真央。この3人だけが公式戦でトリプルアクセルを跳んだことがあり、4回転が飛べる安藤美姫も、キムヨナも、トリプルアクセルは飛べません。そしてこの3人は、すべて、山田満知子コーチが指導した選手なのです。

ということは、山田コーチはトリプルアクセルを飛べていないと言うことです。

フィギュアスケートや体操など新技のある競技。新技ですから、コーチは出来ない技なのです。陸上や水泳など、世界新記録があるスポーツは、すべて選手がコーチを上回ります。コーチを超えられなければ、世界新記録は出ません。これらのスポーツでは、自分より劣る選手しか育てられなければ、一流の指導者と言われないわけです。サッカーなどはそういった世界新記録や新技がないので、自分より上手い選手は教えられないと思いがちですが、同じです。

ゼルビアの選手たち、相馬監督にたくさん習ってください。習うことは発見するより簡単ですから、相馬直樹と同じ才能を持っていなくても、同じプレーが出来るようになる可能性は、自分で発見するよりはずっと高いのです。その上で、それを超える部分を積み重ねてほしいと思います。
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-11 22:30

新監督

■対戦チーム
 FC刈谷 (第11回日本フットボールリーグ17位)
    vs
 ツエーゲン金沢 (全国地域サッカーリーグ決勝大会3位)

■試合
【第1戦】
□開催日時:
 2009年12月13日(日)13:00キックオフ
□会場:
 津幡運動公園陸上競技場(津幡)

【第2戦】
□開催日時:
 2009年12月19日(土)13:00キックオフ
□会場:
 ウェーブスタジアム刈谷(刈谷)

JFL入れ替え戦の日程が決まりました。どちらも遠いので見に行きませんが、両チームの方々の健闘を願っております。



ところで、新監督のニュースが報道されました。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20091208-573644.html

相馬直樹氏。38歳の若い監督です。

左サイドバックで、熱血指導の理論派とか。津田和樹選手楽しみでしょうね。齋藤貴之選手などサイドバックを勤める選手にとっても、左右の違いはあっても楽しみなのではないでしょうか。


戸塚監督の場合、才能ある選手育てることは得意でしたが、今一歩の選手を鍛え上げるという点では、あまり得意としていなかったように思います。戸塚イズムの良さを残しつつ、その当たりが補われれば、とても良いと思うのですが、さて。
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-08 16:37

期待の数字と厳しい数字

松本山雅FC関係の皆さん。日立栃木UVA SC関係の皆さん。JFL昇格、おめでとうございます。
のこる1席は、FC刈谷とツエーゲン金沢との間の、入れ替え戦で決まります。






FC町田ゼルビア、20周年記念パーティーで、修行智仁選手のタオルを落札したのは、私です。(^^)v

今年のゼルビアのMVPを選ぶとすれは、修行智仁選手しかいないと思います。ゼルビアは、今年34試合で30失点。ソニー仙台と並んでリーグ最少失点でしたが、修行智仁選手は30試合に出場して23失点。ソニーと北九州のGKがどうなっているのか調べていませんが、かなり良い成績でしょう。ちなみに5月以降では23試合で13失点です。ほとんど2試合に1試合は完封しているわけで、これはチームMVPでしょう。その間に負けたのは後期の横河武蔵野戦、1試合のみと言うのは、すごいです。柳崎祥兵選手も良かったのですが、終盤に怪我をしてしまったのが痛いですね。怪我がなければ、修行智仁選手と甲乙つけがたかったかと思います。

5月以降と言うことで話を振りましたから、チームとしての成績を見てみますと、開幕2試合目からの悪夢の4連敗。おそらく20周年のゼルビアの歴史の中で初めてと思われる4連敗です。そこから何とか立て直しての5月以降として調べてみますと、
1位 SAGAWA 勝ち点51
2位 ゼルビア 勝ち点47
3位 横河武蔵野 勝ち点46
4位 ソニー 勝ち点46
5位 北九州 勝ち点45

なんと、2位です。
気分的にはずいぶんと苦労して、ぼろぼろだったような印象が残っているのですが、なんと5月以降であれば2位です。もちろん言っても仕方のない話で、勝ったり負けたりのシーズンを通して順位が決まるのですから、悪かった時をのぞけば、というのは意味がないのですけども、でもねまあ、一応の参考までに言うと、5月以降は2位です。

来年、また大きなアクシデントがない限りは、順位的には期待が持てそうな気もしますよね。

ただし、観客動員は、厳しそうです。勘違いしていましたが、昨日の20周年パーティーでの話を聞く限りでは、野津田の照明灯の工事は2月に終わるとか。しかし6月からピッチの拡張工事があり、2ヶ月くらいは使えない。そして10月頃からスタンドの工事に取りかかる。そのような話に理解できました。

ということは、来年は野津田のキャパは拡張されずに、めいっぱいで5千人程度という現状のまま・・・

これは厳しいです。大量動員で1万人と言ったウルトラCが使えません。となると、野津田が使えない時期のホーム開催でも、大幅なマイナスは許されなくなります。どんなに悪くても2千人、可能な限り2500人は確保しておかないと、数試合行われるだけの野津田で補いがつかなくなります。夢の島競技場でも、駒沢でも、西ヶ丘でも、多摩市立でも、1000人でも1500人でも足りません。最低2000人が必須とされます。

実際には野津田がどの程度使えるのか、詳細な日程が決まらないとはっきりした計算は出来ませんが、1000人や1500人でありがとうなどと言っていられない、厳しい数字は、見えてきます。手遅れになってから倍増計画などと言わないように、1試合ごとにきっちり数字を詰めてほしいと思います。これはフロントに課せられた、義務でしょう。

満たずは、許されません。
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-06 22:08

日立栃木 UVA SC

JFL昇格、確定でしょう。

2試合連続の90分勝ちで、2位以上は確定しました。

松本山雅は3位以上確定。

明日のツエーゲンvsY.S.C.Cは、90分勝ちすればどちらも3位以上。負ければ4位。ツエーゲンはPK負けでも3位にはなりますので、Y.S.C.Cはどうしても90分以内に決着をつけねばなりません。
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-05 15:07

JFA TV

JFA TVなるものがあるんですね。

日立栃木ウーヴァSC vs Y.S.C.C 観戦中

http://www.jfa.or.jp/jfatv/index.html?CategoryID=18&MovieID=105
[PR]
by abikozelvia | 2009-12-04 20:48