レンズを通して見たFC町田ゼルビアのこと


by abikozelvia
3戦分まとめて

1-0 流通経済大学
0-1 ガイナーレ鳥取
1-1 HondaFC

だいぶ間があいてしまった。さぼっていた、、、、といえばサボっていたのだけれども、負けが込んでいたので、書くのに間を開けていたこともある。負けてすぐに書くと、だいたいあつくなりすぎるものなので、このブログ、負け続けの中で始めたときに、1週開けて書こうと思っていたわけだ。

まあそんな中、やっとの事で流通経済大学に2勝目を挙げて、いよいよ迎えた最初の正念場が、ガイナーレ鳥取とHondaFCという、昨年の2強との連戦である。

チームはずいぶんと上向きで、良いリズムが続くようになってきた。ガイナーレ鳥取戦でも、試合はゼルビアペースで進み、ほとんどの場面でゼルビアが勝っていたのだが、一瞬スキができてしまう。勝ちはしたものの流通経済大学との試合でも、GK修行智仁の前に相手選手がフリーで待つような場面もあった。もう一人がボールを持って走り込んできて、あわや!!と思わせたが、半田武嗣選手がスライディングして相手は蹴り損ない、無事修行智仁がセーブして事なきを得ている。とはいうものの、GKの前に相手選手がフリーでいること自体が問題だろう。ガイナーレ鳥取戦でも、失点は相手選手が二人にDFが深津康太一人という状況。カウンターと言えばカウンターだが、選手が誰もいないというカウンターではない。ある程度の時間はあって、人数はそろうが、ゲームの中で1回か2回、マークがずれてしまうことがあり、そこで失点してしまう。その1点が返せないというのが、JFLの戦いである。NW北九州いらい続いている、人数はいるのに失点してしまうところが、ここでも修正できていなかったのである。

ただ、それ以外の時間帯は良くなってきており、1点を防ぐ意識があるかどうか、もちろんあるに決まっているのだけれども、それを上回ってさらに防ごうという守備意識が、足りないという結果と思うのである。

つづくHondaFCは、JFLの中でも抜けて強いと思われる相手である。もちろんご承知のように、ここでは先制点を挙げたものの後半退場者が出て、10人になってしまって1点を守りきれずに引き分けである。それでも最強HondaFCに10人で引き分けられたのは、大きな収穫と評価されるところである。

ガイナーレ鳥取戦の前に、これからの2試合、ここで連敗してしまうと相当厳しい。しかし連勝すれば一気に上昇かと占っていたのだが、結果は1分け1敗。まさに首の皮一枚とはこのことだろう。かろうじてつながったようだ。

HondaFC戦の試合後のインタビューで、質問者が切れたこともあってネタ振りもかねて柳崎祥兵選手に質問してみた。「10人になって守備意識が高まりましたか」。この質問の意味は、「10人の守備意識を11人でも持っていれば、今の勝ち点ではなかったでしょう?」という振りだったのだが、伝わらなかったようで、「10人なので引いて守りました」と言う答えが返ってきた。まあ、それはそれでよいのだけれど、結局は10人でも守りきるという意識が続かなければ、この後、この2試合よりは相手が楽になるが、結果はさらに良くなる、とは言い切れまい。

修行智仁選手、よく頑張っている。好セーブも連発しているが、2-1の場面を作られては、いくらがんばっても限度がある。そんな場面が二度と無いことを願うばかりである。ちなみに修行智仁選手は、素になると関西弁のようだ。試合中はどうなのだろうか。関東弁を使おうとして、DFに対する指示が、言葉が少なくなっていないだろうか。修行智仁選手の関西弁がピッチに響くようになるとき、ゼルビアのDFも安定してくるのかなと思ったりしている。

次節は、ゴールデンウィーク真っ最中の5月5日に、戸塚哲也監督の前所属チーム、MIOびわこ草津との対戦である。金東秀、李成浩、深津康太、大江勇詞などもMIOびわこ草津に在籍していたわけで、果たしてどんな戦いになるのか、注目の一戦である。
[PR]
# by abikozelvia | 2009-05-01 22:14

幻の多摩ダービー

多摩ダービーが開催されました。

4月11日の土曜日。武蔵野市をホームタウンとする横河武蔵野FCと、FC町田ゼルビアの対戦である。前売りでは「東京ダービー」と宣伝されていたが、多摩ダービーの方が良いと思う。どのみち23区内からの、「両チームに関係のない一般入場客」はほとんど期待できない。それならば、多摩ダービーにした方がまだ関心を集められるのではないかと思う。なによりも、多摩ダービーは「史上初」と思われる。FC東京も東京ヴェルディも、ホームタウンは「東京全域」である。ヴェルディは稲城によみうりランドがあり、本拠地としているので多摩のイメージが強いが、登録上は東京全域がホームタウンである。また、佐川急便大阪と合併してSAGAWA SHIGA FCとなった佐川急便東京も、はっきりしないけれども、佐川急便東京と言うくらいだから東京全域がホームだったのだろう。多摩地区がホームなら「佐川急便多摩」を名乗っていたのではないかと思うからである。ということは、JFL以上における多摩地区をホームタウンとするチーム同士の対決は、少なくともJリーグ、JFLと言った制度ができた以後の十数年の間では、史上初の多摩ダービーのはずだからである。せっかく「史上初」を名乗るチャンスだったのに、横河武蔵野さんはもったいないことをしたものである。こうなれば、次回の対決はゼルビアが、「史上最後の多摩ダービー」を名乗るチャンスである。ただし、ゼルビアが昇格すれば、という条件付きで、少し雲行きは怪しいのだけれども。


本番の東京ダービーの前に、前座試合として両チームのジュニアユース、U-13によるジュニアユースダービーマッチが開催された。今回はこちらの話。

U-13と言うけれども、要するに中学1年生同士の対決である。普通の学校では4月7日頃が入学式だろうから、入学式を終えて一週間もたたないという、超ぴかぴかの1年生対決であるわけだ。というのは学校を基準にしてみた話で、両チームの内容には大差がある。横河武蔵野にはジュニアチームがあるので、U-13のチームはU-12のチームが1学年あがったチームと言うことになり、チームとしてもまとまっているし、訓練も継続して行われているわけで、3月31日に対戦していればU-12のチームとして同じ力を発揮したであろうチームである。一方のゼルビアの方は、ジュニアがないので本当の新入団選手チームとなる。もちろん、4月1日から集まったと言うこともないだろう。大部分の選手は3月か、あるいは2月から練習に参加しているだろうし、全くの寄せ集めと言うことはないはずなのだが、想像に過ぎいけれども、2月、3月は練習に参加していても、新チームとしてのまとまった練習は少なかったはずだし、メンバーの参加状況も様々だったろう。
このような事情は想像なのであるが、試合を見ると「そのとおり」なのかなと思えてしまう。「中学生のできあがったチームvs小学校を卒業したばかりの寄せ集めチーム」と言う図式そのままの試合展開。結果は1-5で横河武蔵野が圧勝しているが、ずるずると大敗せずによく頑張って1-5にとどめたというところ。
まず走りからして全く違う。横河武蔵野のしっかりした走りに対し、ゼルビア側は子供の、ちょこちょことした膝の伸びない走り方をしている。それは早さに明瞭に表れて、すべての場面で走り負けていたと言ってもよい。後からきても追いつかれ、追い越されてしまっている。またボール扱いでも大差があり、追いつかれれば必ず、簡単にボールを奪われてしまっていた。後で考えれば、よくこれで1-5で収まったものだと言うくらいに、大差のある内容であった。トレーニングを積んで基礎訓練ができている横河武蔵野と、ボール遊びをしてきて小技はうまいけれども体力のないゼルビア、の違いである。

ただし、「だからそれじゃあだめなんだ」という話ではない。
ジュニアスポーツの始動において、現在考えられている理論としては、少年期におけるスキルの向上が大切だとされている。コーディネーショントレーニングの重要さ、いわゆる「タッチのよさ」を生み出すのは、少年期の遊びにあると考えられている。柔軟性、巧緻性、調整力など、教えてもなかなか教えられないこれらの感覚は、体の成長がピークを迎えるまでに行われておく必要がある。女子で10.8歳、男子で12.5歳くらいが平均のはずだ。続いて、骨の骨密度が最大になる、成長がほぼ完了したと思われる時点までの間は、持久力のトレーニングを行うことができるようになる。これが、男子で15歳、女子で13歳と言われている。それ以降に、筋力アップ等のトレーニングを行うのがベストとされている。

つまり男子で言えば、小学生の間は遊びを中心に様々な能力の開発期であり、中学生の期間は加えて持久的トレーニングが実施され、高校生になると筋力アップ等のトレーニングを開始するのが適切であるというわけだ。

よく中学校では、「1年生はまず体力作りだ」と言うわけで、入部したら腹筋・背筋・腕立て・ランニングと、鍛えに鍛えて(ただしトレーニングとして効果的でない未熟な訓練が99%だと思う)、夏休み頃からやっとボールをさわらせるなどと言うことが、ありとあらゆる部活で行われていないだろうか。最悪低の選択と言うことになる。まず入部してきたなら、一日でも早くボールにさわられて、少しでも長い時間、少しでも多く、遊びの要素を取り入れたコーディネーショントレーニングを行わねばならない。中学1年から始めたのでは手遅れに近いのだが、多少でも能力を開発するためには、一日でも早くボールをさわらせねばならないのである。そして、一通りボール扱いができるようになってから、ゲームなどの持久的運動を取り入れていくことになる。

「1年生はまず体力作りだ」と思っている部活の顧問がいたら、代々木の岸記念体育館に日本体育協会があるので、いって聞いてこいと、いや聞いてきていただきたいと、お伝え願いたいものである。

ということを踏まえて、ゼルビアのジュニアユースを見てみると、大いに遊んでいて、テクニックを磨いていて、たっぷりとコーディネーショントレーニングが行われていた、理想的な1年生に見えるわけである。1-5と大敗であってもまるで気にする必要はない。大いに楽しみな1年生と見て、間違いはない。

というと、横河武蔵野の方はだめだめだと思ってしまうかもしれないが、けしてそうではない。まず横河武蔵野はJFLのチームであり、Jリーグを目指さずアマチュアでやっていこうとしているチームである。とすれば、横河武蔵野のジュニアユースはJリーグの予備校ではなく、ジュニアユースやユースというそれぞれの場面で結果を出すことを目的としている。その点では、正しいやり方をしているといえるだろう。「Jリーグを目指さないジュニアユース」などというと、これまただめだめに思われてしまうかもしれないが、実際問題としてJリーグを目指してJリーガーになれる子供は、ごくわずかである。さらに、Jリーガーになったとしても、成功できるのはごくごくわずかに過ぎない。1年か2年はJリーグチームと契約できて、Jリーガーという肩書きは手に入れられるだろうが、年俸5千万、1億ともらって10年もプレーできる選手は、ホントに極わずかでしかない。

正直、横河電機の社員になったり、ソニーの社員になってソニー仙台でプレーしたり、ホンダの社員になってHondaFCでプレーしたりすることを目指すのは、悪い話ではない。というより、大部分のJリーガーよりは生涯収入は多いのではないだろうか。Jリーグを目指すのはすべてのサッカー少年たちの夢だろうし、夢を目指していくのはすばらしいことであるが、すべてのジュニアやジュニアユースがJリーグの予備校となってしまうことは、果たして子供たちや、日本の未来にプラスになるのかというと、全面的に肯定する、訳にゆかないのが、実際のところだろう。



長い話になりましたけれども、ジュニアユースの多摩ダービー、1-5と言う結果以上に、楽しめる内容であったと言うことです。次回ゼルビアホームのジュニアユース多摩ダービーも、期待したいですね。
[PR]
# by abikozelvia | 2009-04-21 16:10
2009年4月5日。第11回JFL、第4節。相手はJFLの中堅チーム、FC刈谷である。連敗を受けてスタメンをいじると語っていた戸塚哲也は、左のサイドバックに齋藤貴之選手を起用してきた。

齋藤貴之選手は、ベルマーレのユースから国士舘大学に進学しているが、高校は野津田高校という「地元の星」である。観客動員の上でも(といって野津田周辺の人口はそれほど多くないわけだけれども、ま、町田出身と言うことで)期待の大きい選手である。練習試合を見た彼の印象は、よく動いて相手の出だしを止めていく、守備的サイドバックと思われた。おそらくは守備を重視していたと思われる昨年の国士舘大学のチームでは、チームコンセプトによくマッチした選手だったのだろう。ただし攻撃を重視する戸塚サッカーの中では、攻撃的サイドバックの疋田大和選手よりも低めの評価を得ているように思っていたので、いきなりスタメンに起用されたことには少々驚いた。それまでの2試合が先制点を奪われてそのまま敗れており、より守備を重視したいと言うことでの起用だったのだろうか。

だがそれ以上に驚いたのは、入場前にロビーに集合した時である。なんと齋藤貴之選手、極度の緊張でがちがちではないか。今までゼルビアのサッカーはずいぶんみてきたが、ここまで緊張した選手というのも記憶にない。彼自身も意外なスタメン起用だったのかもしれないが、それにしてもびっくりするほどがちがちである。ホントは声をかけてはいけないのだろうけれど、あまりのことに思わず「がんばれよ」と一声かけてしまったくらいである。

試合が始まっても堅い表情はゆるまない。だいたい彼は細面であり、優しいイメージの青年である。そんなに迫力のある表情をする方ではないのだが、それにしても、みていてはらはらするような顔つきである。「緊張していたのではなくそういう顔つきなのだ」、と言う部分もあるのだろうけれど、試合終了後にふれあいサッカーの準備をしているとき、ほとんどの選手がトレーナーに着替えていたのに、彼一人が相変わらずユニフォームのままうろうろしていたことをみても、緊張していたことは間違いないだろう。

同じく見かけの表情でやや損をしているかなと思う選手に、大前博行選手がいる。彼も優しい表情で、自信なさげに見えてしまうのだが、元々そういう表情であるという部分を割り引いてあげた方が良さそうに思う。ただし大前博行選手は、ここのところ次第に強い、自信のある表情に変わりつつある。実際に練習試合でも、私が直接見ているだけで3点取っており、結果を出していることが自信につながってきているのかなと思える。公式戦に出てくる日も近いのではないかと楽しみにしている一人である。

さて、その齋藤貴之選手。緊張感は隠せないものの試合の中では大きなミスもなく無難にこなしていた。練習試合での印象と異なり、この日の実戦ではよく左サイドをあがって攻撃に参加していたと思う。特徴的なのは、左サイドをあがってきてボールを持っているときに、中にパスを出してコーナー付近に走るというプレー。おそらくそのパスがワンタッチで帰ってくると、コーナーでフリーな状態からクロスをあげるというつもりだったのだろうけれども、残念ながらパスは返ってこなかった。まだ信頼されていないという部分もあるのだろうが、受けた選手も点がほしいという気持ちが強く、ゴールに向かう気持ちばかりでコーナーに返すという発想まで至らなかったのではないだろうか。コーナー付近でフリーでいる場面が何度も見られただけに、残念である。

ここで本題になる。
このときの齋藤貴之選手、パスが返ってこなかったことに対して、アピールが全くなかったのである。こんなとき森川宏雄選手だと「なんだよ、フリーでいるのに!」と強く大きな声でアピールをする。森川宏雄選手が使い続けられる理由の一つが、ここにあるのかなと思う。アピールをするから、ボールがくるようになる。ボールがくるようになれば、結果に結びつくことも多くなってくる。これも戸塚サッカーの「おしゃべり」の一つだろう。ハーフタイムだけではない。試合中も含めて必要な情報は口でしゃべる。そのことが次のプレーにつながって、結果も出てくることになる。残念ながら齋藤貴之選手、体の方はよいプレーができていたが、「おしゃべり」のほうができなかった。おしゃべりができていたならば、あるいは齋藤貴之選手が起点となって得点に結びつく場面も見られたかもしれない。たら・れば、かも。といった話をしても仕方のないことであるが、「おしゃべり」できなかったのは、残念である。

ちなみに、第5節の横河武蔵野戦でも齋藤貴之選手は左サイドバックで出場している。この日は、前の左ハーフに同じ国士舘のチームメイト、半田武嗣選手が出場していたので、齋藤貴之選手がFC刈谷戦と同じプレーをすれば半田武嗣選手からパスが戻ってくるのではないかと期待していたのだが、指示だったのか判断だったのか、たまたまだったのか、横河武蔵野戦での齋藤貴之選手はディフェンシブなポジションが多く、FC刈谷戦のような場面は見られなかった。残念。

われわれ外野が考えているほどには、簡単ではないなと思う。

というわけで、FC刈谷戦に続いて横河武蔵野戦にも破れたFC町田ゼルビアは4連敗となり、苦しい状況となってしまった。JFL昇格の4位以内を確保するラインが、昨年と同じく勝点60とするならば、のこり29試合を19勝10敗である。それくらいの数字なら、まだまだいけそうではあるが、問題は引き分けである。19勝のうちの一つを引き分けてしまうと、勝点が-2してしまう。それを取り戻すには10敗のうちの2つを引き分けねばならない。勝ちゲームを一つ引き分けてしまうと、負けゲームを二つ引き分けに持ち込まないと取り戻せないと言うことになるわけで、それが引き分けの怖いところである。

少しでも負けが込むととたんに批判が吹き出してきたりするものなのだが、苦しければ苦しいほど、勝ったときの喜びも大きくなる。昨年の地域リーグ決勝大会を思い出してみれば、7-0で勝利した佐川急便中国との試合、1-1からPK勝ちした矢崎バレンテの試合、どちらも同じ勝利であるが、どれほど喜びに大きな差があったことだろう。

我々が応援するFC町田ゼルビアのJリーグ昇格物語は、必ずや勝利で終わることになっている。仮に今年昇格できないとしても、来年、3年後、5年後、10年後、100年後、チームがあきらめることなく挑戦し続ければ、いずれは必ず昇格できるに違いない。あきらめれば、そこで終わりである。チームがあきらめれば、サポーターがあきらめれば、我々周辺で応援する人間もあきらめればゲームセットとなるが、あきらめなければゲームは何年でも続いてゆく。昇格が決まったとき、それまでの過程が苦しければ苦しいほど、エンディングの喜びも大きくなる。

選手や監督にとっては、自分はあきらめていなくても、契約してもらえなかったり、体力の限界を感じて引退したりすることもあるわけだが、我々外部で応援するものにとっては、あきらめない限り終わりはなく、苦しみは喜びのスパイスに過ぎない。苦みも辛みも料理には欠かせないテイストということだ。

昇格するまで物語は続く。
だから、我々の目指す昇格物語、終わりは必ずハッピーエンドなのである。







ps
これを24(トゥエンティフォー)の法則という。どんなに絶体絶命でも、次の1時間があるんだな、必ず。このピンチ、まだまだ、楽しもうではないか。最後はハッピーエンドと決まっているのだから。
[PR]
# by abikozelvia | 2009-04-14 12:05

結果がすべて

結果がすべて

そんな言葉がはやり始めたのは、いつからなのだろう。私の記憶の中では、日本代表戦の後、中田英寿氏が使ったように記憶している。その前にも誰かが使っているのだろうけれど、はやり始めたのは中田氏が幾度か使ってからのように思う。

その後、Jリーグの選手が使うようになり、次第に高校生まで「結果がすべて」と言い始め、さらには小学生まで「結果がすべて」と言うようになってしまったのが、昨今である。マスコミはじめ誰も何も言わない。チームの指導者も何も言わないから子供たちも使うのであろう。当たり前のように使われてしまう「結果がすべて」であるが、果たしてそうだろうか。

もしあなたが、どこかのチームのGMに就任したとしよう。自由に選手を選べる立場でセレクションに望んだあなたは、どんな選手を求めるだろうか。

内容のある良いサッカーをしているが、今ひとつ結果に結びつかない選手。
特に評価するべき内容のないサッカーをしているが、結果は出す選手。

確かに、11人の中に一人か二人、スパイスとして、スーパーサブとして、内容より結果という選手がいてもおもしろいだろう。私もそのような選手をセレクトしたいと思う。だが、11人のうち9人、10人が「内容はないけれど結果は出す」と言う選手だったらどうだろうか。それではチームにならないのではないかと思う。大部分の選手は、内容を重視してセレクトすることになるだろう。

選手の立場で考えてみたい。これからセレクションを受けて、より上のチームを目指している。さあ、どんなプレーが、どんな選手が選ばれるかと考えたとき、9人か10人は内容のある選手が選ばれて、1人か2人が内容より結果の選手が選ばれるとしたら、より確率の高い、内容のあるサッカーを目指すのが常道というものだろう。


サッカーには不思議な言葉がある。
「献身的な守備」などというのも、不思議の筆頭である。

「何考えてんだ、一生懸命守れよ、あたりめえだろう」

そりゃあそうだろう。献身的な守備なんて当たり前だろう。特に言う言葉か? と、サッカーを経験していない私は考えていたのだが、酒井良選手のプレーをみていてやっとわかった。なるほど、献身的な守備なんだなと。

酒井良選手の、あの頑固な性格だから、高校生の時から、あるいはその前のFC町田時代から、一貫して同じスタイルなのだろうと思う。俊介も、先輩の背中をみて育ってきたに違いない。

酒井良選手が、もう少し好い加減な性格だったら、もう少し点が取れているのではないかとも思うが(笑)、そうしたらFC町田ゼルビアにやってくることもなかったろう。そこそこの得点と献身的な守備、サッカーの神様が、良いあんばいに調合してくれて、FC町田ゼルビアへと導いてくれたに違いない。


1試合だけの評価なら結果でも、シーズンを通して評価されるのは内容だろう。結果とはイコールの後に書いてあるだけのもの。偶然合っていたとしても、イコールの前の計算式があっていなくては、マルはつかない。なぜならば、次の計算でまた答えが合うとは限らないからだ。計算式があっていれば、答えは間違っていたとしても、いずれは正解にたどり着き、その後はずっと正解が続くことになるが、計算式が間違っていて答えだけが合っていても、その偶然はいつまでもは続かないからだ。

結果だけを追い求めていてはいけないと思うのだが、これが日本代表となると話は違う。日本代表は、日本人としては最高のポジションであり、その上はない。常時結成されたチームではなく、通常所属しているチームで評価された選手が集まって、「結果を出す場所」なのである。したがって、代表に選ばれた選手が代表戦を戦った後で「結果がすべて」と言うのは正しい。逆に「日本代表で上達し、セリエAで何億稼いでくる」などと言われても困ったもので、それは筋違いだろうと言わざるを得ない。中田氏が代表戦の後に使った時点では正しかったのだが、言葉だけが一人歩きし、Jリーグから下位のリーグ、高校生、中学生、果ては小学生まで「結果がすべて」と言い始めるが、それは正しい使い方ではない。「結果がすべて」という言葉は、日本代表に選ばれてから使ってほしいと思うのである。

FC町田ゼルビアは、JFLを戦っている。苦戦はしているが、2011年のJリーグ昇格を目指し、さらにはJ1への昇格も視野に入れている。チームは昇格していくが、選手も一緒に昇格するとは限らない。J2に昇格したとき、どの選手を残すか選択する時がくる。全員が、内容はなくても結果は出しているなら、全員が残れるかもしれない。だがそんなことはあり得ない。内容はなくても結果を出すという選手がいたとしても、一人か二人だろうし、そういう選手で残れるのも、一人か二人だろう。とすれば、チームとともにJリーグに昇格したい選手は何を目指すべきか。チームにとっては、チーム成績としての結果がすべてでも、個人にとっては、結果がすべてではないように思うが、いかがだろうか。

酒井良選手に続く「献身的な守備」は出てくるのか。11人の献身的な守備が90分続いたとき、チームも個人も、Jリーグへの坂道を上り始めることができるのかな、と思う。
[PR]
# by abikozelvia | 2009-04-09 10:35

戸塚哲也のサッカー哲学

「あ、あぶない、、、あー」
私の隣にいたAC町田、土方副理事長の口から小さな叫びが聞こえてきた。
勝又慶典が、前十字靱帯を痛めた瞬間であった。

FC町田ゼルビア、ホーム開幕、ニューウェーブ北九州との試合を前に、ウォーミングアップ中の出来事である。34試合、半年以上にわたる長丁場のJFL、11人で乗り切れるだろうとは誰も考えていなかったはずだが、まさかエースが、ホーム開幕前に半年もの重傷を負ってしまうとは、予想だにしていなかった出来事であった。

戸塚哲也はいう。「サッカーの神様は、いると思います」。あるいは運命だろうか。この悲劇は、戸塚哲也のサッカー哲学を、皮肉で意地悪なサッカーの神様が、試すために起こしたのかもしれないとすら思えてしまう。


開幕を前に、新入団選手発表会での戸塚哲也は饒舌だった。地域リーグ決勝大会という一発勝負を乗り切り、JFLという長丁場の戦いを迎える2009年。実力だけでは勝てない地域リーグ決勝大会から、総合力で戦うJFLリーグ戦へ。FC町田ゼルビアというチームに絶対の自信を持っていればこそ、思わず口もなめらかになったのだろう。
「もしつまらないサッカーをしたら、どうぞ文句を言ってください。内容にこだわった、おもしろいサッカーをお見せします」。それは自信だけではなく、戸塚哲也のサッカー哲学であり、この舞台とこのチームならそれを具現化できるという、喜びの言葉だったのかもしれない。

「おもしろいサッカー」
それは、将来にわたり、FC町田ゼルビアが経営的に成功できるかどうかの、キーワードのように思える。内容が無く、勝つことだけを求めるサッカーをすれば、大金を積んで強力な外国人FWを雇うしかなくなるだろう。即チーム経営を圧迫することにる。

外人に頼る。チーム経営が厳しくなる、日本人選手が育たなくなる、日本代表が弱くなる、サッカー人気が低迷する、チーム経営が厳しくなる。

すでにサッカー人気が、低迷できないほど定着しているヨーロッパや南米と違い、日本ではまだまだ、このような負の循環が起きる可能性は十分ある。逆に、内容にこだわったおもしろいサッカーをするならば、

日本人選手が育つ、日本代表が強くなる、サッカー人気が盛り上がる、チームの経営も楽になる。

このようなプラスの循環も起こりうる。これも、ヨーロッパや南米など、サッカー人気が上下しないほど定着している地域では、成り立たない循環だろう。

「すべてのJリーグチームが」といっても良いだろう。「金をかけずに勝とう」として、ほとんど失敗しているように思う。「金をかけずに勝つ」サッカーが難しいならば、「負けても喜んでもらえるサッカー」を目指してみたらどうだろう。それはすなわち、内容のあるサッカーということになる。日本中のすべての都市でそれが可能なわけではない。少年サッカーの町、町田だからこそ、子供たちや保護者たちは、内容を評価できるのである。

戸塚哲也のサッカーは、まさしく町田に似合う、町田だからこそフィットするサッカー哲学といえる。少年サッカーの下地が無い土地であれば、負けても内容のあるサッカーだったでは済まされないだろう。結果だけを追い求めていく、金のかかるサッカーしか認められない土地も存在している。というより、そういう町が大部分だろう。

戸塚哲也のいう内容のあるサッカーとは何か。しゃべるサッカーだと思う。
普通のスポーツでは、「おしゃべりするな」という。ところがサッカーでは、「もっとしゃべれ」という。なんと変なスポーツだと思っていたのだが、戸塚哲也がFC町田ゼルビアの監督に就任してからは、この奇怪な現象が加速した。選手たちのしゃべること、しゃべること。ハーフタイムに、試合後に、しゃべりまくっている。もちろんサッカーのこと、試合中のことについてである。

あのときのマークは誰だったのか、あのパスはどうだったのか、細かいニュアンスは私にはわからないが、そんな話をしているようだ。言葉による事前理解が深まっていればこそ、アイコンタクトも成り立つのだろう。共通認識のない間でいきなりアイコンタクトといっても限界がある。とすれば、パスを受けたら持って走り、DFが詰めてくればまたパスを出す、そんなシンプルなプレーの繰り返ししかできないように思えるわけだ。それは、みていておもしろい、楽しいサッカーではない。

何年か前、日本代表の川口能活がイングランドに渡った。なかなか試合に出られず、出ても結果が残せない状態が続く中、「言葉の壁があってうまくフィットできない」といったニュースが流れてきた。「なんだ、サッカー英語も理解できないのか、川口はよっぽど頭か悪いんだな」などと思っていたのだが、今になってようやくわかる。サッカーはおしゃべりが大切なのだ、GKは特にしゃべらなくてはならいないし、試合中のとっさのニュアンスも大切だろうから、微妙な言葉の壁が大きく影響してしまうのだろう。川口能活、頭が悪いわけではないのだと、今になって当時のニュースの意味がようやくわかるのである。失礼しました、川口能活さん。


ソニー仙台に敗れた後、戸塚哲也に質問してみた。
「おもしろいサッカーから堅いサッカーへの転換はありますか」
「そんなもの、ありませんよ」

勝ってほしい気持ちは当然ある。当事者であれば、勝ちたい気持ちは私の数百倍にもなるだろう。その中でどこまで信念を貫けるのか。勝又慶典のいないチームで、勝又慶典がいるのと同じ戦い方はできない。その変更にやや時間がかかっているのは致し方のないところである。変更がうまくゆくかどうかは、選手たちがどこまでしゃべれるのかにかかっているだろう。負けがこんでくると寡黙になってしまうものだ。先制点をとられた後は、さらに焦って、勝ちにこだわってしまうものだろう。そのとき、戸塚哲也がサッカー哲学を貫けるのか、選手たちは饒舌になれるのか、いつFC町田ゼルビアが立ち直れるのかは、「おしゃべり」にかかっていると言って間違いないと思っている。
[PR]
# by abikozelvia | 2009-04-07 19:21